論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
連載コラム「いまここを生きる」(第361回)プラグを抜く、酒以外で

 考えることって、わが知恵の悲しみを知ることである。
 何か。
 具体的に書き記してみる。
 つまらないこと、書くけど、何かの参考になれば、うれしい・
 たとえば、酒。アルコール。
 ごぞんじのように、私は酒好き。酒が体質に合う。
 もう、40年間、飲んできた。
 酒。劇的に気分を高揚させる。向日性で、光に向かって、登らんとまでする。
 ところが、アルコールもやはり薬物。覚めていくときの虚脱後悔の感じ、快くはない。向地性で、大地に落ちていく。
 なだいなだ『アルコール問答』(岩波新書、1998年)は、アルコール中毒をめぐっての対話だ。
 とってもおもしろい。
 なぜ中毒になるのか。そのひとが弱いんじゃない。そのひとのせい(自己責任)ではない。断酒しようとする「心のスウイッチ」そのものがこわされてしまっているからだ。
 他の中毒症だってみんな、同じ。「スウイッチ」が壊れるだ。
 私は気づいたら、飲酒文化(男性優位文化、体育会系文化)に染まっていた。高校1年生のとき居酒屋へ行ったのを覚えてる。それこそが「大人の男」だと勘違いしていたのである。
 全くの誤解だった。大酒飲むのがいいなんて、飛んでもない。
 いまでも飲酒許容文化が蔓延し、欧米では全く考えられないことだが、酒のコマーシャルがTVで一日中流されている。
 ちょっと前まで、ビールをグビグビと音を立てて(うまそうに)飲む光景をTVで流していた。
 子どもが見ているのに。激しい副作用があるのに。
 いまも100円台の安い酒がカンタンに手に入るのである。
 日本人が得た自由は「アルコール中毒になる自由」だけではないか——。
 戦場のような企業生活の中で「プラグを抜きたい」と思っても、それが「いっぱい飲もう」になってしまっているのではないか——。
 呟いてみる。
 20年ほど前から少しずつ禁酒日をつくるようになってきた。私は無酒日と呼んでいるけど。
 月に10日がせいいっぱい。
 この5年、月にやっと15日になって。
 今月は風邪のせいもあって、16日(きょう5月20日時点において)。だから「どうしたの?」「そんなこと、やっていたの?」という話なんだけど。
 そうして、少量の酒量を3時間かけチビリチビリと飲むクセもつくりはじめている。最初に計量して、「これだけ」とオープンにし、熱燗にするなんて、わかりやすい。
 おもしろい方法を見つけた。飲酒文化の本道からはずれるんだけど。
 まずは月に無酒日20日をコンスタントにキープしていきたい。
 半分壊れかかった「心のスウイッチ」も動き始めてくれる。ゆっくり、ゆっくりだ。
 ただ禁酒すればいいというもんではない。
 すこやかに心が落ち着いていなければならない。
 もっともっと魂を守ってゆきたいのだ。
 酒が悪いわけじゃない。今後も何かの祝いごとのとき、パァーッと、植木等のように飲みたいと思っている。
 酒はひととひとを結びつけ、歌って、踊ることができる。阿呆になることは大切だ。
 けれども、酒だけに頼ることなく、酒なしでもまずはコミュニケーションがちゃんととれている文化をつくっていなきゃ、それぞれのひとの魂が守れないんだと思う。
 それどころか、ひとりひとりが孤立している。激しい孤独におそわれている。
 浜田晋『病める心の臨床』(医学書院、1976年)を読んでいても、ひとりぼっちの孤立感が「病める心」を育てているのを感じる。アルコール中毒、ギャンブル中毒、ニコチン中毒。そうして性犯罪。
 すべてに、まず、深い孤独がある。
 産業革命以前は、みんなアルコールを手で醸造していたので、中毒になるほどに提供できなかった。工場で大量醸造ができるようになって、初めて本格的な中毒者が続出してきたのである。
 プラグを抜こう。アルコール以外の方法で、私は抜きたい。
 魂を守ろう。
(5月23日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」(第359回)知識以前の何か

 きのう(5月6日)の夜に、アオバズク(フクロウ)が鳴き始める。
 隣(正確に言うと、隣の隣)のケヤキの2本の大木へ東南アジアの熱帯雨林の森から渡ってきたのである。
 アオバズクの春が2019年も始まった。
 きょうの夜も、さかんに鳴いている。
 アオバズクは異性を求め、ただホーッ、ホーッと鳴くんだけども、いま、私にはなぜか法ー、法ーと聞こえる。おもしろいね。仏法のことをしきりに考えていたからだ(苦笑)。
 じゃあ、何を考えていたのか。
 少し綴ってみる——。

 

      知識以前の何か
               虫賀宗博
父の声がする
父に連なっているひとびとの声がする
父は『教行信証』を読まなかった
『歎異抄』の話も聞いたことがない
ただ聞法(もんぽう)しただけの無口の農夫だった
2時間、3時間かけ、歩いて寺を訪ね聞法していた
田舎近辺に父が足を運ばなかった寺はない
聞法して父は何を得たのか
知識以前の何かである
態度と言うべき何かなんだ
『浄土三部経』を読破しておれば、そのひとの精神はどれほど深くなるのか——
行(おこな)い、行(ぎょう)でしか語れぬことがそのひとにはあるのか——
そんな問いと同じかもしれない何かだ
妙好人(みょうこうにん)が生まれていく何かである

実家を18で出ていく私に静かに語った父の声
《お前には業(ごう)の深いところがある、その業ゆえに壁にぶつかるときこそ、親様を頼みとしろ》
親様は父母、父母の父母……と連なっていくいのちの根源
いのちの根っこを暖めつづけている光
親様によっていまここに包摂されている
気づいていくことしかできない
じゃあ、何に気づいていくのか
《瞑想とは内観(ないがん)のことだ》
これもいつか呟いた父の声
ひたすら包摂されてあること
瞑想内観しなければ実感できない
「ひたすら念仏せい」は「只管(しかん)打坐(たざ)——いのち自らがただ覚(さ)めるだけの坐禅」のことであるもわかってくる
語り得ない何かは同じなんだ
知識以前の何かにおいて同じなんだ
このことと同じように
たとえキリスト教であろうが、イスラム教であろうが、無神論者であろうが、仏教であろうが、その何かに気づいてさえおれば、全く同じで、それぞれのすべてがただひとつに包摂されてあるのである
「すべての宗教が同じだ」なんて言っているのではないけど
宗教の出口は似ている
びっくりするほどに
「互いに大切にしあいなさい」と「アクティング メッタ(行動する慈悲)」は全く同じではないのか
宗教の入口でケンカしていては情けないではないか
以上これらすべてのことをいのちという青空が支え、いのちという風が包み、いのちという水が洗っている
そのいのちが、父の言う親様
「生きてゆけ、大丈夫だ」
(5月9日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」(第358回)新しいひとの創造――『わたしはよろこんで歳をとりたい』

 私たちがどういう時を生きているのか。
 4月27日から5月6日までの10連休というのが、どんな時かを示現している。
 共産主義。ファシズム。
 互いの暴力闘争。狂った理想、歪んだ理念が猛威をふるった時をいまなお生きているということを改めて示している。
 近代日本の社会の中心に天皇制がある。その天皇制がファシズムと合体し暴威をふるった。
 その天皇制を乗り越えることはいまだにできていない。
 なんていえばよいのか。この気色悪い感覚をどう言えばよいか。
 ワシらの内部に次のような心性(メンタリー)を育てていくのが天皇制。
 内部は無力感劣等感に苛まれているがゆえに外部に万事を期待してしまう心性。
 場当たり的で受身で投げやりな差別的な態度を育てていこうという心性。
 これらの心性が現政権を生み育て、退位即位のいまをつくってしまっている。
 「対決するものの根づよさをようやく知りはじめたところである。それは日本の社会と歴史を背負いつづけた課題とひとしいものである」(1964年の島田等さんの「らい詩人集団宣言」)。
 この「宣言」、何度も何度も想起してゆかねばならない。
 どの人間社会にも歪みがある。ワシらの社会の歪みのひとつが天皇制。
 覆ってくる歪みの布をひっぱがして、ひっぱがして生きてゆきたい。わが生だけでせいいっぱいなのに、そんな布なんてジャマ。放り投げ、捨て去りたい。
 その歪みの根っこをみつめ、同時に私自身の自我意識の歪みの根っこを見つめてゆきたい。そうやって、生きてゆきたい。
 本は気づき。こんな本で気づき直そうか。
 いつもと少し違った小冊子。小写真集。ドイツのキリスト教の小さい本。
 最初、少し写真の選びかたや文章に馴染めないところがあった。でもチラチラと眺めているうちに、心にしみてくる本だ——。
 イェルク・ツィンクさんの『わたしはよろこんで歳をとりたい』(こぐま社、眞壁伍郎訳、2018年10月、以下本書とする)である。
 本文56ページ。写真20枚。どこから眺めてもいい、自在の本。
 ツィンクさんって、私、初めて知る。でも、ドイツでは300冊もの著作をなし、売上総部数が1700万部なんだそう。
 原著出版の翌年の2016年にツィンクさんは94年の生涯を閉じている。
 「齢をとったのは もうまぎれもない事実だ」「老いたのだ これもまぎれもない」(本書P.5)。こんな言葉から始まる。
 身にしみる老い。はっきりとした衰え。深い孤独。
 人生の秋。それも冬を迎え、死はすぐそこにいる。
 「人生の秋は 新しい命につながっている」(同P.32)。
 「わたしたちが生きている限り 神はわたしたちに働きかけていてくださる そして神が働いてくださるとことは つねに新しいこと 力に満ち ゆるし いやすものが育っている それはわたしとて同じだ 神による新しいひとの創造があるのだ」(同P.36)。
 「わたしはいま あの夕日が沈む 山の向こうの光のあるところに 立とうとしている」(同P.49のラスト)。
 ツィンクさんがラストで見るのは、おだやかな希望。
 社会の歪みの只中に私が感じるのも、乗り越え、乗り越えて行く道のかなたに光る希望。
(5月2日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」(第357回)山本太郎さん

 本屋へ久しぶりに行く。
 登山やラグビーの雑誌を1年ぶりに立ち読みする。
 新刊本のコーナーにおいて、次の本を見つける。「アッ」と思う。
 山本太郎さん(参議院議員)の『僕にもできた! 国会議員」(筑摩書房、2019年4月、以下本書とする)である。
 「なんや、このタイトルは」「けったいな名の新党(れいわ新選組)のこともあるし」と最初思ったけど、取材・構成が雨宮処凛(かりん)さんで、とにもかくにも政治なんか大嫌いなひとにも「この本を手にしてくれ」「ともに考えよう」という思いに溢れていると、すぐに思い直した。
 帰宅して、すぐに読了して思ったことをいま綴る。
 とにかく、まず、山本太郎さん、再選してほしい、である。1期6年だけで終わってはいけない。
 できたら、もう1人、2人と増え、10人の仲間の議員がいたら、かなりのことができる。日本をまともな国にしていく方向性が生まれゆく。
 「誰もが不安なく生きられる社会を作ることとは難しくなんてない。だってその逆を全力実験してきたのがこれまでの政治なのだから」(本書P.188、山本さん自身の「あとがき」)。
 このように言い切ることができるのが山本さんの魅力。
 「今の仕事(国会議員)について、死にたいという気持ちが現れるようになった。(長い中略)/死にたい理由の50パーセント。/ その半分は、ひどい現状を知った自分の痛みであり、半分は政治の場にいながらそれを動かせない無力感。(また中略)/死にたいと普通に考える社会を変えたいという思いがある。/あなたの税金で食わせている国会議員の一人が、どのような6年を過ごしたのか、チェックしてください。/この本を読めば、私が『死にたい』と思った気持ちの半分くらいは理解してもらえるかもしれない」(本書P.8〜10、山本さん自身の「まえがき「)。
 こんな告白を誠実にできるのも山本さんの魅力。
 高校中退の芸能人・俳優の山本さんが3・11の原発事故によって政治に目覚めていく。ヒバク者を日本社会が見捨てていくことにガマンができなかったから。
 そうして、山本さんは政治家になった。
 その政治家って、じゃあ、何なのか。
 いま、思いつく定義は「政治家の存在自体が公の言語になっていくこと」ではないか。
 「官」と「私」の間に、さまざまな組合、教会、クラブ、寺院教会などの集団領域が多層多種存在している。そのほうが心ゆたか。
 ところが、日本ではなぜか「公」が「官」になってしまう。「公」の言語も「官」の官僚用語になり、とにかく人間味を欠くことになる。ひとびとを遠ざけてしまっている。
 山本さんは「公」のままに、「私」も「共」も引き込み、共存させる。それは「私」の感情表現を十全にしているからだ。その表現に共感すれば、しだいに「私」の居場所が生まれ、「私」と「私」が互いにつながり、「共」に居場所が生まれていく。
 本書の白眉は、きっと経済政策のところ(第4章だ、読んでみて)。ゼニのことをちゃんと押えていかないと、単なる進歩派。
 現政権がやらなかったことをやっていくこと。そうして、みんなが等しくメシが食えること。これを実現するためにも、山本さん、トップ当選してほしい(東京選挙区)。
 米国米軍の植民地からも独立を果たしたい。みんなの願いという居場所を保ち、ひとつひとつ実現。そう願う。いま、はっきり、そう思う。
(4月25日)

 

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
原点ネパールへの旅――桝本進さんの4月例会へ、ようこそ、ようこそ(その2)

 「ゴーバル」の桝本進さんは、山形県の雪深い山奥の村で生まれた。
 こんなエピソードを聞いた。
 進さんの小さい時の話だ。
 進さんの周りの大人たちが「大きくなったら、何でメシを食うのか」と言うのを進さんはよく耳にする。小さい時の進さんの内部で「何で」が「何を」に変容。
 「大きくなったら、オレは何を食うのか」となる。「この草は全く食えない」「でも、あの草はうまいぞ」と、道や川、森じゅうの草を進さんは調べぬいていった、と聞く。
 進さんの直観だ。野生の直観力である。
 この野生が進さんの中心になるんだ。
 こういう野生、野性の力を信じるし、好きである。
 進さんは、山形のキリスト教独立学園の中で生まれた。祖父はうめ子さん。父母は忠雄さん、華子さん。それぞれがその学園の教員だった。
 ひと学年、ひとクラス25人。計75人の小さな、小さな高校。「読むべきは聖書、為すべきは労働、学ぶべきは天(自)然」の学園。
 全員が寄宿寮で暮らす。畑を耕し、家畜を飼い(これが学び)、みんなでつくり、みんなで食し、みんなで後片付けをする。
 この学園は野生の力を深めるんだ。
 進さんをはじめ、この学校の出身者によって、共同体「ゴーバル」が生まれていったのも、自然のことわり(と思う)。
 岐阜から日帰りで、4月28日には出てきてもらう。
 縁あるひとたちで出迎え、進さんと交流し、かけがえのないひとときを、ともに過ごしたい。
 ようこそ、ようこそ。

   2019年4月例会
4月28日(日)の午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
桝本進さん(岐阜のハム工房「ゴーバル」)の「ネパールへの旅の話」。
参加費1000円。要・申し込み(私宅なので)。
交流会5時〜7時。参加費自由カンパ制。

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

このページの先頭へ