論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
会費支援のお願い――いつ消えても不自然ではない論楽社ですから

 新しい年2017年分の会費を募ります。
 ひとくち1000円です。「潰れるなよ、ふんばれ」と送ってくださるとうれしい。

 

  論楽社 郵便振込口座 01060-0-33737

 

 「講座・言葉を紡ぐ」の100回目が森崎和江さん、117回目が本田哲郎さん。去年は休んで、今年5月の豊田勇造さんから再び動き始めます。
 月例会はもうすでに297回。
 毎月毎月運営できています。
 しかし、参加者が自然減少しています。
 「講座」と月例会は、みなさんの参加費とこの会費の助けによって、支えられ、運営可能になっています。
 どこからか、補助金が下りてくるわけではありません。
 内発的な支えが頼りなんです。

 このほっとニュースを見ていただければ、論楽社のいまここの動きを摑むことはできます。
 ありがたいことに毎週毎週11年半もの間、東京の友人の楢木祐司さんの尽力で制作発信できています。私がパソコンないにもかかわらず。
 ほっとニュースがあれば、十分です。十分なんですけど、この会費支援のことも考えてみてください。
 会員特典や割引があるわけでもポイントが付くわけでもありません。
 ただ直接に支え、直接にときどき手紙が届くだけです。
 いまどき手書きの、クセのある読みにくい字の、「ああだ」「こうだ」と綴るプリントが入った通信が不定期に、たまに送付されてくるだけです。

 

 小さな、いつ消えても不自然でない論楽社です。ホームスクール(家庭学校)も含めた論楽社、ともに歩む道を見つけ、生きた人間の、生きた道を見つけ出してゆきたいと思っています。
 たとえば私たちの社会は「論楽(がく)」すること自体がまだまだたいへん難しい。対話議論すること自体がいまだにケンカ対立抗争になってしまっているからです。
 小さいながらもまだやれることはいっぱいあると思っています。
 2017年も引き続き、支えてください。
 以上よろしくお願いするしだいです。

| 虫賀宗博 | 会費の呼びかけ | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
会費2016年
 2016年度の会費、募ります。
 ひとくち1000円です。
 「潰れるなよ、虫賀くん、ふんばれ、大丈夫だ」と送ってください。ドーンと。

  論楽社 郵便振込口座 01060-0-33737

 「講座・言葉を紡ぐ」の100回目が森崎和江さん、吉永小百合さん、アーサー・ビナードさんと続いて、昨年は里みちこさん、池田久代さん、そして本田哲郎さん(本田さんでひとつのピークでした)。月例会も285回。毎月毎月、月刊誌を刊行するかのように、運営できています。感謝します。
 ただ参加者が減っています。10年前に20人だったのがいま13、14人という感触でしょうか。
 もしも興味関心があえば、「久しぶりに行ってみようか」と再考捉え直しをしていただきたいと願っています。
 というのも、「講座」や月例会の運営は、みなさんの参加費とこの会費の助けによって、自主的になされているからです。
 どこからか補助金が出るわけではありません。内発的な支えだけが頼りなんです。
 この「ほっとニュース」があれば、論楽社の思い・動きは十分に摑(つか)むことができます。それで十分なんだけれども、会費で応援するのも考えてみてください。
 特典や割引があるわけではありません。ただ直接に支えるだけです。直接に手紙がときどき届くだけです。
 それも、いまどき手書きの、読みにくい字の、「ああだ」「こうだ」と書いたプリントやチラシが不定期に、年に2〜3回届くだけです。コラムや本の紹介文、新聞記事を同封し、ていねいに通信を送るつもりではいますけれども。
 ホームスクール(家庭学校)を含め、「ともに歩む道、いっしょに生きる道」を探し、論楽社の動きをつくっていきたいです。道はあると思います。
 引きつづき、直接に支援していただければ、うれしい。感謝いたしております。
| 虫賀宗博 | 会費の呼びかけ | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
潰れるなよ
 2015年分の会費、募ります。
 ひとくち1000円です。
 「潰れるなよ!」とばかりに、ドカーンと送っていただければ、うれしいです。

  論楽社 郵便振込口座 01060-0-33737

 「講座・言葉を紡ぐ」は99回目が中村哲さん、100回目が森崎和江さん。吉永小百合さん、A・ビナードさんと続き、114回目が大石順教さん、菅野正巳さん。115回目が里みち子さん。
 「月例会」も、270回を数えます。
 まるで月刊誌を発刊するように、毎月毎月運営できています。
 これらの運営は、みなさんの参加費と、この会費によってのみ、行われています。どこからかの補助金があるわけでもありません。
 内発的な支えを、本年2015年もドドーンとお願いいたします。
 氏名、住所、電話番号を明記し、郵便局から振込みください。
 ときどき、不定期に、私のほうから通信(いまどき、手書きチラシや手書きエッセイにプリントなど)をお送りしますね。「読みにくい」というウワサの私の手書きの丸文字の通信です。
 もちろん、この「ほっとニュース」で、論楽社の動きや流れはつかめます。「ほっとニュース」で十分。読んでいただいて、ありがたい。
 でも、会員になって、直接的に具体的応援することも、よかったら、お考えください。
 論楽社の会費のこと、思いのほかにご存知のないひとが多いので、書きました。
 まあ、よろしかったら、ほんの少し、お願いします。
| 虫賀宗博 | 会費の呼びかけ | 06:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
支えてね――布施(志納)の呼びかけ
 インターネット上で「ほっとニュース」をごらんになっているひとたちからも、勇気をもって、論楽社の会費を募ります。「会費納入」という方法があることをご存知ないかもしれないと思って、呼びかけます。
 2014年分です。ひとくち1000円です。
 氏名(匿名はダメよ)、住所、TELを明記して、郵便局から振り込んでください。

  論楽社 郵便振込口座 01060-0-33737

 会員になっても割引、特典があるわけではありません。会員証なんてありません。ただ、論楽社の動きを直接的に支えるだけです。たまに論楽社から手紙が届くだけです。
 いまどき、手書きの手紙。私のクセのある字の、読みにくい手書きのチラシ、私の丸文字の手書きのコラムや詩、本の紹介文に時に新聞記事などを同封した通信が不定期に、忘れたころに届きます。
 論楽社の「講座・言葉を紡ぐ」の99回目が中村哲さん。100回目が森崎和江さん。110回目が中嶌哲演さん。今年の5月5日(月・祝)に111回目がアーサー・ビナードさん。
 月例会は260回を数えています。
 まるで月刊誌を発刊するように、毎月運営できています。
 「講座」や月例会は、みなさんの参加費と、この会費によって、賄われています。どこからかの補助金が出ているわけではありません。
 その他、ホームスクール(家庭学校)への参加費と、雑収入(大阪産大の講師料―往復3時間半で1回1万円―、原稿料―2年間全くゼロ、アハハ―、たまに講演料―昨年2回だけ―……)。これらのすべてで、論楽社を運営しています。
 厳しい。
 内発的な支援をお願いします。布施(志納)を呼びかけます。
 支えてください。
 もしも、よろしかったら。
| 虫賀宗博 | 会費の呼びかけ | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ