論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
連載コラム「いまここを生きる」(第290回)小さい泉(その2)

 「小さい泉」のその2。
 もう、少し、書き足したいと思う。
 まず、やっぱり、私、森歩きが好き。
 植林スギの岩倉の森だけど、森は森。わずかに残るコナラの雑木林の冬木を眺めることもできる。冬イチゴの枝木が消えてしまい、さみしいけど、森は森。
 雨や雪が今年は少なく、もともと水量のない泉がますます小さくなっているけど、森の泉がそこにちゃんとある。歩いて片道50分の近場に小さくあるんだ。それが大切。
 その森と泉は、どの登山地図にもガイド本にもないので誰にも認知されず、周りはきわめて静か。
 30年前に縁あって岩倉へ来て、近くの山や森をウロウロと徘徊していたときに、偶然見つけたところ。そこに毎年正月の朝行くことができるうれしさ。
 以下。直観が次々に湧き上がる。書き残してみるね。
 どんな水のひとつぶも、小さな葉から、小さな根っこから、生成される。植物はスゴイ。水をつくり、糧(かて)もつくり、酸素もつくる。すべての財も元本は植物。
 ワシら人間は、何もつくることができない。植物に寄生しているだけ。共生なんて、とんでもないウソ。ワシらに必要なのは、ただ植物本体を殺生しない――というモラルだ。無能の寄生虫としての掟だけが必須なんだ。
 このモラル(掟)が人間には守れないんだ。
 人間には自我があり、自己が備わっている。それがあって、喜怒哀楽の感情が表現できる。生きることができる。ひとが人間に成長することができる。
 どうしたら、自我をあるがまま、開くことができるんだろうか。
 怒について、どうか。
 とくに日本社会に生息すると、怒の抑圧(同調圧力)がきつい。抑え込む。権力への怒りを「慎みの欠如」と言うひとが多い。不正への怒りを抑えると、必ず弱いものいじめのようなことが起きる。
 怒は三毒のひとつ(あと二つは、無明と貪)。それは怒りすぎると、もともと自我は他の我と区別し、「ワレヨシ」とする傾向が強いので、自我の洞窟が大きくなる。大きくなりすぎて、牢獄になる。
 気づいていくことが大切になる。
 「怒りを禁止」するということ、ブッダは言っていない。怒りという欲望も深めていけば、志欲となり、社会変革が促されることになるではないか。
 つまり、放置され放漫にされていく欲望煩悩をどうするか、なんだ。
 ブッダは家を出て(出家)、立ち向かった。法然、親鸞は家へ、家に出て(これも、もうひとつの出家)、立ち向かった。
 親鸞は、煩悩の中にわが身を埋め、考えぬく非僧非俗――これも、もうひとつの出家だ、繰り返すけど――の道を切り開いた。厳しい道だ。ある意味では仏教をブッダからも解放してしまったのではないかと思う。
 親鸞以降、寺院は道場になり、広場になった。社会の片隅まで出ていく社会性を「全面展開せい!」という要請があるということだ。もともと仏教は縁起論なんていう社会性を根源的に持っていた。寺院に籠もるものなんかでなかった。ブッダだって、戦争を止めるのに体を張ったことを決して忘れてはいけない。
 現在、生老病「殺」が問題にますますなっていく。
 こういうときこそ、世の中のことを世を超えた目から捉え直す作業が必要。
 すべて、世の中のこと、雲の下のこと。
 雲の上へ出よ。雲の上へ出れば、すべてが青空。天上大風。いのちの風が吹いている。ただただいのちの青空が広がっている。
 そうして、世の中を抜け、青空へ帰っていく。私のいのちは広がる青空であると思うこと。これが、我が開く出発。このいのちの青空から帰ってくる。帰ってくることを親鸞は還相と言ったのではないか。還相は死後のことではない。いまここで還相の恵みを生成している。
 そんなことを小さな泉は示現している。いま、湧き上がる直観を短く書く。今後、展開していくつもり。本年もよろしくお願いします。
(1月11日)

続きを読む >>
| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」(第289回)小さい泉(その1)

 2018年の新しい年の、新しい朝に、明子といっしょに岩倉の北の森の泉へ行く。
 その森に何にも人為物がないのがいい。
 ほんに、何もない。
 ただスギの森があるだけ。
 かつて日本列島の各地に「小さい神」がいたように、小さい泉があるだけ。
 その泉を偶像のように拝するのでない。
 それだと、神道だ。
 共同体(村)が崩壊した日本において、神道なんて、もう、存立しえない。存立しえても、もうひとつの形をとらざるをえないだろう。
 そうじゃない。
 何か。
 水を私はつくることができない。
 木の葉も私はつくることができない。
 そういう私が水によって生かされ、葉によって生かされてあることを、ただ小さな泉を手立てに感じることができれば、この世界に生きている意味はあるのである。
 その意味(きっと小さな意味)は、ある役割を果たすことの中に在るのかもしれない。
 その役割はなんとなく感じとっている。きっと、それを果たすために生まれてきた。
 そう私が実感し、「その役割を果たすための力を与えて下さい」と祈るんだけど、でもねえ、これを書くとなる(いま、ボールペンで書いている)と、どうしてもウソが入りこんでくる。
 この祈りというのが、ほんにやっかい。
 宗教というのが、実にやっかい。
 私はこう書くことで、どこか敬虔(けいけん)なフリをしているだけかもしれない。ウソがあるのかもしれない。
 五濁悪世の現実のいまを生きるワシらを「垢障の凡夫」だと親鸞は言ったね。「垢」はあか。「障」はさわり。
 精神を忘れてしまった専門家技術者のようにして、ワシらはこの悪世のいまを生きている。精神がないって、もう方向方角を見失った船にのっているようなものや。みんながみんな、沈没寸前の船の中で、自分という洞窟に入ってしまっている。
 そのワシらを「垢障の凡夫」とはスゴイ。
 そういう世を、自我を全面展開し、競争して生きぬいていけば、この世にそっくりな私になる。世だけが悪くなって、私だけが清らかになるなんて、ありえない。世が濁れば、私が濁る。私が濁ってくれば、世がいっそう濁る。悪循環。
 私が不幸だからと思い込んで、自らの幸福ばかりを求め、人間の精神を忘れてしまっていたら、いったい何だ。
 幸福だけが残って、人間がなくなっているのではないか。
 ブッダは、「幸福だけでは助からん」「この人間の世界をいったん出よ」「でないと、ひとも私も世界もこわれる」と言ったように思っている。闇の中からは闇を破るはたらきは出てこないのではないか。
 いったん現世を抜ける目を持ち、この現世をながめる。その方法として、手放し百千万発の坐禅でもただひたすら念仏のみでも何でもいいんだ。ひとは抽象的に気づくことはできない。人間という現場をたたき台にしてしか、気づけないんだ。そういう人間に出会い、現世幸福を約束しない、現世幸福から自由な宗教だったら、いい。
 小さい泉はそんなことを示現してくれる。(つづく)
(1月4日)

続きを読む >>
| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」(第288回)生老病殺

 本年ラストの「いまここを生きる」のコラムだ。
 スッキリと終わりたいところ。
 ところが、体がスッキリとしない。けっこう重い。
 12月26日の午後になってもまだ書けない。グズグズしている。
 理由は自覚している。そうじ、せん定、本の整理を何日か連続し、取り組んでいるからだ。その疲労がとれていないからだ。
 私自身の煩悩具足であることの結果、本が増え、皿が増え、パンフレット、チラシや子どもの作文などの紙類が増えつづけてしまった。
 いただいた手紙類も大切に保存してきた。しかし、もう、整理する。10年前、15年前、20年前の手紙から「ありがとうね」と言いながら、整理していっている。
 いただいた本も買い求めた本も同じように整理していく。捨てる本、古書店へ持っていく本、それでも残す本に分類。古本1、2、3……とかマジックペンに書いて、いったんまとめる。バザーに出すか、実際に古書店へ連絡するかは、後で決めることとし、前へ進む。
 新聞や雑誌の切り抜きも多い。これも捨てるか、ノートに張るかを選択し、整理していく。ファイルにまとめているのに、そのファイルが重なり、結局のところ、わからなくなっている。
 写真も多い。未整理のままになっている。大変だが、同じように、捨てるか、残すかを決めて、処理していく。
 整理しはじめると、次々と未処理のものが発見され、「うーん」「うーん」と言いながらも、立ち止まらないで、前へ進む。
捨てていっても、私の魂にとって重要なのは必ず再会すると信じて、捨てていくのがコツかもしれない。そう思って作業しはじめている。
 時間を限定しないと疲れる。集中力が必須だから。1時間限定のつもりが、ついつい伸びてしまい、それが疲労をためる原因となるからだ。そうわかっちゃいるけど、やめられない片付けだ。
 私自身の煩悩欲望と切れる、捨てることに疲れていて、世話はないけど、これは「いかに自分で自分の始末をつけ得ないのか」を示現している。「死ぬそのときまで煩悩具足の凡夫である」ことの痛烈な自覚でもある。凡夫だからこその努力をしてゆきたい。
 私は論楽社のいまの動きを何かの縁で始めた。
 ブッダが言った「生老病死」が深まり、「現代は『生老病殺』の問題」(上原専禄)を抱えている。現代人の「死」は、どこか「殺」であるのである。そう感じて、論楽社を始めたのであった。その「殺」の問題を具体的なひとを通じて、具体的に体感したいと願ったのだ。
 しかも、水俣病のような原因が明々白々な事件ですら、責任を問わない現代日本社会を生きねばならない。日本軍の蛮行も修正改竄(ざん)され、原発事故も「アンダーコントロール」と言い変えられている。「殺」の状況の中を、どこか生きることもできず、しかも死ぬこともできずにワシらのすべてが生息しているのだと思う。
 もちろん、ワシらはみんな、それぞれ幸いを求めて生きている。年末年始の祈りはすべてが自分自身の幸いを求めるものであることは間違いない。それが切実なものであることもわかる。
 わが身ファースト、わが民族ファーストの祈りによってわが身、わが民族の幸いが実現しないのも事実。その逆説が真実。わが身だけを見つめ、わが身だけの幸いを求めたって、迷路に入り込むだけ。
 「私」を知りたければ、社会を見なければならない。社会を知りたければ、「あなた」を見なければならない。
 それも自我の闇を破るはたらきによって成立するのである。闇を背負わなければ見えてこない。
 自分という洞窟の中で一生を終わりたくない。我の世界を解きたい。我の社会を解いて、我の歴史も解いて行きたい。
 そう思って、そうじしている。片付けている。本年も付きあっていただき、感謝。
(12月28日)

続きを読む >>
| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
伸びていこう――中平順子さん、ありがとう、ありがとう(その2)

 中平順子さんの紙芝居のレポート。12月10日のワークショップの報告。
 いっぱい書けそうだけど、短くまとめる。「紙芝居って、何か」のポイントを伝えられたら、いいね。
 今回も具体的な作品を紹介する。
 再び、まついのりこさん(脚本・絵)の『ごきげんのわるいコックさん』(童心社、税別1600円、地域の図書館にリクエストしてみて)。
 なぜか不機嫌なコックさんが登場。ヒゲをピンと立て、口をムッと閉ざしている。虫の居所が悪いんだ。
 これは誰にもあること。
 演じ手(中平さん)からいくら呼びかけられても、心を開こうとしないコックさん。
 ところが、観客参加者から「こっち向いて」と呼びかけられると、コックさん、前を向いて、なんとニコリと笑うではないか。
 声が通じたんだ。うれしい。
 機嫌がなおったコックさん、みんなを喜ばせる技があるよね。そう、おいしいものがつくれる。
 コックさんがキャンディーをつくる。
 参加者ひとりひとりに中平さんがキャンディーを渡す(フリをする)。
 そのキャンディーは「心の食べもの」。
 心を満たす「食べもの」だ。
 その「心の食べもの」をコックさんも中平さんも参加者のひとりひとりが、みんな、食する。実際、みんなで「現実にはない」食べものを食していくことがポイントだ。
 個人と他者が分かちあい、双方向に見つめ合う空間が生まれる。これが社会というものの原型。言葉というものによって紡ぎ出されていくのである。おもしろいねえ。
 作品の脚本と絵、演じ手の語りかたと間(ま)――そうなんだ、この間のとりかたが大切、この間によって、ふしぎな社会がみんなの心に生成するんだ――によって、ひとに共感しながらも、自分らしさに気づかされ、私らしさが受認されるようになる。
 この紙芝居、日本文化のオリジナル。落語の流れを汲む語りの芸に位置。他国では生まれなかったことをしずかに味わってみてもいい。
 最後に『おかあさんのはなし』(童心社、税別1900円、リクエストしてみて)。原作アンデルセン、脚本稲庭桂子、絵いわさきちひろ。
 心に沁みた。
 原作ではラストにおいて「神の御心のままに」とおかあさんが死に神にわが子をゆだねる。
 しかし、本作ではちがう。「どんなつらい目にあっても生きていく、生きていることはいいことだ」と子どもをおかあさんがなんと死に神から取り戻してくるんだ。
 生きることの絶対肯定。どんなつらいことがあっても、生きてあることのまるごとの肯定。
 この改変はスゴイ。
 戦後の紙芝居運動を切り開いてきて稲庭さん(童心社創業者)の祈りの改変。
 中平さん、ありがとうございました。
 出会いに感謝。
 さあ、伸びていこう。

続きを読む >>
| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」(第287回)いのちのふた

 冬至を迎える。岩倉は12月14日に初雪(2センチ)。きょう17日は青空。ときどき小さな雪片が飛んできて、寒い。
 「冬至の頃になると/島の朝焼けはことさら美しい」(島田等さん「朝焼け」、論楽社ブックレット)。
 長島じゃなくても、朝焼け、そうして夕焼けは、とりわけ冬至ごろが美しい。
 (何度も書いているように)夜と昼、光と闇とが和解しあうような美しさである。
 縁あって12月16日に送り届けられた石原繁野さん(滋賀のもみじ・あざみ寮)の『あざみ織』(サンブライト出版、33年前の古本を石原さんが手に入れ、送ってくださったよう、ありがたい)をいま味わっている。
 とってもおもしろい。
 よかれと思ってつくっているいまのワシらの社会システムの制度とは違う織物なんだ。
 アール・ブリュット(生のままの芸術)と言っていい織物だ。黄や赤の原色の糸をざっくりと織っていくのがおもしろい。
 とりわけ藍の深さの色あいに心が奪われた(同書P.64 〜66)。
 本書に倉敷民芸館の外村吉之介さんなどの名前が出てくる。献身的に手織り指導を外村さんはした(同書P.51)。
 (何度も書いているように)縁あって高校生のときに鶴見俊輔さんの「芸術の発展」(『限界芸術論』その他に入っている)を読んだ。柳宗悦を知った。柳の民芸(民衆の芸術)という考え方の中に、私の無名の父母が生きている、とそのとき直観した。父母に連なるひとびとの生がそこにある、と思ったのである。
 (これも何度も書いているように)京都にまず出て、河井寛次郎記念館に足を運ぶことからスタートさせたのである。
 柳が繰り返し書いている美のふしぎさ。
 全く無名の、無学の陶工がいち日に何百と製作する器。繰り返し、反復の作業労働の中でこそ、滋味深く、使いがってのいい、健康で美しい陶器が生まれてくるのである。
 ひとりの天才の作品をはるかに凌駕(りょうが)させるモノをひとりの職人がつくりうるというふしぎさを肯定することから、柳の運動は始まっている。
 このことは『あざみ織』の実践――これはこれでひと言では言えないような苦労の連続なんだろうけど――に通じることがある。外村さんたちの関与も考えてみれば、自然だったのである。
 ワシらという存在は、ワシらの予想を超え、自我は社会システムの制度にがんじがらめに縛られている。いのちが蓋されてしまっている。
 いのちの蓋が開けば、朝焼けのように、夕焼けのように美しいものがふつうに生まれるのだろう。
 いのちの蓋なんて、なかなか開くものではない。天才だったら、自らの身につけた方法で開かせるのであろうけど、ふつうは難しい。その地域の天地人が醸す祈りが腐葉土のように積もっていった中できっと生まれるのである。
 論楽社においても、実のところ、「感話」シリーズなんか、ひとりの市民が感じたことを言葉にしながら、互いに自らのいのちの蓋を感じあうということを、「いのちの蓋をとってもええか」と思えるようなことを私は考えていた。
 もちろん私の祈り不足、説明不足ゆえ、ただ心の中で感じていただけだけど。
 有名人無名人って、本来は無関係。みんな、基本的に家庭では有名人。その地平から祈り始める――という姿勢が民芸を生み、あざみ織を生んでいった。
(12月21日)

 

続きを読む >>
| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
伸びていこう――中平順子さん、ありがとう、ありがとう(その1)

 12月10日の中平順(より)子さんの紙芝居ワークショップのことをレポートしたい。
 参加したくてもできなかった友人(たち)のためにも、少し書いてみる。読んでね。
 具体的な作品を紹介する。私も中平さんに出会うまでは知らなかった作品だ。知っていて全く損がない作品(京都のジュンク堂、丸善という書店において、紙芝居の販売コーナーは児童書の片隅のダンボールの中だ、手にする機会はないと言って良いから)。
 まず『おおきく おおきく おおきく なあれ』(童心社、税別1400円、地域の図書館で借りてみて)。
 脚本・絵は、まつい のりこさん(今年2月にまついさんは残念ながら亡くなった)。
 小さな豚が登場。中平さんが「ぶたが大きくなりたいって。『おおきく おおきく おおきく なあれ!』と声に出して言ってみて」と呼びかける。
 参加者が「おおきく おおきく……」と言う(松本剛一さん、塩田敏夫さん、吉川文一さんたちのオジサンが多いので、太くて低い声になったけどね)。
 すると、豚がなんと10倍に大きくなる。「おっ、自分の声が届いた」「参加したことによって成果があった」って。ほんの少し、オジサンたちも思うのだ。
 こんどは卵。同じように、みんなで声を出す。また卵が10倍になって、恐竜が生まれて、びっくり。
 さいごはケーキ。同じように、みんなで声を出す。でも、それまでと同量の声ではまだ5倍のケーキだ。あれ!? どうした?――。
 中平さんは「もっともっと大きな声で言ってみようか」とやさしく呼びかける。
 みんな、大声を心の底から出す。すると、ほんとに、なんと15倍のケーキが生まれ出す――。
 このケーキを参加者みんなで食べ、分かちあう。「いちごがいい」と言えば、中平さんが分けとって、渡すフリをする。「たくさんがいい」と言えば、中平さんがごっそりと分けるフリをして渡す。この対話交換交流がおもしろい。
 この紙芝居は成長への願いを自分のものにできるし、みんなと共感共有できる。まず私を認め、共へ、公へと広げていくことができる。この参加型の紙芝居は、生きていくことの共感に満ちている。
 私は金在述(キム・ジェースル)さんが言っていた「人間は伸びなければならない」を思い出す。ひとは50になっても70になっても90になっても、新しい一日一日光に向って伸びなければならない。念仏のような祈り。(金さんは)神への祈り。どんな苦難があっても、内的な成長を促す声を耳にしていれば、乗り越えられる。
 いのちは伸びる。どんないのちも伸びようとする。その声を自我が恐怖して聞き逃さなければ。
 生には意味があることを示現してくれるね。(つづく)

続きを読む >>
| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」(第286回)シマフクロウ

 ある日の夢――。朝4時に起きる。

 

  シロカニペ ランラン ピシュカン
  コンカニペ ランラン ピシュカン

 

 にわかに何語か、わからない。
 しだいに目覚めてくる。
 あの本だ、と気づく。
 これは明らかに、昔、下京の下宿で読んだ『アイヌ神謡集』(知里幸恵編訳、岩波文庫)。急いで本箱から探し出してくる。
 何でそれが夢で出てくるのか。何の暗示か。何の示唆か。
 アイヌ民族が神としたシマフクロウ。
 その神が、自ら歌う歌だ。神が動き出すとき、自ら歌うのである。
 Shirokanipe ranran piskan(銀の滴降る降るまわりに)、konkanipe ranran piskan(金の滴降る降るまわりに)。
 神によって守られ、恵みを与えられて生かされていく人間(アイヌ)の話。
 こんな話――。
 運悪く貧乏人になったひとが、昔貧乏人でいま金持ちになったひとによって、いじめられている。不憫に思い、恵みを神から与える。ひとは神に泣きながら感謝する。
 「何の悪い考えも私ども持っていませんので、この様にお恵みをいただきましたのですから、今から村中、私共は一族の者なんですから、仲善くして互いに往来をしたいという事を皆様に望む次第であります」(同書P.29、31)と語るひと。
 「何時でも何時でも、酒を造った時は酒宴のはじめに、御幣やお酒を私に送ってよこします。私も人間たちの後に坐して何時でも人間の国を守護(まも)っています」と語るシマフクロウ。
 ひと(アイヌ)と神(シマフクロウ)とが相思相愛の時代。
 神に愛され、守られているひとが感じる、自らを律し、光満ちて働いて動く、という時代。
 何か欲しいとも何か足りないとも思わないで、いっしょうけんめいに暮らしてしまうという時代。
 言うまでもなく、そういう時代は殺された。消された。破壊された。
 絶滅寸前の神。生き残った少数のシマフクロウは「囚われた池」の中の鮭をとっていま食いつないでいる――。
 文字となって失うものなんだろうか。
 文字となって、文庫になり、読むことができるんだけども、囲炉裏端の語りの何かは失われてしまっているだろう。そういう何かが殺されてしまっていることを前提にせざるを得ないんだけれども、「シロカニペ ランラン ピシュカン」の歌は私に何を示現しているのか。
 わからない。
 でも、何か削(そ)ぎ落としていく暮らしを強く思わせるのである。
 いまを乗り越える何かを求めたいと思わせるのである。
 変わろう。本を少しずつ削ぎ落としていこう。食器も少しずつ削ぎ落としていこう。
 もういちど心の火種を確かめよう。「やる」ことと「やらない」ことを確かめ、「やる」ことをやっていこう。
 そう思い、早朝の茶を飲む。
 外は雪風が吹いている。雪は京都の大地にはまだ降っていない。
(12月14日)

続きを読む >>
| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

このページの先頭へ