論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 学校へ行こうか、行くまいか――ホームスクールヘ、ようこそ、ようこそ(その8) | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第260回)核兵器よりも強力 >>
自分の目で自分は見えない――高原美都子さんの6月例会へ、ようこそ、ようこそ

 彦根に西覚寺があって、高原美都子さんがいる。同寺は東本願寺(大谷派)の真宗の古刹。
 縁あって、高原さんに出会えて、よかったと思っている。
 10年前のあるとき、その高原さんからあるカレンダーが届いた。
 前住職(覚正さん)がひごろ話していた言葉(法ダルマの語)を高原さん(ほか)が書(しょ)にしているカレンダー(日めくり)。なんとも言えない、いい書。
 前住職の力なのか。高原さんの力なのか。
 これが、いいんだ。
 実にいいんだな。
 なんと言うか、日常とは違う所から光が当たる感じ。
 「この失敗のおかげといえるくらい失敗から学ぼう」。
 「倒れることによって起ちあがる力をいただく」。
 「自分の欠点を知らせてくださるかたを仏さまという」。
 「わたしたちは親から先祖から地域から自然から呼びかけられ願いかけられている、呼びかけに応ずると限りなく力がわいてくる」。
 「この平凡 この平凡のなかに深い一切が秘められている」。
 どうだろうか。
 私は毎日毎日めくりながら、日にちだけが印刷されているので毎日毎日めくりながら、初めて出会ったかのように、うなっている。
 なんと言えば、よいのか。日常の空間XY軸にもうひとつのZ軸が生まれる感じと言えばよいのか。
 そのZ軸に立った目(視)線の力でどれだけ助かることか。
 具体的な苦が消えるわけでない。減るわけでない。
 日常とは違う目の力によって、現前の苦が相対化され、苦そのものの意味を变化(げ)させていくのである。無化されていくのだ(結果として、苦は痩せ細っていく)。
 6月18日(日)は高原さんとおしゃべりしたい。私も加わって、参加者と開かれた対話をしたい。
 ようこそ、ようこそ。

   2017年6月例会
6月18日(日)の午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL075-711-0334)。
高原美都子さん(僧侶)と私との対話「自分の目で自分は見えない」。
参加費1000円(要・申し込み、個人宅なので)。
交流会4時半〜7時(自由カンパ制)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 06:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878877
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ