論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
連載コラム「いまここを生きる」(第253回)靖国思想(その2)

 靖国神社へは、まだ行っていないひと、いちど行ってみる価値がある。
 いちどだけでいいんだけど。
 私は35年前に行ってみた。
 荒涼とした風景があった。兵器がゴロゴロと境内に展示してある。鎮守の森もなく、なんとも言えない荒廃した空気が漂っていた。
 心がザワザワとする。イヤな気分の靖国。この気分が靖国国家日本。
 神社という名は付いているけど、民衆の暮らしの内面から浮き上がってきた宗教心に根ざしていない。根ざしているように見せかけながらも、ポーズだけ。
 これは、死の宗教だ。戦死したひとを英霊として誉めたたえ、慰め、そうして、続けと要求してくる。「日本国家のために無条件に生命を捧げよ」と語る宗教軍事施設である。
 麦で言えば、靖国は毒麦だ。ひとを育てない。それを逆に黄金麦として崇めた歴史が切なく、悲しい。各都道府県に護国神社、市町村に忠魂碑をつくり、マインドコントロールしてきた歩みがつらい。
 もういちど想起しよう。きわめて大切なことだ。
 ワシらの日常を支えていた幕末までの基本的な宗教は小さな世界のシンプルな原始的な自然神崇拝。現世的な幸福と共同体の安泰を願うのみ。魂しずめ(霊の力を自分のところへ呼び寄せる)、魂振る(身につけた霊の力を旺盛にし、活発的に生きる)のである。
 それはそれで、何の問題もなかった。健康、長寿、豊作を求め祈って、何が悪いか、と思う。
 ところが、150年前に、いまのグローバリゼーションの走りの荒波が日本に押し寄せてきた。危機である。
 いわば空高く飛ぶ飛行機の窓を思い切って開けるようなことをしなければならなくなったのである。
 気圧が違いすぎる。機内は大混乱。
 大混乱の中、統一国家をつくろうとするときに、どういうわけか、ひとを育てない神社を新しく創設し、国家の中心に据えたのである。この靖国思想が毒麦のように蔓延してしまうのである。
 富国強兵と文明開化(西洋科学技術導入)で、ますます現世主義を強化していきながら、西南戦争という内戦、日清・日露戦争を戦う。
 日清・日露のときは兵士にまず国際法規を学ばせた。捕虜の扱い方にまだ気を使っていたのである。戦(いくさ)への対応も気を十分に使い、「戦は悪」という認識もまだ残っていた。
 ところが、しだいに国家を絶対、天皇も絶対、神聖なる天皇を頂点とする国家は神聖国家となっていくのである。政治は政治でしかないのに宗教的に絶対に正しいんだ、となってしまった。絶対的に正義なんて言っている体制は絶対的に崩壊するんだ。
 頼るべき小さな神も共同体も壊されたところに、戦場でどんなムチャクチャな行為をしても絶対的に正しい「国家のため」――としてすべてが帳消しになってしまうことになった。人間の芯が抜けてしまった。
 そんな枯葉のように乾き切ったひとびとの心に火が付き、非人間的な残虐行為が繰り返されたのである。
 道義的責任というのはその主体として私がなければ、感じないし、問われない。その私がないんだ。滅私奉公で軍隊でリンチを受けている間に「私が消えた」。責任っていうのは単に「言葉のあや」でしかなく、昭和天皇から一兵士まで、すべては追及を無視し、逃げた。
 敗戦後は天皇の上に米軍・米国が居すわり、戦前と全く同じ支配構造が維持された。
 靖国思想も敗戦後占領下だけおとなしくしてたけれども、すばやく復活し、建国記念日、元号法、国家国旗法……とコツコツと制定しつづけている(つづく)。
(4月27日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」(第252回)靖国思想(その1)

 為政者が不正に私腹を肥やす。特権者が理不尽に誰かをいたぶっている――。
 こんなことを知れば、誰だって、「えっ! なんということを」と思うはず。声を出し、為政者や特権者を追求するはずである。
 特権政治家の不正行為に対する怒りは志欲だ。仏教で言う三毒の怒りではない。方向性がある。いのちを壊さない。逆に大いなるいのちを育てる。
 隣国他国で同じような行為が為政者にあると、市民が声かけあって街へ出る。100万人もの街頭の抗議活動が行われる。
 日本ではそんなデモンストレーションはない。全くない。
 一揆や打ちこわし、倒幕と体を張っていた150年前までの日本人は完全に変化してしまっている。
 「なぜか?」と思いつづけている。
 言い方を少し変えてみよう。10年ほど前に「KY」という言葉が流布された。ご存知のように「空気が読めない」という意味の奇妙な略語。侮蔑語だ。ゆえにローマ字隠語なんだろう。
 いま私が問題とするのは、その「空気」だ。その「空気」を読みたい。
 日本列島を覆っているいまの「空気」のことである。
 その奇怪な「空気」の実相は何なのか。
 原因は何なのか。
 どこにあるのか。
 いくつかある。そのひとつが靖国思想だと思う。
 靖国って、こんな字を書いているけど、要するに「安国」だ。「日本国家よ安泰たれ」と祈る思想だ。国家神道という宗教と言っていい。日本列島に150年間漂う「空気」と言ってもよい。
 その「空気」を具体的に書いてみたい。何回かに分けて書きつづってみたい。
 明治以降の天皇制支配国家は宗教国家である。ご本尊は天皇である。儀礼装置として、靖国神社が代表。奇怪な復古神道をモデルに明治初年から創設建立した宗教施設だ。教育勅語が教義書だ。勅語を聖書のように扱う宗教だ。国家神道(国家がつくった神道)だ。
 宗教といっても、国家設計者たちは自覚的だったから、「超宗教」と明言した。宗教なんだけれども、各宗教の上位に位置する「スーパー宗教」。キリスト教、イスラム教という特定の宗教ではない宗教。日本人の多くが自らは「無宗教」と思い込んでいる。宗教とは思わせないほどに超越した宗教と言いかえてもいい。「空気」となった宗教なんだ。
 「超宗教」の「空気」だと思い知らされるために、まず廃仏毀釈(きしゃく)。徹底的に仏教を潰した。仏像を焼いた。
 神社合祀(ごうし)を徹底した。小さい神を壊滅させた。合併させた。鎮守の森を潰しつづけた(南方熊楠の深い戦いを思い出そう)。
 ちょっとズレるけど、神社合祀と同時に市町村合併を始めた。小さい村の、小さい神社を潰して、地名も変えていった。――つい最近の「平成の市町村合併」まで続く。行政は支配の効率化の効果を言う。ワシらにとってみれば、精神・心の空洞化としか言いようがない。
 廃仏毀釈と神社合祀までは、トイレの小さな神に花をたむけ、台所の火の小さい紙に手をあわせて、小さい神と一体となって、場所を清め、それが生活倫理ともなって、生きていた。せいぜい顔見知りの100人ぐらいのひとたちの小さな世界でいのちを育んできた。
 それが壊れていくのである。
 私が私でありえなくなっていく。
 自信が失われていった。私自身を失っていった(これって、実に大変なこと)。
 「二拝二拍手一拝」なんていう神社参拝形式もその当時の政府がつくったものでしかない。それまでは各人の自由な方法信心で祈っていた。
 それでもまだまだ頼るべき共同体の実態があった。村がまだ生きていたころまでは、なんとか心の安定が保てた。それが消えていった。
 幕末に来た欧米人たちの驚きの記録(『逝きし世の面影』)にある、安定したほほえみが消え去った。無表情に近い、新しい日本人が人為的につくられたのである。
 天皇制支配国家の原理は学校と軍隊によって日夜教導させられている(藤田省三センセを思い出そう)。ひとびとは歩きかた、話しかたまで変えていった。「ほほえみなんて軟弱」と思いはじめていった。
 村すら崩壊されはじめている1930年代(宮沢賢治は「村の消滅」を見つめている)。現代に通じる社会的孤立、そして不満不安、バラバラ感が発生。心が乾き切っている。何か月も雨の降らない森のよう。そこに火が付いた(つづく)。
(4月20日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」(第251回)下水道工事

 2017年4月、岩倉の現住所へ移舎して、ちょうど30年になる。1987年4月は国鉄の各労組を潰してJRが生まれたときであった。
 その節目にトイレを水洗に改修した。
 「アジア式ぼっとん便所」を大切に使ってきた。20日に1回のペースでていねいに汲み取っていただいたひとたちが、もう高齢。潮時だった。
 10日間の工事中の期間は30年間を振り返り、いろんなことを想起し、浄化する日々だった。
 凡夫の私の試行錯誤の日々。「こうすればよかった」と思いは残る。「水平への広がりが少しでも自らの内部にあったら、30年の歩みはあったのだ」と思いたい。
 その10日間の日録を綴ってみる――。

 

  3月―日
 下水道工事が始まる。いきなりコンクリートを切断する爆音から始まる。穴を掘って、管を通すのだけれども、凄い音が炸裂するんだ。
 おもしろいことが起きる。78歳の大将(工事会社社長)運転のフォークリフトが間違って、私の部屋の土壁をなぜかドーンと壊してしまう。アハハ。
 壁の修理をしてもらうために、部屋の片付け掃除をする。
 思わぬことによって、部屋の浄化ができるものだ。

 

  3月―日
 きょうも工事の爆音が響く。
 手紙を20通書く。30年間、ずっと手紙を書いてきた。「心を届けたい」との思いで投函してきた。それに「『もう手紙は不要』のときはそう言って下さい」という紙もそっと付加していく。
 30年が経った。互いに自然と年を重ねたのだから、「ありがとう、ありがとー」はちゃんと伝えて。

 

  4月―日
 きょうは裏庭に管を新しく埋める工事だ。裏庭の旧管に木々の根が入っていた。詰まってしまっていたのだ。道理で、排水がうまくいかなかったのだ。
 排水が機能しないと、どうしてもジメジメする。豪雨のあと、裏庭が大変だったので、原因がわかって、納得。
 入った、入れたものは出す。流す。その循環が何よりも大切。
 出会ったひとにはちゃんと別れる。また出会い直す。これだ。何よりも大切。

 

  4月5日 
 部屋の土壁を板壁に大工さんにつくりかえてもらう。
 きょう、李珍景(イジンギョン)さんの『無謀なるものたちの共同体――コミューン主義の方へ』(インパクト出版会、訳は今政肇さん)が届く。
 おもしろそう。コミューン主義(commune-ism)は共産主義(communism)の失敗から生まれてきたんだもんね。
 助けあう。支えあう。ひとびとはきのうも、きょうも、あすも求める。失敗しても失敗しても求めつづけるものだと思う。読んでいこう。
 けさ、夢でなぜか今政肇さんが出てきて、「大学教授になることは決まっているのに、講師や准教授になれないので、どうしたらいいか」という相談を受けていた(笑)。その日に届くなんて、おもしろいねえ。今政さんも新しく踏み出そうとしているんだ。よかったなあ。

 

  4月7日
 30年ぶりにジュディがニューヨークからやってくる。ジュディス・エイリーさんだが、ジュディと呼んでいた。ジュディは私の前住所の北白川のほんに近所に住んでいて、すぐ友人になった。
 妙なことを覚えていて、笑った。岐阜の鵜飼いの説明をするのに、私が鵜になり切ったパフォーマンス(のようなもの)をしたらしい。それを30年ぶりに説明してくれる。
 友人というのはいい。心を洗ってくれる。浄化された私自身に出会わせてくれる。

 

  4月―日
 水洗便器を付けられた。さあ、新しい論楽社をつくっていこう。31年目へ。
(4月13日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」(第250回)安住せよ

 (前回、前々回につづき)心の小さな種の、小さな発芽について、もういちど綴ってゆきたい。3回シリーズになってしまったけど、これがラスト。――おつきあいください。
 人間という存在の中にある、いのちのことを書きたい。

 

  安住せよ
 4月1日(土)にNHKスペシャル「雑草という小宇宙」を見る(「日本ひとごと放送局」の中で、こんな作品もあるんだ)。
 深いものだった。
 絵本作家の甲斐信枝さん(86)がなんと登場(いままで2回、書いてきたね。2017年1月19日「3億年を生きのびたすぎなのように」2月16日「生きた湧き水」を飲め」の2本)。
 道端の小さな草たちに甲斐さんが語りかける。「このひとがね」「あいつ咲いたね」とか言って。ヒト、アイツと呼びかけていた。私も大好きな草たちだけど、こんな呼びかけ意識を持ったことはない。
 甲斐さん、スゴイ。
 理由がわかった。甲斐さんの人生で火事を体験しているんだ。隣家から出火。夜2時のこと。間一髪で逃げたけど、膨大な植物のオリジナル絵のすべてが焼失。
 そのとき、声がしたという。植物たちがいのちの真ん中から呟いたという。
 「安住せよ」。植物たちは何億年に渡ってさまざまな危機を乗り越えてきた。
 「時間が必ず解決してくれるから(大自然にすべてを託して)、安住せよ」。
 甲斐さん、よりいっそう奮い立ち、植物たちに向かい始めたことは言うまでもなかった。
 小さな生きものたちを愛し切っている。愛し切ったひとは愛されるものだ。

 

   贈与
 出会って、そうして亡くなっていったひとたちはあたたかいものを贈与してくれている。
 生の次元は異にしているけど、死者たちはそんなに遠くにはいない気がする。きわめて近い気がしている。
 たとえば、金在述(キム・ジェスル)さん。伊奈教勝さん。実父。
 毎日想い、祈る。
 これらのひとたちの体全体から発する気の流れがいまだに、いまここでも起きている気がするのである。
 そういえば、9条も戦死者の贈与だった。死者は見返りを求めなかった。ただただ生者にあげた。もしも私たち生者にプライドがあるならば、戦死者たちを裏切るわけにはいかないのである。
 死者はたしかにいまいない。しかし、いないものなしには何も生まれない。いまの私たちをつくったのはこの世にいない、無くなったものたちである。忘れてはいけないことを忘れてしまっている。

 

  ある冥想
 こんな冥想がある。観想である。
 「それぞれのひとがどこかで私の父であり、母である」というものだ。
 この世、この世界では、無数の心ある存在いのちが無数の誕生を重ねてあるのであるから、ごくごくあたりまえの理のあることだ。
 計算してみよう。両親、祖父母、曾祖父母……と10世代300年遡るだけで2000人以上のひととひととの出会いがあるのである。あと5世代150年遡れば、6万5千人。もう5世代150年(総計600年)遡れば、なんと209万人だ。もう、私たちそれぞれが万世一系の存在なのであり、事実としてすべてのひとびとが兄弟姉妹親子なのである。
 自分自身にイジワルするひとが「私の父母」という冥想はとくに効果がある。
 慈悲心というものが耕され始めていく。
(4月6日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを生きる」(第249回)問いかけ

 (前回に引きつづき)私の心の土に蒔かれたいくつかの種の発芽に気づいてゆきたい。
 短い、無器用な断片メモのような、走り書きでしかない。
 私は私なりに、いまここを生きている。「そんなアホなことを思い、信じているのか」と言われても、沈黙する以外にない。ちょっとでも参考になれば、うれしい。
 以下5つのメモ書き――。

 

  ユーモア
 あたかも行き止まりの壁のように現在(いま)が思える。そんなとき。
 「壁の向こうには何がある?」と聞かれるとすると、どう答えるのか。
 よくわからないけど、こんな答えかなあ。
 向こうにも笑いがあると思う。ユーモアがあると思う。それらが日常の暮らしの実態の姿を明証していると思う。現在(いま)がそうだから、壁の向こうだって――。

 

  鴨
 池をのんびり泳いでいる鴨。
 世界を信じ切って、泳いでいる。
 ほんとうに世界を信じてる。

 

  麦
 いっぽんの麦。
 いっぽんの麦の根を全部つなげば、なんと600キロメートルの長さになるという研究者の話。信じられる?
 600キロといえば、東京から岡山までの距離。
 しかも、根の姿は見えない。
 とてつもない根の力によって、いっぽんの麦は立つ。


  問いかけ
 「草の生えた小道と倒れたリンゴの木を保つ文明」が滅ぼされ、その病みを「深く感じる権利」がひとびとから失われた時代が20世紀だった(E・M・フォースター)。
 日本の場合、「深く感じる能力」だった。その「能力」だけで、江戸期末まである文化のピークのひとつを形成した(『逝きし世の面影』)。
 明治以降の150年、その「能力」を潰しに潰した。学校軍隊そうして国家神道の力をもって潰した。戦後は米国も加勢して潰した。
「深く感じる能力」はほんとうに消えたのか。根のない木になってしまったのか。「小さな神」をほんとうに感じられなくなったのか。
 これらの問いかけが私を育てようとしていてくれる。

 

  川
 川の流れを見るのが好きだ。
 思い出す川の流れ。
 出雲湯村温泉から見る斐伊川。槍見温泉から見る蒲田川。故郷の堤防から見る木曽川。現住所地のカワセミがいる岩倉川。
 流れるものは消えていく。消えないものは、流され得なかったものが残していった映像だ。
 歴史は過去ではない。過ぎ去り得なかった記憶である。生きのびた記憶の現在(いま)だ。
 川はきょうも流れる。
(3月30日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ