論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 教育って何だ――ホームスクールへ、ようこそ、ようこそ(その10) | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第283回)挽歌 >>
出会いと歩み出し――稲村守さんの11月例会へ、ようこそ、ようこそ(その2)

 11月5日(日)、京丹後へ行った。米軍のレーダー基地の存在に「いやだ」と声を出すために。
 前泊博盛さん(『本当は憲法より大切な「日米地位協定」入門』のひと)の話を聞いたあと、峰山町の町内を1時間、デモした。
 黄昏(たそがれ)た町だ。町のひと誰一人、歩いていない。その町を参加者600人が全く静かに歩く。
 そのデモの列の中に、稲村守さんがいて、自然といっしょに歩くことになった。いろいろ話して歩くって、おもしろい。
 私は62。稲村さんは65。
 稲村さん、60で定年。再雇用され、その期間も、もうすぐ終了。
 2人とも黄昏だ。けれども、夕焼けがエネルギーをためたかのように、いまここにおいて発色している。言いたいこと、伝えたいこと、語り下したいことが朱いモミジの葉のようにあるんだな。きっとね。
 11月26日(日)、ブラリと来てください。おしゃべりして、交流しよう。
 ようこそ、ようこそ。

  2017年11月例会
11月26日(日)、午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL075−711−0334》。
稲村守さん(京都総評)の「出会いと歩み出し」。
参加費1000円。要申し込み(私宅なので、事前に申し込みを)。
交流会5時〜7時。参加自由。自由カンパ制。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878919
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ