論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第285回)ウラヤマ(その2) | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第286回)シマフクロウ >>
心を開く、共感をつなげる――中平順子さんの紙芝居ワークショップへ、ようこそ、ようこそ(その2)

 森崎和江さん。大切な先人だ。論楽社の「講座・言葉を紡ぐ」の100回記念に来ていただいている(2011年12月26日30日31日「いのちへの旅――森崎和江さん、才津原哲弘さん、友人たち、ありがとう、ありがとう(その1〜3)」)。
 目の良くない森崎さんの介護役をしながら、それも才津原哲弘さんともども東京へ同行したことがある。『思想の科学』の50年史をつくる仕事のためだった。
 そのとき、岩手の小栗房子さんに会い、埼玉の中平順(より)子さんを紹介された。
 きっと深い縁である。
 中平さんによって、紙芝居の存在の意味を知らされた。「紙芝居は共感のよろこびを紡ぐ」「(中平さんが実演する)作品の奥底には生の意味がこめられている」ということを示現してもらった。
 コレって、そのまま論楽社でやろうとしてたことやん。私はそう実感した。「どんなに厳しい状況になっても、人生は生きるに値する」と思うし、さまざまな現場のひとの声を聞き、語り合ってゆき、生に深くこめられた意味に触れたいと願っている。
 その中平さんの紙芝居の実演を実際に見てほしい。
 ようこそ、ようこそ。12月10日だ。

  論楽社2017年ワークショップ
12月10日(日)、午後2時〜4時。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL075-711-0334)。
中平順子さん(紙芝居文化の会代表)の「心を開く」。
参加費1500円。要申し込み(私宅なので、事前に必ず)。
交流会4時半〜6時半(自由カンパ制、参加は自由)。

大切な連絡。

 論楽社に駐車場がないこと。改めてお知らせするね。いま、近所の実相院が人気。観光バスがけっこう来ている。バス道は混雑。もしも路上に駐車されると、近所から文句が出るし、警察が来る。有料駐車場も近所にはない。車のひとは、必ず事前に論楽社へ連絡下さい(知恵を伝えたいので)。
 それに、論楽社の前の路地(とか)でひとに会ったら、あいさつしてね。山岳道で互いにあいさつしあうように、ね。「的ではない」と確認するため。お願い。
 来年1月は冬眠のため休み。2月から再開。では、よいお年を――。

 

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878925
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

このページの先頭へ