論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
原点ネパールへの旅――桝本進さんの4月例会へ、ようこそ、ようこそ(その1)

 4月28日(日)に桝本(ますもと)進さん(岐阜のゴーバル)の「ネパールへの旅の話」。4月例会である。
 岐阜の恵那市のアジア生活農場共同体「ゴーバル」は1980年に生まれた。39年の歳月がゆっくりと流れる。
 ゴーバルはネパール語で牛糞のこと。ネパールでは牛糞で家屋の床をつくったり、燃料にしている。それが屋号である。おもしろいね。
 現在の「ゴーバル」は、ハムやソーセージの工房となっている(http://gobar.jp)。
 化学調味料や添加物、小麦粉その他を一切入れないで、手作りでつくっている。むかしむかしの作りかた(炭火で乾燥させ、桜の薪で燻して、大切な肉を保存してきたんだ)をいまに伝えている。
 ことしの正月明けに、桝本進さんはネパールを旅した。
 「原点のネパールで進さんは何を考え、何を想ったのだろうか」と思い、手紙を出した。
 「行くよ」という電話をもらい、4月28日に縁あるひとと車座になって、ネパールへの旅の話をいっしょに聞くことになった。
 対話をし、おしゃべりしたいね。楽しみ。
 ようこそ、ようこそ。

    2019年4月例会
4月28日(日)の午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
桝本進さん(岐阜のハム工房「ゴーバル」)の「ネパールへの旅の話」。
参加費1000円。要・申し込み(私宅なので)。
交流会5時〜7時。参加費自由カンパ制。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
月に腰掛けて――杉野真紀子さん(馬子さん)の3月例会レポート

 馬子さん(杉野真紀子さん)の3月例会について、レポートする(連載コラム「いまここを生きる」の4月4日「馬子さん」も参照してね)。29人の参加者もうれしかった。
 馬子さん。
 とてつもなく感情量が大きい。放出する気(エネルギー)の量も桁外れである。
 その姿が少しでも伝われば、うれしい。
 まず、馬子さん、50年来の古典絵本『スーホの白い馬』(福音館書店)を朗読。馬に出会った契機が、この名作絵本なんだ。
 死んでいく白馬。スーホは叫ぶ。
 「白馬、ぼくの白馬。死なないでくれ!」。
 ここで馬子さん、泣く。
 ポタポタと涙を落としながら、音読。
 ふと思う。私、司会席で音を立てて涙が落ちるのを聞くのは、1989年の安江良介さん(『自画像の描けない日本』にまとめている)以来だ。
 安江さんの感情量もゆたか。馬子さんの感情量もゆたか。
 馬子さん、『スーホの白い馬」以来、馬に一心同体化。
 馬のように4つ足になって、家の中で暮らす。
 自分を馬だと思っていた。
 馬の鳴き声も堂に入り、臨場感がある。ものまねの声とは思えないほどに。
 ところが、10代の当時の馬子さんは「日本では馬を持つことはできない」と思い込んでおり、しかたなく「鉄の馬」(バイクのこと)に熱中。
 ケガして、バイク競技をやめ、世界一周をバイクで敢行。そうして、次の言葉に出会う。
 「アース(地面)から離れては生きてゆけない」(ネイティヴアメリカンの長老)。
 この言葉によって、もういちど馬の原点に戻る。
 地に足をつけて、生きろ——。
 そうして生まれて初めてバックパッカーの旅に出る。
 飛行機も使わないで。
 そうして、やっと、馬に出会い直していく。
 モンゴルで馬を借りて、旅をする。
 遊牧民の生きかたに目覚めていく。
 動くことに意味があり、じっとしていると流れが滞ってしまうので、動く。
 現代日本社会において、所有しない。土地だって、地代を払うっていう発想を持たない。「いいよ」と言われる空(くう)の地に住む。定職はない。貯金はない。バイト生活。
 意味を残さず、結果を残さず、生ききって、この世から消えてゆく。
 歌をうたい、酒をのみ、かけがえのない友人をつくって、わが人生を生きていく。
 アナーキーに。
 ブッダの時代(初期仏教)の僧侶のように。
 樹雨(きさめ)に打たれ、雲を摑み、月に腰を掛けて(笑)、生きてゆく。素の人間として、あるがままの感性を守りながら、馬子さんは生きていく。
 馬子さん、ありがとう。ありがとう。ありがとう。

 

 4月例会は、4月28日(日)、桝本進さん(岐阜の共同体「ゴーバル」)。ネパールへの旅の話。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
風から教えてもらった、馬の話――杉野真紀子さんの3月例会へ、ようこそようこそ(その2)

 3月31日に出会うことができる杉野真紀子さん(以下、ニックネームの馬子さんとする)から、インタヴュー記事がその後送られてきた。活字の上で、少しずつ馬子さんの香りが伝わってくる。
 馬子さん、ずっとずうっと、馬になりたかったんだ。そうして、馬にはなれなかったけど、「ようやく馬と群れになれた」といま馬子さん、語っているね(ゴメンネ、何という冊子か、雑誌か、よくわからないんです)。
 馬たちのように、地面から離れない。
 馬たちのように、流れを滞らせることなく、動く。定住は、しない。
 馬たちのように、人生の意味を残さず、結果を残さず、時が来たら、この世から消えてゆく。
 馬たちのように、いまここを生きていく。きのうを生きずに、あしたを生きずに、いまを生きる。
 そう願い、そのように生きてゆきたいひとだということがわかってきた。
 まるで修行僧のように、生の実践をしている馬子さんであることがわかってきた。
 3月31日に出会えるんだ。うれしい。
 最後にもういちど、記事風にまとめる。
 「馬子さん、1972年滋賀県生まれ。29歳のときから、5年かけ、バイクで世界を一周。その後は、モンゴルを馬で旅し、現在は京丹後市で2頭の馬と1頭の犬と暮らしている。」
 ようこそ、ようこそ。

   2019年3月例会
3月31日(日)午後2時から4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
杉野真紀子さん(馬と暮らしているのが好きなひと)の「風から教えてもらった、馬の話」。
参加費1000円。要・申し込み(私宅なので)。
交流会5時〜7時半。自由カンパ制。

 付記。手違いがあって、遅れた。ゴメン。
 4月例会は、4月28日(日)、桝本進さん(岐阜のゴーバル)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
風から教えてもらった、馬の話――杉野真紀子さんの3月例会へ、ようこそようこそ(その1)

 本人も周りのひとも、みんな、馬子さんと呼んでいる。
 その馬子さんに来ていただく(以下、馬子さんとするね)。
 まず発端は、浜地弘子さん。「夫(広光さん)が馬に出会って馬を学んでいます」というハガキが来たこと。浜地さんに来てもらって、話を聞いたね(2017年1月例会において、ほっとニュース2017年2月12日号など)。
 次は塩田敏夫さん。「浜地さんが言っていた馬子さん本人に、実は会った」「京丹後になんと来ていて、住んでいるのです。もう、びっくり」と電話があった。
 昨年末にも塩田さんから再び電話。「馬子さん、冬なのに、半袖シャツ。土間に寝ているようだ」「馬に乗っけてもらって、ブナの森の中へ連れていってもらった」とやや興奮気味。その勢いで、「論楽社に来てもらったら、どうですか」と提案される。
 「よし!」という直観に動かされ、馬子さんに手紙を出す。即返事。快諾。「いつにするか」と私が電話し、ポンポンと決定。
 その話を浜地さんに電話すると、大喜び。「馬子さん、ちょっといない、すばらしいひと」(広光さん)と、感きわまるという感じ。
 以上で明瞭なように私は馬子さんに会っていない。
 会っていないけど、友人たちの熱気が吹き上げる風の力を信じる。
 3月31日に馬子さんに初対面だ。3月31日、私といっしょに馬子さんを迎えてください。
 世界130ヶ国をバイクにひとり乗って旅したこと。京丹後の高校で産休の英語教師していること。二頭の馬と一匹の犬と暮していること。(どうも)無所有に生きることを求めているひとで、お金もモノも持っていない(らしい)こと。
 馬子さんについて知っていることはこれだけだ。
 ほんとは馬に来てもらうといいんだけど、現実には無理だ。
 塩田さんが車で送り迎えしてくれる(ありがとう!)。
 馬子さんを座の中心にして、縁あって足を運んでくれる参加者とともに語りあおうということだ。みんな、現世の裃(かみしも)を脱いで、おしゃべりしようということ。ピンと来たひと、来てね。
 ようこそ、ようこそ。

  2019年3月例会
3月31日(日)午後2時から4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
杉野真紀子さん(馬と暮らしているのが好きなひと)の「風から教えてもらった、馬の話」。
参加費1000円。要・申し込み(私宅なので)。
交流会5時〜7時半。自由カンパ制。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 22:50 | comments(1) | trackbacks(0) | - | -
道心の音楽――中村徳子さんの2月例会レポート

 2月17日(日)の中村徳子さんの2月例会を15人の参加者とともに味わい尽し、そうして(いつものように)体の疲れとともに10日も過ごしてしまったな。
 遅くなったけど、レポートしたい。
 当日15分ほどの対談おしゃべりを計画していた。単に導入部として考えていた。
 ところが、当日なんと1時間にもなってしまった。
 しゃべりすぎたかもねえ。
 私は楽しい対話だったけど。
 同じこと、いまここで書くのも芸がないし……と思っていたら、こんな短いハガキが届いた。
 当日の感じを伝えてくれているハガキだ。
 「『言葉が紡ぎ』だされて貴重な体験。即興の祈りという点ではジャズを想起するものがあり(略)」(Hさん)。
 そうです、そうです、Hさん。
 古いジャズ。古楽器演奏までのヨーロッパ音楽。そうして、インド音楽。みんながみんな、深い、自在な音の世界。
 徳子さんの音。「こういう音を味わいたかった」という音。「こういう」と書かれたって、伝わらないんだけど。
 現代日本の社会、米国の音楽(ジャズは一応入るんだけど)に晒されてしまっているんだ。米国の植民地支配もあるけど、ワシらの社会の特色のひとつでもある。どんな空間に入っても奇妙な、人工的な、フラットな、ゴミのような音のBGMに満ち満ちていて、暴力的な空間をつくっている。おまけにそれをサーヴィスと思っている。それは暴力だ。
 徳子さんの音。そんな音楽産業の音なんかではない。
 道心の音である。道心の音楽だ。サレガマパダニ(インド音楽の音階)。それぞれに音がいて、タンブーラの弦の音が支え、響きあいの世界へ誘ってくれるのである。
 ありがとう、徳子さん。
 楽しかった。ありがとうね——。
 交流会で歌のプレゼントがあったね。参加者の中塚智彦さんが私の詩「待つこと」に曲をつけ、歌ってくれたのである。中塚さん、感謝(詩「待つこと」は、連載コラム「いまここを生きる」第343回の「夕映えの山」から)。
 さて、次は3月31日(日)、「風に教えてもらった、馬の話」。
 馬とともに生きている“馬子さん”。本名は杉野真紀子さん。
 残念ながら、馬は参加できない。
 では、詳しくはまたね——。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

このページの先頭へ