論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第250回)安住せよ | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第251回)下水道工事 >>
ひとの心よ凍てつくな――豊田勇造コンサートへ、ようこそ、ようこそ(その1)

 5月21日(日)、法然院において、豊田勇造さんのコンサートを開く。

  豊田勇造コンサート(118回目の「講座・言葉を紡ぐ」)
 2017年5月21日(日)の午後6時〜8時。
 法然院(左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30、市バス(5)(17)「浄土寺」下車、東山に向かって徒歩10分)。
 豊田勇造さん(歌手)の「ひとの心よ凍てつくな」。
 参加費2500円(要・電話申し込み)。チケットはありません。人数確認のためにも、前もって必ず連絡を論楽社までお願いします。
 主催・論楽社(左京区岩倉中在地町148 、TEL075-711-0334、会場がいつもと違いますので、よろしくお願いします)。

 勇造さん、歌い始めて、45年。
 まっすぐ歌いつづけた、まっすぐなひとである。
 「戦争が平和」「隷従が解放」ってなことを平気でヘラヘラと言う時代にこそ、勇造さんの歌を聞きたい。
 タイトルは自然と「ひとの心よ凍(い)てつくな」となった。
 心から、ようこそ、ようこそ。
 思えば、35年もの昔、勇造さんのアムネスティ熱風コンサートを企画。あのコンサートがある意味では論楽社のようなものをつくろうとしたことの出発点だった。原点だった。
 そういう意味で再会のコンサート。原点を確かめながら、私の残りの人生への再出発にしたい(ちょっとオーバーやけど)。
 遠くの友よ、久しぶりの友人よ、ようこそ、ようこそ。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878859
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ