論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第223回)父 | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第224回)涙 >>
絵本――10月例会へ、ようこそ、ようこそ(その1)

 10月30日(日)、論楽社10月例会。とりいしん平(鳥井新平)さんの絵本ライブ「いのちについて」である。
 デュオグループ「ありらん食堂」のきむ・きがん(金紀江)さんの都合が悪く、今回はデュオではなく、とりいさんの単独ライブになる。
 オリジナルなライブとなる。
 とりいさん、好きな絵本の『ぶたばあちゃん』や『ルピナスさん』などを語り聞かせ、歌も聞かせるんだ。
 題して、「いのちについて」。
 私は楽しみである(注)。
 小さい子たちも、つらいことのあったひとも、何年ぶりかのひとも、10月30日(日)へ――10月最後の日曜日だ――、ようこそ、ようこそ。

    2016年10月例会
10月30日(日)、午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
とりいしん平さん(近江兄弟社学園小学校教員)の絵本ライブ「いのちについて」。
参加費1000円。要申し込み(個人宅なので、必ず事前にTELを)。
交流会5時〜7時(自由参加、自由カンパ制)。

(注)「すてきな絵本、紙芝居、文学に出会う喜び」について、考えていたら、こんな言葉が浮かんできて、いつものヘタな詩になった――。

 

  いまはもうすでに朝なのに
  なんで雨戸が閉められたままなの
  思い切って雨戸を引き開いてごらん
  いちまいずつ いちまいずつ
  ちょっとずつ ちょっとずつ
  朝の光がひとすじ縁側へ座敷へ台所へ入ってくるだろう
  失うものがない心には
  喜びしか流れ込まない
  新しい私を見つけ出すことによって
  私は私自身を越えていく
  夜を越えていく

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 18:23 | comments(1) | trackbacks(0) | - | -
ありがとうございます。
今からワクワクしています。
素敵な詩に誘われて、いい時間がもてそうです。
| とりいしん平 | 2016/10/24 7:46 PM |










http://blog.rongakusha.com/trackback/878806
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ