論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第265回)心の緑化(その2、完) | main | 体を潜らせたものを信じる――塩田敏夫さんの7月例会レポート >>
連載コラム「いまここを生きる」(第266回)27分間

 死刑について、少し、書く。
 何気なく、ある講演録を目にしたからだ(注)。
 話しているのは、ある刑法学者。死刑存置論者。「死刑は必要」というひとから見ても「日本のこの部分は良くない」「変えていくべき」とのことが示されている。
 初めて目にする話が多く、私はスクープと思った。
 順々に書いていく。次の2点だ。
 その1。日本の死刑は絞首刑。絞首の方法について、規定しているのが、「絞罪器械図式」というもので、これはなんと1873年(明治6年)の太政官布告。ちゃんとした法律ではないんだ。びっくり。
 当時の日本にまだ帝国議会はない。法律はつくれなかった。「そんな布告がズルズルと続き、そんなのは無効ではないか」という議論が、当然ずっとある。最高裁判決(1961年)で有効と決定し、いまに至っている。これでよいのか。
 しかも、東京拘置所の刑場が2010年に初公開されたとき、この「絞罪器械図式」の図面と違っていた。誰かがどんな権限によってか変更し、いつの間にか現在の地下絞下式になっているんだ。首に縄をかけ、下の階に落とされる――という現形に。もとの、階段を登って首に縄をかけて下に落とす――という形だったのに。
 殺人を禁止している国家がひとりの人間を殺害するのである。死刑と戦争、なんて言ったって要は殺人だ。それが140年前の太政官布告のまま、行われている。しかも、途中誰かが変更させ、現形状になっている。法の支配というものが非在。不在。暗黒の刑場なんだ。
 その2。死刑は合憲で、しかも残虐な刑罰には当たらない(1955年最高裁)、という。それは本当か、という点だ。
 死刑場のことについて、法務省は一切情報公開しない。たとえ公開請求しても、コピー機が傷むんじゃないかと思うほどに、まっ黒の黒塗りのが返ってくるだけ。
 そこで知恵を出し、GHQの占領期の資料を探す。米国にあった。102件の死刑執行の始末書(執行を告げた時間、最期の言葉、執行の様子などを記入させている文書)を見つける。これはスクープだ。
 うち執行の所要時間がわかったのは、79件。
 その平均が14分36秒。最短が10分45秒。最長が22分00秒。
 死亡確認後に縄をほどいて遺体を下ろすのは、ジャスト5分後と布告で決まっているので、15分から27分間に渡って、首を吊っていることになる。
「脳に酸素が残る5ないし8秒間は意識があり」、(場合によっては)「体に酸素が残る1、2分間は意識がある」(ある医学者の研究)という。
 断末魔の苦しみを経て、死去し、しかも体液などを垂らしながらも、最大27分間、首を吊られているのである。
 残虐か、どうか。判断するのは私たちだ。
 死刑は応報刑。「目には目を」だ。でも、ふつうに考えて、8人殺して死刑になったひとがアッという間に死に、1人殺して死刑になったひとが20分間を苦しむことはありうる。ケースバイケースでよいのか。「やってみなきゃわからない」ような処刑でよいのか。
 応報たりうるのかどうか。
 電気イス殺、薬(毒)殺ではなく、なんで絞首なのか。
 法務省はこれらの質問疑問に答える必要がある。ひとを殺すんだから。
 「こんなヒドイひとには人権がなくていい」という特区をつくってはいけないと思う。ひとつ例外をつくると、すべてが崩れる。刑務所の待遇は、だから、重要。その社会全体の人権のありようがわかるからだ。
 処刑をするならば、できるだけ、希望する被害者の親族、担当の裁判官、検察官、警官、ジャーナリストは直接見るべし。
 最大27分間の音、匂い、表情の色をダイレクトに眺めたほうがいい。遺体を具体的に扱う刑務官の表情を見つめたほうがいい。
 以下は私見。業縁(ごうえん)が満ち、ひとを殺してしまった囚人。その囚人はもっともっと自らのいのちをゆたかない生かしてほしい。自らのいのちの井戸水を掘って掘ってほしい。自らが殺した、帰らぬ断末魔のひとの願いを知って、生きぬいてほしい。
 戦争も死刑も何ら解決しない。あまりにも安易な方法手段。悪の連鎖はもう、止めたい。囚人には考えに考えさせ、その思いを記録していきたい。とてつもないマイナスをなんとかプラスに变化(げ)させていく、大切な人間の記録だ。
(注)永田憲史さん(関西大学法学部教授)の「死刑執行始末書の分析」(『死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90』152号、2017年4月発行)。
(7月27日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878888
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ