論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< ひとの心よ凍てつくな――豊田勇造コンサートへ、ようこそ、ようこそ(その2) | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第257回)ザイル・パートナー >>
ひとの心よ凍てつくな――豊田勇造コンサートへ、ようこそ、ようこそ(その3)

 5月21日(日)、法然院の奥の間がコンサートの場所。
 阿弥陀佛の北隣の部屋だ。
 当日は戸を開け広げる。半野外コンサートの感じになる。
 初夏の風にのって、湧き水の池のカエルたちの鳴き声の合唱がバックコーラス――なんてことは大いにあると思う。
 「いつものコンサートよりも10パーセント、トーク(スピーチ)を多くしてくれ」と豊田さんに頼んでいる。だって、118回目の「講座・言葉を紡ぐ」を兼ねたコンサートなんだから。どんな話が聞けるかな。
 楽しみにしながら、どうか来てほしいな。
 心から、ようこそ、ようこそ。

 

 豊田さんに『道しるべ』という曲がある。鶴見俊輔さんへの追悼歌だ。
 そこで、鶴見さんのこと、「ぶれない人だった」「まっすぐな人だった」「正直な人だった」と歌っている。
 でも、これって、そのまま豊田さん自身のことでもあるだろう。
 45年間、いろんな会場でコンサートをコツコツとやりつづけてきたんだ。とんでもないこともあったろう。それでも、まっすぐ、ぶれずに、正直に誠実に歌いつづけたひとだ。
 その姿は古風なものである。
 その古風さ、豊田さんのお兄さん(長兄)にそっくり。お父さんから受け継いだ「豊田食料品店」。下京区四条通千本通を下ったところにあった(残念ながらも、長兄80歳にてことしの3月末に閉店)。

 

冬は手足や耳にしもやけが出来る
夏は汗だくになる
ほんの少しの暇を見つけて
腰を下ろして食べる
そんな暮しを何十年も
夫婦でやってきた
親を送り 孫と遊ぶ
今は安らぎの時
町内の世話 商店街の集まり
いやな顔をせず
いつどこで憶えたんだろう
手話も話す
真赤な炎の前に立ち
魚を焼きながら
満足に食べられない子供を思い
涙ぐんだりする
       ――『一番上の兄』

 

 これ、いい歌だ。
 もっとも大切にしたいひとびとの風景だ。
 豊田さんもこのお兄さんと同じように、しかも歌をうたって、ひとびとを励ましてきた。
 私も励まされた。ありがとう。
 さあ、論楽社、あと9年。
 このコンサートから再び出発だあ――。

    豊田勇造コンサート(118回目の「講座・言葉を紡ぐ」)
2017年5月21日(日)の午後6時〜8時。
法然院(左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30、市バス(5)(17)「浄土寺」下車、東山に向かって徒歩10分)。
豊田勇造さん(歌手)の「ひとの心よ凍てつくな」。
参加費2500円(要・電話申し込み)。チケットはありません。人数確認のためにも、前もって必ず連絡を論楽社までお願いします。
主催・論楽社(左京区岩倉中在地町148 、TEL075-711-0334、会場がいつもと違いますので、よろしくお願いします)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878869
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ