論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
連載コラム「いまここを生きる」(第334回)ウラヤマ(その6)

 ウラヤマへの紀行。その6回目。
 11月の初めの休日に、再び比良山系の白滝山(1022メートル)と白滝谷へ行った。
 2018年のいまここの紅葉に出会いたかったからである。
 ブナ、ミズナラの紅黄葉にスバリ出会えることができた。ありがたい。
 気品のある姿でそれぞれの木々は最期を鮮やかに染め、散っていた。
 落葉は死では全くない。死も生もない「大いなるいのち」に続く。来春の芽吹きに備えているのである。
 白滝谷の紅黄葉は見事。下山するとき、まだ昼の1時半なのに、すでに谷は日陰が始まり、木枯らしが吹き始めた。
 カエデもブナ、サワグルミも、すべての紅黄葉が巻き上がり、吹き上がっていった。
 昔々のこと。火山活動で比良山系が生まれた。その後に凄まじい断層が生まれ、琵琶湖側が陥没(その結果、川が塞き止められ、いまの琵琶湖が生まれる)。同じような断層(花折断層といって、いまも活断層、若狭の原発のほうに連なっている)によって、安曇(あど)川側も陥没滑落しているのが、たとえばいまここの白滝谷。傾斜20度を超える急斜面の谷。
 花崗岩に覆われているから、白っぽい。白い滝が次々と現れ、紅黄葉がしきりに回り、飛んで、舞っている。
 言葉を失う。ただ見ていた。美しい――。
 山行コースの説明、忘れていたね。朝8時に岩倉の花園橋から京都バスに乗る。花折峠を越え、坊村に1時間後に着く。
 バスを下りるほとんどの人は主峰の武奈ヶ岳(1214メートル)へ向かう。私ひとりは明王谷を登り歩く。
 伊藤新道から直登。30分でワサビ大滝(落差20メートル)、いくつかに流れが枝岐れし、流れている。
 トチノキの大木がどかーんと立っている。見事だ。
 そこからがきつい。体力的にヒーヒー。スギの植林地を傾斜20度〜25度の急山道を登ることになる。
 大滝から1時間で白滝山の頂上に立てたから良かったけど、「あれがもう30分、40分も続いたら……」と思った。63歳のいまの体力の限界かもしれない。いままでは「路傍の小さな花を傷つける」と思っていた杖(トレッキング・ポール)の使用を考えようか、と思ったほどだった。
 白滝山も頂上らしい展望はない。冬木立のブナが立っているだけ。それはそれで美しい。音羽池などに下り、夫婦(めおと)滝へ、急斜面を下りていく。
 ここで「武奈ヶ岳はこの道でいいのですか」と実に奇妙なことを聞くおじさんに会った。びっくりぎょうてん。これって、八坂神社で「上賀茂神社はもうすぐか」と聞くようなもの。「決定的な間違いを4回はしている」「どうして大橋小屋からココに来てるんだ」と思ったけど。もちろん、そんなことは言わない。言えない。「ココから白滝山へすぐ登ることができますから、そこから下山し、坊村へ下りることを、心から勧めます」と言ってみた。あのおじさん、ちゃんと家に帰っただろうか。
 そういえば、伊藤新道で大津市消防局のお兄さんに会った。新人の隊員の訓練を兼ねた見回りをしている、と言う。地図も持たないで(もちろん磁石なんてない)、比良山系にやってきて、「私はいまどこにいるのでしょうか」と109番電話していくひとが年間20人はいる、と言う。109番のヘリコプターはタクシーじゃないのに、ね。うーん。
 夫婦滝(落差25メートル)の清楚な、立派な姿を眺め、白滝谷を下っていった。橋のない丸岩だらけの“流れ橋”が3か所もあり、なんとか渡り、3時半に坊村に戻った。
 忘れられない白滝山、白滝谷。ブナの紅黄葉の別天地。
(11月15日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」(第333回)ウラヤマ(その5)

 ウラヤマの5回目。
 ヒマラヤへ行って逍遥することなく、ずうっとウラヤマをただ徘徊してきたな——。
 そう思って、気づき、始めるウラヤマ紀行の5回目。
 10月の終わりの休日に、比良山系へひさしぶりに行ってみた。「リトル比良」と呼ばれているコース。ちょうど2年前に明子と途中まで登ったところ。
 初めにひとこと。行ってみて、びっくり。いま、京都や滋賀の山の倒木が凄まじいことを伝えておきたい。2か月前の台風21号の40メートルの暴風の爪痕だ。50年間の私の山行史の中でも、こんな倒木は初めて。どの地点からも何十本、何百本という倒木が見えている。
 登山道に覆いかぶさった倒木の多くは山岳会のひとたちによって切断され、整備されていた。でも、きっと全登山道はまだ整備しきれていないだろう。今後の山行、気をつけないといけないね。
 比良山系の琵琶湖側の花崗岩の山塊は長い、長ーい崩壊期の途中のいま。弱くて、脆い。いわば、ボロボロ、ポロポロ。痩せた、その地に必死に生えた赤松、杉が次々と倒されている。
 しかし、赤松たちは摂理をよく知っている。倒木にはキノコがこれから生えて分解され、さまざまな種子が倒木から育っていく(倒木更新)。倒されても立ち上がっていく生命力を示現してくれる——。
 話を戻す。JR湖西線の近江高島駅を下車し、8時に歩き始める。
 赤トンボの集団が集合しあっている。赤トンボといっしょに登る。肩や頭に盛んに止まってくれる。ゆかいにエネルギーをいただく。
 登り上がると、白坂あたりから琵琶湖が見渡せる。遠く伊吹山や鈴鹿山脈もはっきり見える。
 気持ちがいい。雲ひとつない。秋晴れ。日の暖かみが体に気持ちよく差してくれる。
 山の中でしばしば日向(ひなた)ぼっこをする。
 山行しているひとが他にいないので、花崗岩が露頭しているところで(山道なんだけど)、のんびりと実際に目をつむってみる。小田川の上流の小さな滝が落ちる音が聞こえてくる。
 しずかな時。2、3分、ほんとうに眠る。
 しあわせな、充足のめざめ。
 これは、実にいいコース。
 なんでいままで知らなかったのか。
 リトル比良の最高峰の鳥越峰(702メートル)だ。頂上らしさも何もない。ただ「鳥が越えていく」だけの峰。しずかな峰がいい。
 その峰の手前のオウム岩がすばらしい。
 30メートルの巨岩の花崗岩。独立し、屹立している。
 比良山系の武奈ヶ岳、釣瓶岳、蛇谷ヶ峰がはっきり見える。赤坂山など若狭との県境の山脈も見える。琵琶湖の北部はもちろん伊吹山の北の金糞岳もくっきり見える。つまり270度の展望が可能となる岩である。
 鳥のオウムのような形の岩とも思ったけど、世界の始まりの響きの名の「オーム」であろうと思った。
 その名を奪取した宗教団体があった。主唱者をはじめ何人ものひとびとが大逆事件のように死刑にあった。あのひとたちの動き、すべて雲の下のこと。雲の上の青空ではなかった。死刑になったあのひとたちへも殺されたひとたちへも、ナムアミダブツと口に出して、しばらくいた。他に山行者がいなかったし。
 こんな岩は他にないかもしれない。
 ひそかに私の「風の岩」と名づけた。
 土、木、草、石、岩からエネルギーをいただいて、寒風峠からオトシ湿地へ下り、楊梅滝を眺め、北小松駅へ下りた。
(11月8日)

続きを読む >>
| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」(第332回)青い空

 論楽社には「紙リサイクル」というハンコがある。私あてに送られてきた封書の住所のところに白い紙を張り、再利用。30年近くやっている「ひとり市民運動」。どうも面倒と思われるようで、1〜2人にしか広がっていない。私、こういう手作業が好きなんだ。
 新しい小型ハンコが加わった。小さなブッダ。右手を上げている。ブッダが「やあ、調子いいね」と言っているようだ。そう思って、奈良の国立博物館で求めた。
 そのリトル・ブッダのハンコを手紙、ハガキにポコンと打って、「いまここを生きる」「いまここをほほえむ」と書き添えている。でも、少し押し付けの感じも湧く。いろいろと考えた結果、結局のところ「ともにいまここを生きる」へ辿り着く。
 これだ。心の底から思える。これがいい、と。ともに生き、ともにほほえんでいくようになってゆきたい。
いまここしか、主体として生きることができないのだから、明日のためにも、少しでも、生々と在りたい。いまここを生きる。ともに。
 そんな10月の日録の抄録——。

 

   10月10日
 石川真澄というジャーナリストがいた。私は好きで読んでいた。思い込みのイデオロギーの時代に、誰もが目にしている表やグラフのデータを中心に政治を論じていた。どんな現実主義者の論よりも現実を捕らえていた。
その石川さんに『ある社会主義者——羽生三七の歩いた道』(朝日新聞社、1982年)がある。35年たって、再読。名著と思う。文庫版、出してほしい。
 羽生(はにゅう)三七(さんしち)。父親が37歳の子だから、付けた。後に「なんでこんな変な名を付けたのか」と父に聞いたら、「選挙のとき連呼してもみんなの心に届くだろうが」と言われた。なんと捌(さば)けたひと。そういう現実を見る目が父にも子にもあった。長野の伊那谷の米穀商の日々で培われたもの。現実が理想を鍛え、理想が現実を育てていくことが体に染みていたんだ。小学校卒で「ともに生きる」活動を志し、戦後に参議院議員のとき、日本で最初に非武装中立を提唱していったことも同じ現実感ゆえであった。ちょうど石橋湛山が持っていたのと同じような現実感ゆえだった。

 

   10月—日
 明子の里へ行く、実家の寺のウラヤマに登る。「登山道が整備された」と聞いたゆえ。
 そのウラヤマの名は大飯(おおい)ヶ辻山(1040メートル)。別名は井河内(いごうち)大山。
 明子と往復3時間のハイキング。全山が黄葉紅葉。腐葉土のあったかい香りに満ちる。杉の植林がゼロ。大山(だいせん)信仰の山だからだろう。
 頂上からはその大山、船通(せんつう)山、道後山が見渡せるか、と思ったけど、あいにくの雨。水墨画のような色合いの山々があった。
 忘れえぬ山。

 

   10月26日
 映画『モリのいる場所』(2017年)をやっと見た。
 熊谷守一(もりかず)の伝記映画。『へたも絵のうち』(平凡社ライブラリー)の絵かき。大好き。
 仙人というイメージを展開しているんだけど、どこかちょっと空転しているのを感じた。音楽の奇怪な感じが少し示現していた。それぞれの表現があっていいし、それはそれでおもしろいけど。
 仙人じゃなきゃなんだ。私は意識を包み込む青空を見つけ出したひとと思っている。透明で深い生命の泉が溢れ出してきたのだと思う。子どもを餓死させたころから、ふしぎに意識の底の青空を見つけた。あまりもの悲が導いたと思っている。
 「さあ、学校へ行ってらっしゃい」と妻が言う。夕食が終わってから「そうや、学校へ行ってくる」と立つ守一。学校とはアトリエ。絵を画くという修業するところ。
 守一は97歳まで修業し、青空を深めた。いい映画。

 

   10月—日
 本田哲郎さんの自主的な聖書(ローマの人々への手紙)の研究会が伏見の教会で開かれている。3回目の参加。
 仏教で最も大切なことをひとことで言えば、慈悲だ。
 本田さんのキリスト教において、その慈悲はもっと深められている。「小さくされた、低くされたひとびと」をまっ先に神が見つけ出しているのだから、気づくこと。そういうひとびとを大切にしていくことがすべてのひとびとを救済することに至るということ。無教会派の仏教徒の私にも、その気づきは大切であるということ。
 「これだ!」と思い、参加。
 私の青空発見。
(11月1日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」(第331回)1987年革命

 もう、ちょうど1か月たった。
 映画『1987、ある闘いの真実』(韓国、2017年)を見た。
 頭の芯からいろんなことを考えさせる韓国映画だ。
 デモの学生を殴打する。ふつうの市民を水責めで尋問する。
 その光景。その音。
 それらは、その7年前の光州の住民虐殺事件(あの映画『タクシー運転手』のとおり)の影響の深まりの中で起きた。
 1987年6月の民衆民主化抗争の姿。革命の姿。
 当時、月刊誌『世界』(岩波書店)に「韓国からの通信」という連載があった。1973年5月号から88年3月号にかけての15年間のこと。匿名の「T・K生」が報告するという地下秘密レポート。
 毎号毎号「T・K生」をまず読んだ。
 抗議ハガキを出すぐらいしかやれていなかったんだけど、殴打する音が聞こえるわけないのに、聞いていた気がしていた。水責めの音も同じように聞こえるわけないのに聞いていたような気になっていった。
 徐(ソ)兄弟事件をはじめ、京都からの在日の留学学生たちをスパイに仕立てる事件も多発。その獄中からの通信を、何度も何度も読んで、読み直し、わが人生を考えていた。間接的ながら、一日本人の私もほんの少し同時代を生きていた。あの時代、あのとき——。
 ちなみに2003年にその「T・K生」は池明観(チ・ミョンガン)さんとわかる。韓国の地下ルートを経て、欧米の韓国人ネットワークを潜り、東京の池さんへ。都内のどこか(毎回変える)で池さんから安江良介さん(当時の編集長)に手渡され、即座に書き写した(池さんの筆跡がわからないように、池さんの原稿も捨てる)。安江さん自身も安全を警戒しながら生き抜く。後で安江さんから聞いた。
 各国語訳が刊行され、国際世論が喚起されていった。これは1987年の民主化抗争の勝利の援護射撃になった。
 当時の韓国のひとたちの感じが伝わってくるマンガ『沸点 ソウル・オン・ザ・ストリート』(作はチェ・ギュソク、訳・加藤直樹、ころから、2016年、以下本書とするね)を縁あって読むことができた。
 韓国のマンガを初めて読んだ。おもしろい。まるで映画『1987……』の原作のようなマンガなんだ。地域の図書館にリクエストして、実際に手にしてほしいな。
 朴正煕(パク・チョンヒ)から全斗煥(チョン。ドゥファン)への15年間、どれだけ韓国の民衆が苦しんだか。その理由のひとつに、権力の正統性のなさがある。朴政権もひどかったけど、クーデターによって奪ってしまう全政権の正統性は全くなかった。光州の民衆を虐殺し、恐怖政治を敷こうとしたけど、失敗。7年しか持たなかった(こういう全政権を、どの他国よりもはやく承認したのが日本政府だったことは決して忘れてはいけない)。民衆の底力からすれば、7年もよく持ったのかもしれない。結果は1987年6月の民衆の勝利。でもそれは結果。当時は、あと30年かかると思ったかもしれないし、あと50年かかると思ったかもしれないと思うひともいたはず。勝利は明日か。明後日か。わからなかったはず。
 マンガ中の獄中対話。逮捕されたもの同士の対話。
 「世の中も100度になればかならず沸騰する。そのことは歴史が証明している」(本書P.96)。
 「オレだって分からなくなる時があるよ」「だけどそのたびにこう思うのさ」「今が99度だ。そう信じなきゃ」「99度であきらめてしまったら、もったいないじゃないか。ハハハ……」(同P.97)。
 この「ハハハ」の底力だ。
 強い生命力だ。涙が出るほどの、とてつもない生命を信じる力だ。
 同じ民族が分断され、熱戦冷戦に苦しめられても、韓国民衆は乗り越えられたのである。
 深い敬意を持つ。人間社会、韓国だっていろんなことはあるだろう。でも、こういう民衆革命体験は死んでいない。凄いことだ。
 人生皆苦。苦は思いどおりに進まないことを言う。日本の場合、それに米国や天皇の支配圧力が加わり、助けあうべき共同体は壊れた。
 そういうときこそ、慈悲(じひ)だ。どんな宗教も学問も慈悲を生むためにこそある。人生は思いどおりには行かない。だからこそ、思いがけぬ慈悲を受けあうことによって、前へ進む。その慈悲の行為を繰り返すこと。それがいつの日か、「ハハハ」の底力とともに歩める。韓国ではない形で、ワシらの「ハハハ」も示したい。いまここから始めよう。いまは明日に続くのだから。
 もっともっとワシらは関わらねば。「かかわらなければ路傍の人」(塔和子)なのだ。そう、いま思う。
(10月25日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 06:10 | comments(1) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」」(第330回)水のかすかな音(ね)

 大阪の門真の友人から小さい本が届いた。
 『いのちの水』(トム・ハーパー、訳・中村吉基、絵・望月麻生、新教出版社、2017年、以下本書とするね)。
 ちょうど1か月前に岩倉図書館へリクエストを出した本だったので、図書館から連絡が入る前に、友人から届いて、少しびっくりした。
 「キリスト教が舞台ですが、仏教でもイスラム教でも同じ問題を抱えていると思います。もし、もう入手済みで読まれていたら、またどなたかにおまわしください」と手紙が添えられながら。
 ありがたい。ありがとう。
 短いので、すぐに読了。でも、もういちど、さらにもういちどと読み返す。何回読み返せばよいのか。きっと本書を必要としないときまで、読みつづけなければならないだろう。そういう本書だ——。
 本書は寓話。「むかしあるところに、岩だらけの広い荒野があった」と始まる(ページが打ってないので、明記できない)。
 その荒野に巡礼道があり、「岩から水が湧き出ている場所があった」。
 この泉は誰が発見したのか、わからない。
 そうして、これがきわめて大切なのだが、誰のものでもない。水というものは、もともと誰のものでもなく、生きとし生けるものたちのすべてのものである。
 「ただ単にのどの満たされることを体感して驚き、喜んだ」。
 「その水を飲むと体も心もいやされ、希望と勇気がふたたび強められたのだ。人々は生きることに新鮮な意味と豊かさを発見した。それぞれの重荷をふたたび担い、新たな思いで歩きだすことができるようになった」。
 この泉は「生きる水が溢れる場所」と名づけられ。「いのちの水」と呼ばれるようになった。
 時を経て、ひとびとはこの泉に感謝し、記念碑を建てるようになった。
 その碑はしだいに大きくなり、聖堂になり、周囲はなんと高い壁で包囲されてしまう。
 儀式が生まれ、規則が定められる。水を飲めるひとも限定される。
 その限定政策をめぐって、争いが生まれた。戦争は最悪最低最大のいのちへの犯罪。いのちの水をめぐって、戦争がはじまるのである。
 勝ったひとたちは、いっそう大きな記念碑と壁を造り、泉も覆われ見えなくなり、ついに忘れられてしまった。
 「神殿のかたわらを通り過ぎるとき、むかし聞いた隠された泉の物語を思い起こし、言葉にできぬほど強い懐かしさと憧れに捉えられた」。
 泉を管理するひとに「誰もがふたたびその水を飲んで力を得られるよう」と迫るひと(預言者)が現れたけど、殺される。
 「ごくわずかな巡礼者たちの耳に、ときおり奇跡のような音が聞こえていた。(略)はるか深い底から聞こえてくる、流水のかすかなこだまだった。そのとき、決まって人々の眼は涙で覆われるのだった」で本書は終わる。
 いろんな解説や説明は可能。でも、あえて止める。
 このラストの「はるか深い底から聞こえてくる、流れのかすかなこだま」の音を、いまここでも味わいたいと思う。
 どのひとにもある「いのちの水」だ。その音は。
 そんな音がすっかり聞こえなくなっているひともいるし、その音の存在自体を疑っているひともいる。
 もともとみんなにある音。宗教以前の、中村哲さんの湧き水のような音。聞こえてほしい。
 「かすかなこだま」の音がいまここにある。
 その音によって、地上の権勢を相対化させる精神の運動が生み出される。そのささやかな精神の運動を、ただ宗教と呼んだだけ。もともと何もない。相対化できなければ、宗教に存在価値はない。地上の価値を絶対化し、その価値を体現しないひとを差別するようなものは宗教ではない。そんなことを本書は示現している。
(10月18日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ