論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
「国難」選挙――大学生の質問に答えて

 選挙についての質問ですよね。何を私が答えられるのかな。短く、話してみるね。
 私が支持する政党はありません。40年来、ひとつもありません。
 投票を棄権したことはいちどもないですね。先人たちの努力で選挙権を私は得ているのですから。
 さまざまな政治の局面において公平であること、自由であることを、まず私は願いますけど、その実現には時間がかかること、私なりに理解しています。
 40何年か前の、昔の話。日本軍の蛮行を何冊かの歴史書を読んで知り、何か無性に心痛かった。その残忍性が「私の中にもあるか」と思うと、「日本で日本のメシ」をどうしても食うことができなかった。
 なぜか突然に、食いしん坊の私がメシを断つことにしました。
 いわば「ひとりハンスト」。何の意味も効果もなかった「ひとりぼっちハンスト」。
 いろんなこと、考えました。この日本社会の構成員のひとり、わずかなひとりなんだけど、今後どうアジアのひとびとと交流していくのか、を考えましたね。
 どうしていいか、わからない。けれども、自分自身の生き方の全体をかけて、示現していこうと思いました。
 その「ひとりハンスト」はわずか2食分のみのストで終わった。すぐにワシワシと大食するようになったけどね。
 これからいろんなことを体で考えていくきっかけとなったことだったね。
 だから、憲法9条のことだって、40何年間、体で考えてきた。
 私たちの社会がやってしまった取り返しのつかないことをすべてのことの中心に据えれば、どんな困難なことも少しずつでも解決していくと思うのです。私たちがもっともっと求めなければならないのは、内部の感覚を回復させることだと思っています。その感覚は「自分の親がもしも理不尽に殺されたらどうなのか」といったものです。その内部の根本のところを回復させないと、社会は成立しえないと思います。それ以外のところで、いくら国権的な政策をやっても、それは枝葉のところでしかなく、国家として伸びていかないと思います。
 それが憲法9条の中心問題です。社会の根っこの部分で、まっとうさが回復できるか、できないのか、が9条の問題と思っています。
 自分たちのために、まっとうさを回復させるがために、他者に頭を下げて謝罪なんていう行為になるのです。誰かから「あやまれ」と言われて、やるのでない。自らの内部から湧く思いで、頭を下げるのです。
 ほんとうのところ9条は私たちの社会が自らの力でつくらねばならなかった。当時そういう力量がなかった。内的な力がなかった。
 そうではなく、占領した、原爆を投下した米軍がつくった。それは歴史の事実です。
 オレたちの70年前には、そういう実力がなかったのです。
 いま、9条は破壊されようとしています。そうして、ほんとうに破壊されてしまったら、私たちは70年たっても、自らのまっとうさを回復させる能力が備わってなかったということです。戦後が生んだ、ほぼ唯一の宝が消えるのです。ワシらの社会にはもったいなかったということです。これでいいんでしょうか。
 このことが10月22日に投開票される総選挙のテーマだと思います。このテーマは国家の根幹を国民自らで決定できるのか、そこまでもひとまかせにしてしてしまうのか――というテーマです。
 私はこう思っています。私の思いを言ってみますね。以下です。「米軍の長期に渡る占領駐留をやめてもらい、グアム、ハワイ以東に帰っていただく。沖縄は戦後初めて解放される。『米軍帰還』『戦争終結』を内外に宣言し、30年遅れて、東アジアの冷戦構造も終了させる。北朝鮮と国交回復交渉を始める。9条を日本国民の総意として再定義し、第3項に『外国軍を駐留させない』を新たに付加して、国民投票して、採用。9条が血肉化される。同時に、米国、ロシア、南北朝鮮(統一を促す)、中国とそれぞれ友好善隣条約を結ぶ。日本国の軍備については国民の議論に基いて、決定する」。
 国難って言うのだったら、なんで1か月間も選挙で空白期をつくるのか。もっと真剣に手を打たなきゃ。他国まかせにせず、日本国として全面に出て、まず原発を閉鎖(核燃料搬出)するという覚悟を示しながら、正確でまっとうな言葉を内外に「打つ」べき。「日本は平和を求める、その根拠は9条である」と。日本国内に米軍核ミサイルがあることを認め、米国にも「日本は平和を求める、根拠は9条である」と言うべき。政治はウソをつくもんですけど、国家の根本についてはウソをつかず、1センチでも1ミリでも平和を求めて、努力してほしいと思っています。
 以上かな。短くはなかったね。ゴメン。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
自殺したくなったら――才津原哲弘さんの「講座」へ、ようこそ、ようこそ(その2)

 心がワサワサする。怒り、悲しみに左右されてしまう。
 そういうことは、ある。
 あって、いいんだ。
 ひとりになりたいと思ったとする。都市だったら、どこかのお店(とか)へ足を運べば、とにかく、まずは、ひとりぼっちにはなれる。
 しかし、田舎ではむずかしい。森や林の中へ車で入ってしまう以外に、なかなかひとりにはなれない。田舎の喫茶店食堂へ入ってコーヒー飲もうとしてみても、「あそこの嫁はコーヒー飲んでサボっておった」とウワサを立てられるのがオチ。これが田舎暮らしの現実。
 才津原哲弘さんが「創業」した能登川図書館には、誰かの視線が差し込めない「死角」が故意につくられてある。本箱と本箱のヨコに小さなイスがいくつか置かれてあり、完全にひとりになれる。
 そこは、ひとりになれる貴い場所。いろんなひとの目線視線が流れ込まない小さな居場所だ。
 しかも、無料である。
 これはスゴイことだ。税金を使って、心がカゼをひきそうになったときでも、深呼吸をくりかえして自分のいのちの願いを思い起こすことだって、可能。昼寝したって、ボケーッとしたって、自由。これ、スゴイことや。
 才津原さんが構想していた図書館って、本好きのひとたちへの無料の貸本屋ではないことは明白。本はもちろん大切。しかし、学校時代に本で頭を叩かれたような思い(「君は◯◯も読んでいないのか」なんて言われれば、それはひとつの暴力)のひともいる。本は読まなくてもカシコイひとはいるではないか。
 そういう図書館を(当時の)能登川町という人口2万人の田舎、琵琶湖のほとりの田んぼ地帯でつくったということが大きい。
 その本にしても、もしリクエストすれば、国会図書館からでも必ず借り出して、持ってきてくれるのである。
 税金が1000円、2000円の本となって具体的に現出してくれるのである。「自治の学校」でもあるのだ。
 道路や橋をつくるお金で、いくつもの図書館がつくれる。しだいにわかっていくはず。
 米軍への「思いやり予算」や自衛隊の軍備費(言うまでもなく、人を殺すためのお金)をほんの10%削るだけで、どれだけの数の図書館(才津原さんが構想していたような「ほんとうの図書館」)が生まれることか。おそらく何千、何万の図書館がつくれるんだ。いかにもったいないことかわかるはず。
 中学校校区にひとつの図書館はあっていいんだ。
 いまの京都市のすべての行政区(左京区、下京区など)に図書館はないのではないか。あってもひとつではないのか。中学校校区にひとつなんて、夢の夢。しかし、その夢は持っていいものだし、声を出して言ってもいいもの。いやあ、言わなきゃいけないのではないか。
 選挙が始まる。「図書館がほしい」と言おう。政治は具体的なワシら凡夫の願いの実現だ。

  講座・言葉を紡ぐ(第119回)
2017年10月7日(土)午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
才津原哲弘さん(能登川図書館の初代館長)の「自殺したくなったら、図書館へ行こう」。
参加費1500円(要申し込み、ふつうの民家なので、必ず事前にお電話ください)。
交流会午後5時〜7時(自由カンパ制)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
自殺したくなったら――才津原哲弘さんの「講座」へ、ようこそ、ようこそ(その1)

 10月7日(土曜)に才津原哲弘さんに論楽社に来ていただだく。
 1週間後のことである。
 出会ってほしい。ようこそ、ようこそ。
 才津原さんには1998年直接来訪を受けた。初対面のそのとき、「あっ!」と思い、何か格別のエネルギーに出会ったんだ。
 もう、19年も、たつ。そうして「図書館の魅力、底力」について示現してもらったと思う。
 じゃあ、図書館って、何か。
 ひとりひとりの市民の願いに適(かな)う、その問題解決の手がかりになる資料を提供する場所――なんだ。本だけじゃない。絵本原画、織物、映画、音楽……という何か「資料」。出会ってしまう人間たちの光だ。
 無料の貸本屋ではないんだ。悩んでいるひとがその図書館に恐る恐る近づいてみても、「ちゃんと居場所がある」という受容がある。それがないと始まらない。ひょっとして図書館のすみっこで偶然手にした古典の中に抱えている問題解決のヒントがあるかもしれない。図書館ホールでの絵本原画展、映画上映会で決定的な何か、が生成するかもしれない。
 きっとひとに出会うこと、いのちに会うことがその問題の解決のほうへ誘(いざな)ってくれるのだ。どんな危機の時代でも、ひとはひとと出会うことによってしか救われない。
 そんな図書館づくりを実際に滋賀の能登川図書館において、才津原さんはつくりあげようとしていた。
 その才津原さんに出会ってほしい。

  講座・言葉を紡ぐ(第119回)
2017年10月7日(土)午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
才津原哲弘さん(能登川図書館の初代館長)の「自殺したくなったら、図書館へ行こう」。
参加費1500円(要申し込み、ふつうの民家なので、必ず事前にお電話ください)。
交流会午後5時〜7時(自由カンパ制)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ひとがほんとうの人間になる教育の力――深谷純一さんの9月例会レポート

 9月10日(日)の深谷純一さんの9月例会、おもしろかった。
 何がおもしろかったか?
 それは、教育の力、文学精神の力のふたつについて、再確認できたからである。
 日本の場合、家族制度と学校教育制度によって、ひとびとの基本が培われている。
 権威権力を持っているひとにどうやって接するのか。不平等を前提とされることにどう対応するのか。
 これらの問題、日々刻々と私たちを試みてくる。いまここの問題だ。
 敗戦後20〜30年はまだまだ教師たちの間に上下関係もそんなになく(地域差があるけど)、さまざまな校則も生徒たち自らがつくったりもしていた。
 いまは昔。
 それでも、ひとはひとによって「人間」になっていく。「教育は静かな革命者だ」(深谷さんの恩師の言葉)であること、間違いない。
 ひとを根っこから育てていくのは、育児教育の力。
 それを深谷さんは文学の力を借りた。あえて言えば、文学の「毒」を使った。
 世の中を「しょせんこんなもん」と思い込んでいるひとに衝撃を与え、新しい何かが生まれる土壌を培うのである。
 安部公房「棒」、野坂昭如「色法師」の実践が紹介され、「カキナーレ」の作文実践が報告された。それぞれが「このひとやったら……」と生徒たちが思って参加した実践だ。深谷さんの実践力だ。とてもおもしろい。
 私はいまなお教育の力、文学の力に希望を持っている。たとえ教育現場において、何も言えなくなっても、ひとは背中でしゃべることだってできる。背中で泣くことだって、できる。
 どんな弾圧、非人間的社会があろうが、ひとは小さいノートにメモし、文学することによって壁を突き破ることができるんだ。黒雲を越え青空へ飛び立つ心をじいっと蓄えることができるんだ。私はそう思っている。
 深谷さん、ありがとう。心から、ありがとうございます。よい実践の話だった。よかった。ひとが培わされる基本の実践だ。
 そう言えば、来月7日(土)の才津原哲弘さんも図書館という場所において、(広義の、ほんとうの意味での)社会教育を実践しようとしたのだと思う。
 教育って、目に見えない、評価できない、数値にできない。桃栗3年柿8年、しかしひとは10年20年50年の月日をかけないと人間にならない。待つこと。待ちつづけることで、やっと育っていく。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ひとがひとに育っていく教育の力――深谷純一さんの9月例会へ、ようこそようこそ(その2)

 朱いザクロの実が庭になっている。
 実の数が年々増え、ことしはうれしいことに25個まで増えている。
 もともとはこのザクロ、岡部伊都子さんの旧宅のもの。死せる岡部ちゃん、ザクロと『仏像に想う』(講談社現代新書)を残している。
 その岡部ちゃん、深谷純一さんを紹介してくれたね。
 その深谷さん、7月2日に安積(あづみ)力也さん(キリスト教独立学園高校・新校長)の講演会を開いてくれた。そういうひととひとの重なりあいって、おもしろい。
 安積さん、ひさびさのインテリ(理知的で、西洋哲学っぽい、というくらいの意味)。しかも、いのちが深い。
 別の言い方をすれば、「違う店を開き、食材・料理法・香辛料が違うのに、味が妙になつかしく、似る」っていう感じ。
 《ひとがひとに出会い、人間になっていく原理》を伝えてくれたと思う。
 とてもよかったな。
 その後、深谷さんに「安積さん、よかった、論楽社に来て、『教育って何だ』の話、してくれませんか」と手紙を出したのだ。
 自由に自在に深谷さんに話してもらい、対話できたらいいな。
 9月10日(日)、ようこそ、ようこそ。

  2017年9月例会
9月10日(日)午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL075-711-0334)。
深谷純一さん(カキナーレ庵主人、元・成安女子高校教員)の「人間が人間に育っていく教育の力」。
参加費1000円。要申し込み(ふつうの私宅なので、事前の申し込みを必ず)。
交流会5時〜7時。自由カンパ制。

 次は、10月7日(土)、才津原哲弘さん(能登川図書館の初代館長)の「自殺したくなったら、図書館へ行こう」。コレはすでに14人の申し込みが。主催者病が消えたけど、出会ってほしいと思う。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ