論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
連載コラム「いまここを味わう」(第3回)痛みあるひとを世の光に

 友人からいただいた2冊の新書について、書く。
 6年前に神奈川の友人から『見えない汚染 「電磁波」から身を守る』(講談社プラスアルファ新書、2010年、以下本書をAとする)がその1冊。
 もう1冊は3か月前に京都市内の友人から『マイクロカプセル香害 柔軟剤・消臭剤による痛みと哀しみ』(ジャパンマシニスト社、2019年、以下同じくBとする)。
 なぜか2冊とも同じ書き手で古庄弘枝さん。後で気づいた。おもしろいね。
 まず、A。電磁波のこと。
 長野に古い友人がいる。その友人が「たいへんな山奥の家へ引越す」と言って、五右衛門風呂のある家へ移っていった。12、3年前のことだ。
 なぜか。
 その友人の実家のすぐ近くに携帯電話の基地局が建てられたんだ。すさまじい高周波が出されつづけ、全身に異変が発生。頭痛、吐き気。食欲は不振。視覚も睡眠も運動も困難に。
 声をまず出し、署名運動し、基地局の撤回を求めた。でも、埒(らち)が明かない。何よりも体が動かない。
 そのとき、初めて電磁波汚染のことを知った。
 30年前の第一次湾岸戦争のとき、米兵たちが広辞苑サイズの携帯電話を持って互いに連絡をとっているのを私はTVで見ていた。よくよく覚えている。ああ、軍需産業の民間転用。悪利用。
 30年たって、いまやひとりに2台のケータイの時代。
 ところが、こういう厳しい障害が発生しているのである。
 その後、名古屋や大阪の友人の体に同じ症状が現れている。大阪の友人はなんと1年以上の入院生活を余儀なくされた。
 電磁波によって人生がまるごと否定され、変革が迫られるわけだ。
 Aによると、電子レンジもIH(電磁誘導加熱)調理器もハンドミキサーも炊飯器も掃除機も、多かれ少なかれ、電磁波が出ている。
 目に見えないだけのこと。社会の全員が浴びている。
 障害が発生するか。しないか。それはひとそれぞれ。発生するひとは「トータルボディロード(総身体負荷量)を超えて溢れ出したからだ」(AのP.177)。いまはしていなくても、明日発症するかもしれない。
 発症した友人たちは「道先案内人」(AのP.172)ということ。「日本社会のこれからをどうすればよいのか」を示現している。
 たとえ発生しても内面化しないで、自分自身を責めないで、とにかく毒出し(デトックス)に努める。それ以外にない。
 まだ発生していないひともケータイはイヤホンで使い、電車では電源を切り、1メートル以上離れて使う。必要以上には決して使用しない。
 なるべくケータイ電話がなかった時代(わずか15年、20年前の時代だ)の暮らしに従い、少しでも免疫力の高いからだをつくっていく。生きることの基本をどう取り戻すか、コレにかかっているのではないか。
 Bも全く同じ。「爽やかな香りももてなし」「リラクゼーション効果」と称して、消臭剤や柔軟剤がどんどん販売されているけど、その中にイソシアネートが入っているんだ(BのP.122以降)。びっくり。
 1984年にインドのボパールの化学工場で起きた大事故。(おそらく)史上最大の暴発事故。2週間のうちに8000名が死亡。その後の死者も8000名以上。原因は毒ガスが事故によって周辺に滞留したことによる。その毒ガスの原材料がなんとイソシアネート。記憶力のあんまりよくない私だって忘れられない毒物名。
 そのボパール事件のこと、当時刊行されていた『技術と人間』で偶然読んでいたので、知っていた。いい雑誌だった。
 その毒物を、マイクロカプセルに入れたんだ。香料にでっちあげていたんだ。ナノサイズの技術(ナノは10億分の1のサイズ)。超微細のイソシアネート化合物質が直接肺へじゃんじゃん入る。どんどん溜まる。すさまじい身体反応が出てしまうのである。
 Bを「読んでくれ」と言って手渡してくれた友人は食堂を営んでいる。鼻や口を覆う大きめの黒マスク(要するに毒マスク)を付け、調理している。配膳してくれるバイトの女の子その他からの、体に漂う柔軟剤・消臭剤に耐えがたい痛みが発生するからだ。
 人工合成洗剤だって、毒の塊。軍需産業の、これも転用。悪利用。純石鹸に食用酢で十分なので、すさまじいシャンプーにリンスをみんな使う。おまけに消臭剤に柔軟剤。体臭、汗の臭いをなんで消さなきゃならないの?
 フクシマ、ミナマタを生む構造と同じものが蠢(うごめ)いている。
(7月18日)

| 虫賀宗博 | いまここを味わう | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載「いまここを味わう」(第2回)離脱者

 連載「いまここを味わう」を始めるにあたり、アレコレと書き残すことが溢れているのかもしれない。
 正月を迎えたかの気分かもしれない。
 気合は入れすぎないようにしないといかん。
 心を整え、書くね。
 もうひとつだけ、加える。前回(逆説の救済が人間にはあるんだ)のことに、以下のことを付け加えてみる。
 何か。
 私がローファー(loafer)であることだ。その流れのひとりであることを痛感しているということである。
 のらくら者、浮浪人と英和辞典にある。
 どうしようもなく制度や支配を否定してしまい、離脱していくひとのことだ。アナーキストと言ってもよいかもしれない。H・ソロー、J・エックハルトが思い出される。
 みんなにはなれない。ずっとひとりの離脱者のことだ。
 奇人変人遊び人と他者からは思われ、いくら本人(私自身)が努力しても結局のところ奇人変人遊び人と思われるんだな。
ま、私のことは、どうでもいいんだけど、
 ローファーとは内的な欲求に従い、漂白してさまようひとのことなんだ。
 有島武郎がホイットマンについて語っているのを縁あって読んで、身に沁みたのである。
 この1年、本田哲郎さんの講義を聞いていて、イエスをすこぶる身近に思っている。イエスのこと、語りたい。有島はイエスのことも語っている(1920年に新人会で行った講演「ホヰットマンに就いて」である)。
 言うまでもなく、生前のイエスはキリスト(メシア、救世主)ではなかった。
 イエスはひとりのローファーであった。「なるほど」と思う。ただひとはひとを「大切にしていこう」と語って、実践していた。
 ところが、イエスが生きていた当時から弟子の中でも民衆たちの中でも(きっといまでも)「救世主」を待望していた。
 その救世主の「右に誰が座るか」とか「誰がいちばん偉い?」とかが弟子たちの中で起きたと福音書にある。もうすでにキリスト教が生成していく萌芽があるんだ。
 ローファーのイエスは殺されていったんだ。イエスをメシアにしていくなんて。とんでもない皮肉。
 有島の言葉を引用してみよう。「今仮りに基督がこの世に生まれ出て来たとし、現存の基督教会の人達が彼の許に来て、この世界に多数の信徒を有するわが基督教会は、実にあなたの言行に基いて建てられたものであります故、その教会の元首となって下さいと頼んだと想像してみたら如何でせう。若し私に自由な想像が許されるなら、基督は必ずその教会に属することなく、或いは教会に対して非難の声を挙げるやうなことが起るのではないかと思ふのです。」(『有島武郎全集』第6巻、新潮社)。
 有島はイエスとキリストをいっしょにしているけど。ローファーのイエスがキリスト教会には属することなく、批判していくなんて、おもしろい。
 同じことは、親鸞でも道元でも起きると思う。
 ローファーは、当然なのだが周辺的存在。全くのアマチュア。きっと亡命者のよう。流謫(るたく)されたかのようなもの。誰かに対してもそうでなくても、ほんとうのことを語ろう、書こうとしてしまう業(ごう)のひと。
 何者なのかではなく、何者でないかという存在——。
 以上のこと、ただ呟いて、書いてみたかったので、綴った。
 もちろんローファーでないところ、私にある。ところが、気づくと、ローファーへ引っぱられるんだ。
 そう気づく。
 次回から「いまここを紡ぐ」「いまここを生きる」と同じように、各論を書く。
(7月11日)

 

| 虫賀宗博 | いまここを味わう | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
連載コラム「いまここを味わう」(第1回)逆説の救済

 14年前に始めた連載「いまここを紡ぐ」を終え、7年前に「いまここを生きる」を始めた。いま再び、「いまここを生きる」を終え、新しく「いまここを味わう」を始める。
 ラベルを変えても内容中身が変わるわけでない。「遊び事として改名しているんだ」とひとは思うかもしれない。
 以下説明を試みる。
 私はいまも内発的にボールペンを取っている。
 では、なんで書くのか。
 原稿料が出るわけでない。外的な評価があるわけでもない。全くのところ、内的な心もようが書かせていると思う。
 その心もようを改めて、「いまここを味わう」を始めるにあたって、綴ってみる。
 ほんの少しだけど。
 ひとことで言えば、自己受容と他者信頼——。
 この2つをめぐって14年間考え、感じ、書いてきたのではないか。
 そう思う。
 もちろんそれぞれひとりひとりに自己・他者がある。
 いかに受容し、どのようにして信頼するか。
 それぞれがそれぞれ悩み苦しむ問題である。
 私もそのひとりとして生き、書こうとしている。
 私はある直観で、共同体というものを求めていた。
 生まれ育った時、村というものはすでに実質消滅していた。村落共同体の実態は消え、残り香のような意識だけが残っていた。
 長い、長い村落の歩みが消えていくけども、意識はまだまだ生きている。
 そう思いながら、町の中の村づくりのような行為——仮に論楽社と呼んでみた——を試みたのだと思っている。
 水田耕作が村の中心にあった。水田なしの村づくりは無謀なのか。実践し始めて、その共同体意識はいままで何回か破壊されかかった。
 それでもそのたびに具体的なひとが具体的に助けてくれ、いまここに至っている。
 別の言いかたをすれば、それぞれが抱えている業(ごう)の軌道がずれて、衝突した。本来それぞれ他者の課題に踏み込まない、踏み込んではいけないのに。
 衝突の結果の死である。仲間共同体感覚の死である。ほんとは死んでいないのに。まるで死んだかのように感受したのである。
 立ち直れないかのような思いの果て、死の感覚が底を打つ、いっさいの救いはない、救済はありえない——という体の感覚を経て初めて、救済がほんとうに思え始めてくる。実感が湧くんだ。
 政治や宗教による救済は、これからも必須であると思っている。でも、同時に政治や宗教による救済なんかあり得ない。あるもんか。そう思う地平でしか湧かない救済の声を聴くこと。無音の肯定是認の声を聞くこと。これこそが、救済であるといまは思っている。
 なんとも言いようがない逆説の救済である。
 こういうことがあるんだ。
 わが身に起こるんだ。
 そう思っている。
 以上の気づきを保ちながら、いまここの風に吹かれながら、身辺雑記を綴ってゆきたいと思う。
 「これ以上書けず、書かぬ」と思ったら、そのとき止める。
 その日までお付きあいのほどを。
 もっともっと勇気をもって、私の(それは、私たちの)課題に取り組んでいきたい。その課題は悲願である。
 過去を変えることができない。しかし、未来は変えることができる。将来は変えることができる。
 そう信頼し、歩き出す。
(7月4日)

| 虫賀宗博 | いまここを味わう | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ