論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを紡ぐ」(第364回)生きるという仕事――7年間書きつづけてきて(その1) | main | いまここを生きる――新たに、出発する >>
連載コラム「いまここを紡ぐ」(第365回)生きるという仕事――7年間書きつづけてきて(その2)
 7年間、書きつづけてきた。書くことによって、自らを助けてきた。心底助けられてきた。そう思っている。
 「ちゃんと書けたか」とか「こんどはこれを書こう」と考えることによって、一日一日をある種の緊張感を保って送ることができたと思っている。「読んだよ」と言って感想を伝えてくれる友人たちの存在は、うれしかった。励まされた。
 緊張感が高まりすぎて、うまく書けないときもあった。そういうときは、ぞうきんがけをしたり、トイレそうじしたり、料理をしたりしていったら、ほどよく緊張感がほぐれていく――というコツを、いつごろからか覚えていった。
 7年間を振り返ってみた。わが心の阿頼耶(あらや)識――仏教の唯(ゆい)識が説く、わが心の99%を占める水源地。わが心が氷山ならば水面下に沈んで見えない広大な部分――に、発見して拾った光の種子(しゅじ)を書いてみる。
 ほんの4点だけど、私にとって、光の宝である。
 その1。20年間ひとりぼっちだったけど、なんとかかんとかやってこれたのは、母(ふじえ)と父(武雄)から愛されたからだと思う。とくに耳のきこえない母から、純朴な愛を無条件に与えられたのだと思っている。きっと、一生分では足りず、二生分の慈しみを受けた――。念仏を唱える後姿を与えてくれたのも、父と母だった。
 その2。繰り返して申し訳ないけど、安江良介さん、藤田省三さん、松下竜一さん、谷川雁さん、岡部伊都子さん、茨木のり子さん……と出会い、交流し、可愛がっていただいた。スゴイヒトビトダッタ。その記憶はいまなお一日一日を恵みとなって照らす。
 その3。登山、ラグビー、モーツァルト、民芸が格別に好きなんだなあ、と思う。きっと私の人生の骨格を成す4つだ。どれだけ励まされてきたことか。
 好きな友人とたびたび山に登った。その一回一回がよかった。ラグビーはもうやれないけど、いまでも夢に出る。夢の中ではいまだに50メートル6秒の左ウイングなんだ(笑)。モーツァルトについてはそんなに表現してないのだけど。疾走していくモーツァルト。無から始まり、無に帰っていく、いまここだけを充足させて。民芸についても、無名のひとが無名に徹し、無名に帰っていく、ただ透明な輝きだけを残して。柳宗悦が好きなんだあ。
 その4。7年間、人生の何ものかを掴(つか)まえようと書いてきた。掴まえようとして逃げられつづけている。「いつになったら……」とも思うけど、それが生きるということなのだろう。
 言葉を紡ぎたい。でも、言葉では紡ぐことができない。言葉から離れたところに在る人生の本質。もう、最後は、詩としか言いようのない何かを呟(つぶや)こう。
 ――もういちど、最後に言いたい。楢木祐司さん、そして、読んでくれたみなさん、ありがとう。

   私の仕事は生きること――7年間を振り返って
                虫賀宗博
  冒険とは
  高山や氷原にはなかった
  一日一日を静かに生きることであった
  風、星、空、水、草、石
  川面の輝き、夕暮れの雲、大樹の葉
  一日一日の喜びをつくる
  それらは
  私のものではない
  誰かのものではない
  所有ではない
  金ではない
  それらは
  何のたくらみもなく
  あるがままで世界を美しくしている

  私の仕事は
  世界の内部において
  ただ生きること
  冒険家のように
  一日一日を
  大胆に、慎重に、ただ生きること
  見た夢を忘れぬように
  死者に水を上げることを忘れぬように
  沈黙を聞くことを忘れぬように
  さあ
  出る息になりきろう
  入る息になりきろう
  いまここになりきっていくこと
  いまここ、このこと、これで行くところまで
  行ききっていくこと
  空の下に
  小さな存在として
  いま、ここにただ在ること
(6月28日)

| 虫賀宗博 | いまここを紡ぐ | 06:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









トラックバック機能は終了しました。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ