論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
連載コラム「いまここを味わう」(第7回)道が平和

 心に湧き水をいったん呼び込んだ本は忘れられない。
 たとえどんな小さな本だとしても。
 渡辺一夫(1901〜75)の『ヒューマニズム考――人間であること』(講談社現代新書、以下本書とする)だ。
 ふといま見ると、定価が250円とある。値段で歴史を感じるね。
 10代の終わり、つまり45年も前に、岐阜の書店で買い求め、いままでに4回読み返している。
 64歳になって、ふと思い、5回目の読み直しをしてみた。
 考えてみれば、何かが自分自身の人生で起きたとき、本書の中の問いかけがいつも心に浮かんで支えてくれていた。
 その問いかけは、「それがイエスと何の関係があるのか」である。後に、「それが人間であることと何の関係があるのか」と変容していったテーマだ。
 本書の渡辺一夫さんにとっても、その問いかけが、本質に触れたものだった。
 答えはない。ただ、その問いかけが戦前戦中を生きのびさせる実感を伴っていた。敗戦後をも生きのびさせていった。
 ささやかな私の人生においても同じだった。
 「それはブッダと何の関係があるのか」にも变化(げ)し、「法然+親鸞に何の関係があるのか」にもなっていった。
 ひとが3人いれば、2つの派閥が生まれ、対立。2人の派閥が勝利したとしても、こんどは2人で再び対立が生まれていく。
 これが人間というものである。ひとの世の業(ごう)だ。
 その対立が宗教戦争までになり、イエスの名のもとに殺し合いが生じていったのである。
 両者とも正義。両者とも正しい平和のために誠実に戦うのである。
 つまり、「平和への道はない」ということがわかる。「この道を歩いてゆけば、平和へつながっていく。そんな道はない」のである。
 あるのは「平和が道」であるということだけ。
 イエスを思う。ブッダを思う。いまここを感じる。念仏する。そうして、本書の問いかけを思い起こしていく。
 それが道。平和が道――。
 道ならば、湧き水も生まれくるのである。
 いまの日韓の対立にしても「日韓基本条約ですら、個人の賠償請求権を否定していない」という一点を日本側が表現してゆかなければ、実相が見えてこない。
 個人と国家は別ものであることから、出発しなければならない。それが原点。根っこ。道なんだ。
 そういうひとの原点に立たせてくれるのが、本書の問いかけ。「それが人間であるということとどう関係しているのか?」――。
 10代のある時間、私はしきりに大江健三郎を読んでいた。その大江の仏文学の先生ということで、渡辺一夫を何気なく手にしたのだ。
 渡辺によって、掘られた小さな穴。その小さな穴から、水がこんこんと湧く。
(8月15日)

| 虫賀宗博 | いまここを味わう | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを味わう」(第6回)残り少ない時間

 入佐明美さん、お手紙とご本、ありがとうございます。8月5日に落手しました。
 「入院中のんでいた薬を少しずつ減らし、いまはゼロになりました。体がとても楽になり、食事もおいしく、よくねるようになりました」とあり、すべてうれしく読みました。
 ひとつの時代が終わり、もうひとつの時代、まっさらな新しい時代が訪れたのだと思いますね。
 大阪の釜ケ崎のケースワーカーとしてのお仕事に区切りを与えるのが、この『ねえちゃん、大事にしいや——生きる喜びを分かち合うために(以下、本書とする)』(いのちのことば社)なのですね。
 入佐さんは、釜ケ崎へ流れてきたおっちゃんたちひとりひとりに向きあい、生活・暮らし・医療の相談にのってきました。
 それを36年間もやってきたんです。
 釜ケ崎のおっちゃんたちは政府・行政や警察からバカにされ、一般市民からも差別されています。日雇い労働者として必要なときは使われ、不要となれば、ゴミのように捨てられています。小さく低くさせられています。
 その釜ケ崎からドヤ(なぜか宿を反対に言うんだな)が減り、生活保護受給者が住む福祉マンション、海外からのバックパッカー向けのホテルがけっこう建って、表面上は様変わりしています。
 内実の差別感はそのままなのに。
 「生活保護の街になりよって」、と。
 ひとの世の冷たさは釜ケ崎、あるいは長島愛生園において、実感されるものなんでしょう。
 同時に、だからこそ、ひとの世の熱さも釜ケ崎、あるいは愛生園においてこそ、実感されるものです。
 入佐さんの36年の実践がそうです。
 「でもな、ねえちゃんがこないして道を歩きながら、『おじちゃん、こんにちは』とか『おじちゃん、元気ですか』と声をかけてくれるやろう。それが一番うれしいんやで、それでええんや。」(本書P.73)
 「人間ってな、本音でしゃべれる相手がおったら、何とか生きていけるもんなあ。」(同P.46)
 入佐さんが「本音でしゃべれる相手」になっていったことが何よりも大切なことだったと思います。
 私は忘れもしません。2000年2月、ある友人の紹介で入佐さんに最初に会った日のこと。
 釜ケ崎の街を案内してもらったとき、どれほどの数のおっちゃんから入佐さんがあいさつを受けていたことか。
 私まで、どこかうれしくなってきましたよ。
 入佐さん、本書のタイトルはおもしろい。意義深い。
 入佐さんが世話をした多くのおっちゃんたち——すでに亡くなっているひとも多くいる——から声をかけてもらっているのではないですか。
 「ねえちゃん、ご苦労さまでした」「ねえちゃん、大事にしいや」と。
 私もおっちゃんたちと同じ思いで、いま手紙を読んでいます。
 「ほんとに、よくやりましたね」と声をかけたいです。
 「人生の総括期」(同P.96)の私たち。1955年8月生まれの2人。互いにもうすぐ64歳。
 「残り少ない時間を大切にしたい」と私も願っています。一日いちにちを大切にしていきましょう。
 もういちど、退院そして誕生日、おめでとうございます。
(8月8日)

| 虫賀宗博 | いまここを味わう | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
あるがままに――しん平ワールドへ、ようこそ、ようこそ(その2)

 8月3日(土曜日)、とりいしん平さん(ミュージシャン)の「あるがままに—絵本・詩・歌そして対話」
 しん平さんに会えるね。ようこそ、ようこそ。
 論楽社、クーラーがないので、汗ふきタオルを忘れないで。
 また、土曜日なので、ふだんの日曜日には来れないひと、ようこそ、ようこそ。
 しん平さんの小学校教師時代、若い教師たちに向けての「秘伝書」を編んだ。「さまざまな体験を伝え、若いひとの経験にしてほしい」との願いだったと思う。
 私家版で手作りされ、そんなに多くない部数が郵送された。
 その最終号が届けられた。
 その号に、あるひとりの同僚教師の自殺のことが書かれている。
 学校中がパニックになった事件である。
 しん平さんは早朝の学校、放課後の夜、誰もいない学校の中、まだ異様な空気感の漂う中、主の祈りを行(ぎょう)じたのである。

 

天にまします我らの父よ
ねがわくは御名(みな)をあがめさせたまえ
御国(みくに)を来らせたまえ
(すみませんが、以下略)

 

 主の祈りを行ずるとは、きっと主の祈りを生きるということ。
 礼拝の儀礼として主の祈りを単に唱えるだけでなく、きゅうりを刻みながら、歩きながら、休みながら、声を出しつづけ、主の祈りとともに生きていくこと。
 宗教は思想哲学と何が違うか、この行があるか、ないか、である。頭だけ思考するだけでなく、全身で実践してこそが宗教。
 しん平さんは、主の祈りの行の中で、自殺してしまったひとと私たちのいのちのつながりの意味に光を得て、平安が心に満ちはじめ、生きのびることができた——と書いている。
 人生を生きていくと、いろんな苦に出会う。
 いろんな苦をあるがままに受け入れ、天の窓を開き、苦以外の楽(らく)を大きく大きく伸ばす。
 苦と楽があるがままに、ほどけあって(つまり、ほとけになって)、煮込みあって、スープになる。
 苦が結局いい出(だ)しになっているんだ。
 しん平さんの歌と語りは、そんなスープのような味だ。
 8月3日(土)、しん平さんに出会ってほしい。
 もういちど、ようこそ、ようこそ。

   2019年8月例会
8月3日(土曜日)午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
とりいしん平さん(ミュージシャン)の「あるがままに—絵本・詩・歌そして対話」。
参加費1000円。要申し込み(私宅なのでね)。
交流会5時〜7時。自由カンパ制。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを味わう」(第5回)掬いとられる欲念

 信州の松本と上高地へ7月25日〜27日に行ってきた。
 明子といっしょの小さな旅である。
 今回登山はしない。上高地を登山なしで歩いたのは初めて。
 松本という町の魅力は、きっと山岳と民芸と湧き水に尽きる。この三つが多層的に重なり合って、松本に生活するひとたちを潤(うる)おし、育(はぐ)くんでいる。
 松本盆地、西側が飛騨山脈(北アルプス)、東側が美ケ原・霧ケ峰の山塊によって囲み込まれている。それぞれの山塊が深い。高い。
 どの通りからも常念岳(2857メートル)の凜(りん)とした姿が望める町は他にないね。
 その山岳に降った雨や雪が何十年、何百年と沁み入り、盆地のいたるところで湧き上がっている。
 神社、寺院になっている湧き水もあれば、ビル・オフィス街の地の湧き水もある。まことにゆたかな自然ミネラルウォーターの地だ。
 できるかぎり歩いて回り、飲んだ。源智の井戸、槻井泉神社の湧水、大手門井戸、北馬場柳の井戸、地蔵清水……と。
 それゆえ当然ながら、松本はそばがうまくて、パンやクッキーがうまい。米がうまくて、きゅうりがうまい。
 のびやかに育つ樹木があり、建材を得るので、さまざまな木工の家具の品々を生んでいる。机、椅子、箪笥(たんす)に灯(あかり)照明も見事である。なまこ壁の土蔵の家屋だって、美しい。
 町全体がひとつの民芸の作品。
 松本民芸館にも20年ぶりに行ってみた。とってもいい場所。
 そうして、改めて、思うのである。
 何か。
 《ひとという存在は欲望を捨てられないようにできている。我だけが善、ワシだけが得。欲念によって動いて、他者を傷つけることがとっても多い。でも、例外がある。たとえば、芸術。これだけは自分の欲望だけを満たしきっていっても、誰かを傷つけることはない》。
 芸術が人間の欲望を掬いとっているのである。
民芸の場合、自分自身の欲望(有名になりたい、ゼニがほしいというごくふつうの欲念)のままに、美しいものが生まれているのである。
 どんな無名の陶工だって、「オレが、オレが」の自意識はある。しかし、何百、何千、何万という数の器に絵付けを繰り返しているうちに、自意識がそのままなのに、他の心が耕されていく。心が掘られていく。無意識のどこかの古層に突き当たったとき、妙なる美が湧くのである。
 その古層は仏心が湧く層なのである。仏法が流れる層なのである。これは神秘でも何でもないのである。奇縁でもない。
 仏心も仏法も仏教用語と言うのであろうか。宗教批判をするのであろうか。
 そういう宗教ぎらいのひとには、仏教以前の用語として捉え直してほしい。
 水をひとはつくることはできない。ひともトンボもケヤキも、ただ水を借りて、生命活動するだけである。死んだら、すべて返さねばならない。それが生きてあるということ。
 そういう水を湧き水として一方的に贈与されている町には、人間の欲望が掬いとられていく民芸のあたりまえのこととして受けとるひとびとがいる。民芸は湧き水のように、うまい。そんな松本という町。
(8月1日)

| 虫賀宗博 | いまここを味わう | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを味わう」(第4回)背中が痛い

 大阪の泉大津に南溟(なんめい)寺がある。
 いちど行ってきたいと思う寺のひとつである。
 住職は戸次(べっき)公正さん。戸次さんはお経(浄土真宗)の意訳・口語自由訳をいま試みている。
 無量寿経も正信念仏偈(げ)も戸次決定版がすでにあり、実際の法要や葬儀でも、希望者には口語訳を使うと聞く。
 正信偈が終わり、親鸞の和讃朗詠の前の、「南無阿弥陀仏」を七回連呼するところでは、こんな訳が付く。

 

なむあみだぶつ わたしは ここにいます
なむあみだぶつ あなたの そばにいます
なむあみだぶつ それは「いのち」そのものの名のり
あらゆる「いのち」あるものとともに生きたいという願いの言葉
なむあむだぶつ わたしの名まえを覚えてください
なむあむだぶつ あなたの方から呼んでください
なむあむだぶつ 「いのち」のねがいの心をたずねて、
よく聞き、信じて、受けつぎ伝えて、歩んでゆきたい

 

 死別したひとの別れの場において、こんな口語日本語をみんなで朗読する意味はとっても深い。
 読経って、漢訳された仏典をそのまま、ひたすら素読する。
 日本語の音訓の音は、中国語の日本語なまり。日本語ゆがみ。その音(おん)読。
 それはそれでいいんだけど、でも長時間にわたって、意味から遠く離れてしまうことは、あまりにももったいない。
 みんな、「こんなもんだ」と思い、ひたすらガマンしてるのではないか。
 大乗仏教にも残るブッダの言葉を少しでも伝え、いのちをとらえなおすことがもっと必要なのではないか。
 意味不明をありがたがってはいけないと思う。
 そんなあたりまえの、他に類を見ない実践が行われている寺の通信が「法蔵魂」。この通信もいい。
 その2019年2月号に、こんな詩がのっている。とってもいい詩だ。
 坂村真民さんの「晩年の仏陀」。
 「『阿含(あごん)経』に書かれている光景——と戸次さんは書く。『阿含経典』(ちくま学芸文庫、ブッダの肉声が残っている)を読み返してもまだココダというところに当らない。不明のまま書き記す。

 

わたしは晩年の仏陀が一番好きだ
背中が痛い
背中が痛いと言いながら
あるときはただ一人で
あるときはアナンと二人で
老樹の下や川のほとりで休んでいられる
八十ちかい釈尊の姿に
一番こころひかれる
小鳥たちも相寄ってきただろう
野の草たちも相競って咲いただろう
その頃の仏陀は
もうわれわれと少しも変わらないお姿で
静かにすべてを抱擁し
一日でも長く生きて
一人でも多くの者に
あたたかい教えを説いておられた
父のように慕わしい
晩年の仏陀よ

 

 あのブッダが80歳近くになって「背中が痛い、痛い」と言っているならば、なんとステキか。
 しばらくして毒キノコにあたって下痢をしながら、ブッダは80年の生涯を終えている。
 この史実も励ます。
 煩悩の苦からは離脱したブッダでも背中が痛くて、布施された毒キノコのスープを飲んで体を弱らせていたんだ。
 解脱してもなお(もしそれが事実ならば)背中が痛いなんて、ひとりぼっちで人生に座礁してしまっているひとをも励ます。
 やさしさの水位が増え、増し、その人生の座礁船を包み込んで浮かび上がるかもしれないのだ。
 イエスだって最後の最後、「エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニ」(わが神、わが神、どうしてわたしを見捨てたのか)と言ったではないか。
 信心信仰を得るならば、世界を生きることへの信頼は深まる。でも、それで何か特別の神秘が起きて、すべてがメデタシとなるわけなんてないのである。
 悟っても背中や腰は痛くて、腹痛も起きるのである。
 それがいいし、それがきっと救いなのである。
(7月25日)

| 虫賀宗博 | いまここを味わう | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを味わう」(第3回)痛みあるひとを世の光に

 友人からいただいた2冊の新書について、書く。
 6年前に神奈川の友人から『見えない汚染 「電磁波」から身を守る』(講談社プラスアルファ新書、2010年、以下本書をAとする)がその1冊。
 もう1冊は3か月前に京都市内の友人から『マイクロカプセル香害 柔軟剤・消臭剤による痛みと哀しみ』(ジャパンマシニスト社、2019年、以下同じくBとする)。
 なぜか2冊とも同じ書き手で古庄弘枝さん。後で気づいた。おもしろいね。
 まず、A。電磁波のこと。
 長野に古い友人がいる。その友人が「たいへんな山奥の家へ引越す」と言って、五右衛門風呂のある家へ移っていった。12、3年前のことだ。
 なぜか。
 その友人の実家のすぐ近くに携帯電話の基地局が建てられたんだ。すさまじい高周波が出されつづけ、全身に異変が発生。頭痛、吐き気。食欲は不振。視覚も睡眠も運動も困難に。
 声をまず出し、署名運動し、基地局の撤回を求めた。でも、埒(らち)が明かない。何よりも体が動かない。
 そのとき、初めて電磁波汚染のことを知った。
 30年前の第一次湾岸戦争のとき、米兵たちが広辞苑サイズの携帯電話を持って互いに連絡をとっているのを私はTVで見ていた。よくよく覚えている。ああ、軍需産業の民間転用。悪利用。
 30年たって、いまやひとりに2台のケータイの時代。
 ところが、こういう厳しい障害が発生しているのである。
 その後、名古屋や大阪の友人の体に同じ症状が現れている。大阪の友人はなんと1年以上の入院生活を余儀なくされた。
 電磁波によって人生がまるごと否定され、変革が迫られるわけだ。
 Aによると、電子レンジもIH(電磁誘導加熱)調理器もハンドミキサーも炊飯器も掃除機も、多かれ少なかれ、電磁波が出ている。
 目に見えないだけのこと。社会の全員が浴びている。
 障害が発生するか。しないか。それはひとそれぞれ。発生するひとは「トータルボディロード(総身体負荷量)を超えて溢れ出したからだ」(AのP.177)。いまはしていなくても、明日発症するかもしれない。
 発症した友人たちは「道先案内人」(AのP.172)ということ。「日本社会のこれからをどうすればよいのか」を示現している。
 たとえ発生しても内面化しないで、自分自身を責めないで、とにかく毒出し(デトックス)に努める。それ以外にない。
 まだ発生していないひともケータイはイヤホンで使い、電車では電源を切り、1メートル以上離れて使う。必要以上には決して使用しない。
 なるべくケータイ電話がなかった時代(わずか15年、20年前の時代だ)の暮らしに従い、少しでも免疫力の高いからだをつくっていく。生きることの基本をどう取り戻すか、コレにかかっているのではないか。
 Bも全く同じ。「爽やかな香りももてなし」「リラクゼーション効果」と称して、消臭剤や柔軟剤がどんどん販売されているけど、その中にイソシアネートが入っているんだ(BのP.122以降)。びっくり。
 1984年にインドのボパールの化学工場で起きた大事故。(おそらく)史上最大の暴発事故。2週間のうちに8000名が死亡。その後の死者も8000名以上。原因は毒ガスが事故によって周辺に滞留したことによる。その毒ガスの原材料がなんとイソシアネート。記憶力のあんまりよくない私だって忘れられない毒物名。
 そのボパール事件のこと、当時刊行されていた『技術と人間』で偶然読んでいたので、知っていた。いい雑誌だった。
 その毒物を、マイクロカプセルに入れたんだ。香料にでっちあげていたんだ。ナノサイズの技術(ナノは10億分の1のサイズ)。超微細のイソシアネート化合物質が直接肺へじゃんじゃん入る。どんどん溜まる。すさまじい身体反応が出てしまうのである。
 Bを「読んでくれ」と言って手渡してくれた友人は食堂を営んでいる。鼻や口を覆う大きめの黒マスク(要するに毒マスク)を付け、調理している。配膳してくれるバイトの女の子その他からの、体に漂う柔軟剤・消臭剤に耐えがたい痛みが発生するからだ。
 人工合成洗剤だって、毒の塊。軍需産業の、これも転用。悪利用。純石鹸に食用酢で十分なので、すさまじいシャンプーにリンスをみんな使う。おまけに消臭剤に柔軟剤。体臭、汗の臭いをなんで消さなきゃならないの?
 フクシマ、ミナマタを生む構造と同じものが蠢(うごめ)いている。
(7月18日)

| 虫賀宗博 | いまここを味わう | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
静けさ――ホームスクールへ、ようこそ、ようこそ(第14回)

 「いまここを生きる」時代から続くシリーズ。「ホームスクールへ、ようこそ、ようこそ」の第14回目である。
 きょうはひとりの新人のことを書く。
 その子、まだ小学校の3年生。両親の国籍が日本とインドネシア。ダブルの文化を持つ女の子だ。
 柔らかい言葉、静けさのあるひとだ。
 ホームスクールへ最初に来たとき、何気なく、絵本『森はだれがつくったのだろう?』(童話屋)を彼女が手にした。
 そうして静かに「神さま」と言う。
 「そうだね。そうとしか言いようがないよねえ」と私は答える。
 「何を言うか」も大切だけど、「どう言うのか」がもっと大切。
 彼女の伝えかたがいい。
 作文を引用してみる。私が言いたいこと、伝わるかな? 私はおもしろいと思う作文。
 「学校の門を出てすぐちかくで道にしみこんでいるきれいな水たまりを見つけました。
 これはなんだろうと考えていました。わたしはこれを空にうかんでいるにじが水たまりにうつっているんじゃないかと思いました。でも空を見あげても空にはにじがかかっていませんでした。
 考えてもなににも見えてこなかったからママをおむかえに行きました。
 まだわたしは水たまりのことを考えています。」
 もうひとつ。原文のままだ。
 「(略)学校でべんきょうがわからないとき、頭がくらくらするとき、こんな声が聞こえます。
 『だいじょうぶだよ。まずは体をうごかそう』と言う声が聞こえます。
 その声はいつも聞こえると言うわけじゃなく、こまったときにたすけてくれます。
 そのむねから聞こえる声をわたしはかみさまだと思ってます。
 いつのまにかわたしとかみさまがあそんでいると友だちになっていました。」
 私の心が整えられていくのを感じる。彼女の魂の、明るい静けさに。

| 虫賀宗博 | ホームスクール | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ