論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
「もういいよ、罪人じゃないよ」と両親に伝える――黄光男さんの「講座」レポート

 体温以上の炎暑が続く。北極海の氷もグリーンランドの氷河もどんどん溶けている。どうなるのか。
 それでもワシらにできることは、ただリンゴの木を植え、ブナの種を蒔くこと。お大切に。

 

 7月15日の黄(ファン)光男(クァンナム)さんの「講座」から10日も経った。レポートを綴る。
 ときどきあるんだけども、そのひとの「親問題」が「親子の問題」であることがある。
 黄さんの「親問題」も、両親とのことが深く絡んでいることに気づく。
 両親ともハンセン病になった。その親子の全体を黄さんが背負うと言い変えてもいい。
 具体的に言おう。
 長島愛生園が「らい予防法」に基づいて運営されていたころ、社会一般とは異なる風習があった。治外法権でもあった(この点、米軍基地といっしょ)。まず、このこと、押さえてほしい。
 たとえば、結婚。社会で結婚していたひとでも園内で結婚しているケースがある。言うまでもなく、重婚だ。違法だ。しかし、園に国内法は入ってこない。園当局も承認。「終生隔離されたんだから、もう社会には戻れない。たとえ結婚していたとして、もはや関係ない、捨てられたんだし」となるわけ。しかも、入園者の男女比率がなぜか男三対女一。女性入園者が独身でいることは不可能に近い、と聞く。
 以上のことを前提として話を進めるね。このことだ。
 黄さんの母親が園内結婚していたことを1年後に見舞った父親が知ってしまい、逆上し、相手の男性をその場にあった包丁で刺す(死にはしなかった)――という事件があった。
 両親がそれぞれが自死したあとに、その事実を黄さんが知るのである。
 黄さんもびっくり。聞く参加者もびっくり。
 父親はもちろん牛窓署に連行される。しかし、入園者のほとんどのひとが署名した嘆願書を持っていったら、なんと釈放。国内法(殺人未遂罪)は適用されなかったんだ。
 両親は愛生園の果樹園で暮らす。邑久光明園の近くに果樹園があったんだ(私は初めて知った)。あまりにも大事件だったので、園内でも人里離れた果樹園で暮らすんだ――。
 両親ともハンセン病になったことで自らを責めに責めた。そうして、こんな刃傷沙汰まで起こし、自らをもっともっと責めに責めたんだ。
 そういうことを息子の黄さんに言えていたら、きっと100パーセント結果は違っていたろう。
 一切を沈黙したまま、ウツ病になり、両親とも飛び下り自死していったのである。
 黄さんはそういう両親をまるごと受忍する。まるごと肯定する。背負う。
 れんげ草の会(ハンセン病遺族家族の会)のひとびとと出会い、家族訴訟において「らい予防法」の本質を問うていくこと。そのすべてを受忍する。
 「そのために私は生まれてきたんだ」と黄さんは言い切っていた。
 すがすがしかった。
 「『らい予防法』下、こんなこと、あったんですよ」と実名を出し、顔写真も出し、「親問題」を乗り越えていく覚悟で、7月15日に訴えていた。
 ある事実がある。人生における事実それ自身はプラスでもマイナスでもない。事実は事実。
 その事実の受け入れ、気の合った人たちに公開し、受忍し、肯定してゆけば、見上げる夕陽も月も山々も光って輝くのだ。
 在日朝鮮人。親の病い、傷害沙汰、自死。
 これらの事実をマイナスと捉えてしまえば、無間地獄。絶え間なく苦を受けることになる。
 何の恥でもないことを他人の基準評判に縛られて恥と自らが思ってしまったら、自分で自分を無間地獄へ落ちてしまう。
 落ちない自由を選びとることができるのだ。
 黄さんは即行動のひと。
 差別のきざしがあると、即抗議、即電話。
 その場でそのひとが「そんな差別、いやだ」「認めない」と即表現していく。
 黄さんのようなひとに私は会ってこなかった。
 「ありがたいな」と思う。
 感謝だ。
 以上、短い報告。交流会で語ったことも交えて、まとめた。

 

 次は9月1日(土)に、とりいしん平さん。「生きのびる愛」というテーマで、絵本に詩、うた。
 お大切に。ともに生きのびよう。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
「もういいよ」と親に言いたい――黄光男さんの「講座」へ、ようこそようこそ(その2)

 顔写真をのっけさせていただく(最後に掲載)。
 黄光男(ファン クァンナム)さんである。黄さん自身から送ってもらった。
 バック(背景)は、長島愛生園の納骨堂。何万人もの死者が納骨堂にいる。
 どのハンセン病療養所においても、お墓が必ずある。宗教施設も必ずあり、焼き場もあった。死ぬことを前提とする収容所だったからである。
 葬儀があるたびに「死んで煙になって社会復帰したな」「故郷の家家に帰った」と残された仲間たちは言い合っていたと聞く。
 それぞれのひとが自らを責めた。
 自分自身が自分自身に対して加害者であり、社会に残された家族に対して加害者なんだ。
 最初、私はわかりにくかった。
 こんな人生被害を受けているひとびとが加害者なんて。
 しだいに「そこまで『らい予防法』という存在が尋常ではない差別を生んでいるんだ」と思い至ったのであるが。
 「母親は自分がこの病気になったということを、ひじょうに背負ったと思うんです。自分のせいで家族をこんなふうにさしてしもうが、みたいなね。自分を責めに責めたということ。で、それを誰にも言えない辛さがたぶんあったんや、隔離政策がおかしかったんや』って言うんじゃなくて、自分を責めてしまう。自分さえこの病気になれへんかったら、みたいな。当事者が声を上げれないっていうことが、あったんじゃないかと思う」(これも黒坂愛衣さんの、黄さんへの聞き書き)。
 だからこそ、「もういいよ」と親に言いたいのだ。
 黄さん、実名を出し、顔写真も出し、覚悟しながら訴えるのである。
 7/15(日)、黄さんの訴えを聞いてください。
 黄さん、ギターの弾き語りも聞いて。
 井上陽水の「人生が二度あれば」とかが合い間に歌われる。
 ちょっとないひとときだ――。

   講座・言葉を紡ぐ(第120回)
2018年7月15日(日)の午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL075-711-0334)。
黄光男(ファン クァンナム)さん(ハンセン病家族訴訟原告団副団長)の「『もういいよ』と親に言いたい――あるハンセン病家族」
参加費1500円。要申し込み(ふつうの民家なんで、よろしく)。
交流会5時〜7時(自由カンパ制、参加自由)。
論楽社に駐車場がありません。近くにコインパークもありません。ご相談下さい。

 

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
半開き、心の戸を閉じない――6月例会レポート

 6月24日(日)の「宗教以前」(6月例会のテーマ)。
 宗教を代表させたけど、政治経済哲学文学とかに、言語化されていく世界以前、あるいは言葉以前――と言いかえてもいいかもしれない。そんなテーマ。
 まず私のほうから発題した。ひとつの思い出話をした。
 小学生のころ、たまに私は岐阜の実家の屋根の上に寝転ころんでいることがあった。
 寝るのが難しい場所なんだけど、肩や腰を少し固定させていると、うまくいく。落ちない。
 青空が近く感じられ、庭の木々とも、どこか対等な感じがあって、よかった。
 ほんのすこし日常から離れられ、風や空、雲、木々とゆっくりと交流交感できる気がするんだ。楽しかったな。
 屋根の上で何をしていたのか。明確な言葉にはできない、日々に湧き上がっている言葉以前の思いを味わっていたのではないか。そう思っていた。
 その小学校のときの思いを、ずいぶん後になって鶴見俊輔さんから「親問題」という言葉で言い当てられた。
 「親問題」。親子の問題じゃあない。「どうやって生きていくのか」「なんで(この地の、この家に)生まれ落ちてきたのか」という問いである。誰もが体の中心に湧いてある問いのことだ。
 せっかく湧いた問いを、学校のテスト勉強に集中するため――とか理由をつけ、早々と棚上げしたり(忘れてしまったり、捨ててしまったり)しているひとも、少なくはない。きわめてもったいないこと。
 その問いの答えは、生きることでしか出すことができない。
 「半開き」(参加者の小吹修三さんの発言)のままにしておくことが肝要なんだ。
 実にいい言葉。心の戸を半開きにしておくこと。恵みが多い言葉だ。
 閉めないで置いたら、考えなやむんだけど、エネルギーを問いからもらって、結局のところ、幸福に生きることができるんじゃないか。成功(立身出世)することは別次元だけど。成功と幸福、違うよね。
 以上のことを前提にすると、気持ちのよい対話が自然に生成されていく気がした。
 「親問題」を開陳しあえるなんて、友人どうしの証(あか)し。
 松本剛一さん。「簗瀬(やなせ)義亮さんの慈光会で農の実習していたころ。真夏の雨のないころ、せっせと野菜に水をやっていた。あれだけの汗だくの苦労をしているのに、一陣の風が吹いて夕立の雨が来たときは、どうだ。一瞬にして水やりできるではないか。雨後、虹がかかり、美しい。宮沢賢治の世界は、ほんとうだ」。
 高倉和子さん。「東寺の近くに住んでいて、祖母が東寺で一心不乱に念じているのをよく見た。『何を祈っているの?』と聞いても『この年になったらわかる』としか言ってくれなかった。祖母によって、『うそはつかない』『家族みんなそろって、ごはんをいただく』などは身に付けることができたと思う。」
 これらの言葉が何十年間のあいだ「半開き」のままに展開されている気がして、よかった。
 松本さんにとって「父」のような簗瀬さん。アンナプルナの雪に輝く夕焼けのような存在であることが、よく伝わってきた。
 高倉さんにとって、おばあちゃん。(きっと)ふつうに生きる、ふつうである存在。ふつうであることを深められる存在。あったかーい高倉センセの日常をふつうに生かしているのだろう。塩田敏夫さんも「よくわかる」と言っていたね。
 (きっと)それぞれの「親問題」を深めるためにキーパーソンは登場するんだ。
 自分が自分らしくなっていくがために。
 ひとがひととして育っていくのに、宗教(一応代表させて)はいらない。「親問題」に気づき、その気づきによって、出会うキーパーソンによって、具体的に育てられていくのであると、改めて思った。
 とってもおもしろく、論楽社をやっていてよかったと思う6月例会。
 とってもありがたい。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
「もういいよ」と親に言いたい――黄光男さんの「講座」へ、ようこそようこそ(その1)

 7月15日(日)に「講座・言葉を紡ぐ」(第120回)を開く。
 話していただけるのは、黄光男(ファン クァンナム)さん。
 ハンセン病家族訴訟の原告団の副団長である。
 2018年3月に私はあるDVDを見た。
 とても長いタイトル(『国及び地方公共団体の責務とは――らい予防法と無らい県運動』、「ふれあい福祉協会」03-5302-8480が製作・著作、上映時間52分、この啓発DVDは無料のようですから、取り寄せて友人たちと見てみたらどうでしょうか)。
 その映像で、初めて黄さんを知った。
 そうして4月の宇佐美治さんの葬儀の日に斉藤貞三郎さんの車にのっけていただいている間に黄さんのことを聞き、かつ、斉藤さんの4月例会(ハンセン病家族訴訟――歴史の伝承)のときにも黄さんのことが話題になった。
 その黄さんに手紙を書き、実現。
 黄さん、1955年に大阪の吹田市に生まれる。在日朝鮮人二世。
 ちなみに私と同年の生まれ。戦後の10年(以上)もたって、「らい予防法」による「無らい県」づくりが依然として為されていたんだ。改めて驚く。憲法が働いていないことにも。
 黄さんが1歳のとき、母親と下の姉が長島愛生園に強制収容。
 翌年父親と上の姉も同じく愛生園に収容。
 5人家族のうち、4人までが愛生園へ。
 乳飲み子の黄さんはひとり岡山市内のある育児院へ。
 1964年愛生園の4人が社会復帰。黄さん(もう9歳になってる)も施設から連れ戻され、5人で兵庫県尼崎市で暮らす。
 尼崎工業高校で解放教育に出会い、多くの仲間たちに支えられ、尼崎市職員に採用。
 親から引き離されたことはの被害感情は黄さんにはない。親子という感覚が形成される前に別れているから。施設の8年間、接触すらなかったから。
 そのこと自体が「らい予防法」による被害だったと黄さんは考えている。
 母親は「長生きしてもしゃあない」「生きとってもしゃあない」とよく言っていた、という。つらい実存をかかえているのである。
 両親の間にも愛生園においていろんなことがあった。
 その両親、それぞれが老人性鬱病で亡くなる。それぞれが自死。あまりにもつらい――。
 「もういいよ、なにも苦しむことはないよ。罪人とは思っていません。お父さん、お母さん、あなたたちになんの罪もありません」(黒坂愛衣さんの聞き書きによる)と黄さん。
 らい予防法の方の執行による人生被害を当事者の両親は受けてきた。もうひとりの当事者の息子の黄さんも同じような人生被害を受けてきた。
 黄さんは実名を出して、両親の弔(とむら)い――真(まこと)の、公的な弔いをかね、2016年2月にハンセン病家族訴訟をいま提訴している。
 ハンセン病問題は終わっていない。
 恥でも全くない、ひとつの感染症を恥として尋常でない差別を受けなければならなかった黄さんたち家族。
 『らい予防法』がなければ、家族が散り散りバラバラになるようなこともなかったし、母親もこんなに苦しまんでもよかった」(黒坂さんの聞き書き)と黄さん。黄さんの父親も苦しまなくてもよかったんだ。
 ハンセン病は社会から「病みすて」(島田等さん)される。切り捨てられてしまう。戦前は強力な軍隊社会をつくるため、戦後は強力な会社社会をつくるために。まるで丈夫で健康な体であることが国民の義務であるかのような社会をいまでもつくっている。それでほんとうにいいのか――。
 7月15日(日)、黄さんに出会ってください。黄さんに学びながら、学びほぐしていってください。
ようこそ、ようこそ。

   講座・言葉を紡ぐ(第120回)
2018年7月15日(日)の午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL075-711-0334)。
黄光男(ファン クァンナム)さん(ハンセン病家族訴訟原告団副団長)の「『もういいよ』と親に言いたい――あるハンセン病家族」
参加費1500円。要申し込み(ふつうの民家なんで、よろしく)。
交流会5時〜7時(自由カンパ制、参加自由)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
宗教以前――松本剛一さん、高倉和子さんとの6月例会へ、ようこそ、ようこそ

 時間はないけど、6月24日(日)に6月例会。
 松本剛一さん、高倉和子さんに来てもらい、たとえば「宗教以前」――政治以前、経済以前、あるいは言葉以前でもいいんだけど、何かに成り上がってしまい、権力権威を自らが持つ以前の姿、素のいのちの姿を想い起こしてもらうこと――というテーマで、ともにおしゃべりしてみたいと思う。
 いま、各地でさまざまな問題が次々に発生生成している。
 たとえ縁あるひとつの問題にコミットできたとしても限りがある。まじめにまじめに燃えつきるまでもやってしまいがちだけど、それではやっぱりあまりにも無念。残念。
 平和、民主主義なんて究極の境地。永久的に為しつづけなければ、実現は永久的に不可能。永久的って、いまここの連続の結果の積み重なり。いまここ、いまここで、自らのいのちが生々と平和でなければ、なんの未来性もない。
 まずひとりひとりのいのちがいま生きてある場所、現場で生々と生ききること。これが一番。
 すべてのすべてが相互依存的連係生起(dependent co-arising)。すべてがつながりあって、支えあってある。
 私の家の庭先の向こうは、沖縄の辺野古の青い海なんだ(まだ行ってないけどね)。
 もちろん、「ともに生きる」とは「ともに戦う」こと。縁が生じた学校のこと、図書館のこと、食や農のこと、原発のこと、ハンセン病をはじめとした差別のことを表現し、声を出し、そうしてわがいのちを受認して生きることにも同時に、取り組んでいくことだと思う。
 生々と生きることだけが、人生の目的。
 宗教も政治も経済も、市民運動も、その目的達成の手段。手立て。方便。
 ところが、たとえば宗教なら宗教においても、何教であろうが何宗であろうが、どうしようもなく集団エゴイズムがその組織の内部で発生しているので、苦労がつきない。手段を目的としてしまうことは、ふつうに起きる。やせたものになってしまうかもしれない。裸だと不便なことがあるかもしれないので、宗教があってもいいけど、別になくてもさみしくなければ、それでもいいと思う。くりかえすけど、宗教は手段なんだから。
 それよりも大切なのは、宗教以前の、言葉以前の、素のいのち感覚なんじゃないのか。
 風。水。土。花。鳥。虫。星。月。
 それらと交流交感するいのち感覚。
 青空に向こうに見えていく星たちが在るという感覚(実際には昼間の星は見えないんだけどね)。
 雲をつかむような、頼りない話に思えても、幾日も幾日もいのち感覚を育てていくと、いちまいの葉の向こうに、大きな雲ひとつが感じられていく、楽しい感覚がきっと生まれてくるんだ。
 実のところ、以上のような話が友人たちと交わしたかったのかもしれない。そうして考えてみれば、論楽社、ずうっと、このテーマで動いてきたと思う。
 急な話ですけど、6月24日、ようこそ、ようこそ。

   2018年6月例会
6月24日(日)の午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL075-711-0334。
松本剛一さん(門真市の北巣本保育園理事長)と高倉和子さん(中学校教員)と私(論楽社)の論楽会(参加者とともにおしゃべり)「宗教以前」。
参加費1000縁(要申込、私宅なので事前に必ず連絡を)。
交流会(リフレッシュ・ミーティング)5時〜7時(自由カンパ制)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ