論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第272回)言葉を打つ――ある夏の日録(その2) | main | ひとがほんとうの人間になる教育の力――深谷純一さんの9月例会レポート >>
連載コラム「いまここを生きる」(第273回)愛する世界が壊される――ある夏の日録(その3、完)

 きょう(9月9日)も、朝から晴れ。いま朝9時、気温22度。
 秋の白い光に満ちている。
 風はない。
 大切な恵みの一日いちにちが、いまここで生まれている。
 いくら短い一時間だって、大切にいまここを生ききっていけば、きっと、永遠よりも長いかもしれない。アハハ。
 3回連続し、この夏の日録の断片を残す――。

 

  8月―日
 43、4年前のことだ。古寺巡礼をひとりでコツコツやっていた。孤独で反時代的な小さな巡礼。
 この3年、40年ぶりに再開している。
 奈良の秋篠(あきしの)寺へ、きょう、明子と来た。
 伎芸(ぎげい)天を見る。思いのほかにぽってりと分厚い腹部を発見し、おもしろい。
 ほとんど誰もひとがいない。とくに夏や冬がそう。
 メディテーションの空間が古寺である。
 そう気づいて、ブラリとときどき、足をはこんでいる。

 

  8月―日
 冊子『キタコブシ』177号が届けられる。
 『キタコブシ』は「大道寺将司くんと社会をつなぐ交流誌」。
 その大道寺さんが2017年5月24日に死去した。次号の『キタコブシ』が最終刊となる。
 20年前ある死刑廃止の集いでスピーチして以来、郵送されてきていた冊子。
 松下竜一さんの『狼煙(のろし)を見よ』(現代教養文庫)を読んだひとならば、みんなわかるはず。「くそまじめで気のやさしい青年たちが思いつめ、ある大企業ビルの前に小さな爆弾を置き、『気づいてほしい』という願いで炸裂させたら、予想以上の大きな爆発となって死傷を出してしまった」というアホな話。「傷つけたくなかった」のに「傷つけてしまった」という辛い話。
 爆弾以外の他のコミュニケーションの方法、表現のしかたは何かなかったのか。「思うだけでいいじゃないか、やめろ」と伝えてくれる友人はいなかったのか(私も20歳のころはひとりぼっちだったけど)。
 大道寺さん、死刑が確定。獄に40年以上いた。
 多発性骨髄腫を得て、死去。
 『キタコブシ』が生まれ、友人たちが生まれ、良い俳句もつくった。
 ずうっと獄中の生活だったけど、ひとつの人生を終える。

 

  8月―日
 季刊『魂うつれ』70号(本願の会)を読む。
 水俣の御所浦島の土砂が沖縄の辺野古基地の埋め立てに使われている――とのこと。なんていうことだ。
 「私たちの愛する世界が壊されようとしている」と緒方正人さん。
 「他の命と繋がってやっと赦されて生きているわけですので、そういう意味では山肌が削られるというのは、身体が削られるような痛みを覚えて来ました」とも、緒方さん。

 

  9月―日
 岐阜の八幡(郡上市八幡町)へ来る。
 吉田川(長良川の支流)の橋の上に明子と立つ。
 川風がふわっと吹き上がる。
 なんという気持ちのよさ。生きてる――という感慨。
 小さな町の、小さな湧き水に心洗われる。宗祇(そうぎ)水、延命地蔵水……が湧き出しており、それぞれがうまい。
 気(エネルギー)を小さくいただく。
 一日いちにち、生きていこう。
(9月14日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878900
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ