論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第184回)無事 | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第185回)スプーン(その1) >>
会費2016年
 2016年度の会費、募ります。
 ひとくち1000円です。
 「潰れるなよ、虫賀くん、ふんばれ、大丈夫だ」と送ってください。ドーンと。

  論楽社 郵便振込口座 01060-0-33737

 「講座・言葉を紡ぐ」の100回目が森崎和江さん、吉永小百合さん、アーサー・ビナードさんと続いて、昨年は里みちこさん、池田久代さん、そして本田哲郎さん(本田さんでひとつのピークでした)。月例会も285回。毎月毎月、月刊誌を刊行するかのように、運営できています。感謝します。
 ただ参加者が減っています。10年前に20人だったのがいま13、14人という感触でしょうか。
 もしも興味関心があえば、「久しぶりに行ってみようか」と再考捉え直しをしていただきたいと願っています。
 というのも、「講座」や月例会の運営は、みなさんの参加費とこの会費の助けによって、自主的になされているからです。
 どこからか補助金が出るわけではありません。内発的な支えだけが頼りなんです。
 この「ほっとニュース」があれば、論楽社の思い・動きは十分に摑(つか)むことができます。それで十分なんだけれども、会費で応援するのも考えてみてください。
 特典や割引があるわけではありません。ただ直接に支えるだけです。直接に手紙がときどき届くだけです。
 それも、いまどき手書きの、読みにくい字の、「ああだ」「こうだ」と書いたプリントやチラシが不定期に、年に2〜3回届くだけです。コラムや本の紹介文、新聞記事を同封し、ていねいに通信を送るつもりではいますけれども。
 ホームスクール(家庭学校)を含め、「ともに歩む道、いっしょに生きる道」を探し、論楽社の動きをつくっていきたいです。道はあると思います。
 引きつづき、直接に支援していただければ、うれしい。感謝いたしております。
| 虫賀宗博 | 会費の呼びかけ | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878743
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ