論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 心を開く、共感をつなげる――中平順子さんの紙芝居ワークショップへ、ようこそ、ようこそ(その2) | main | 伸びていこう――中平順子さん、ありがとう、ありがとう(その1) >>
連載コラム「いまここを生きる」(第286回)シマフクロウ

 ある日の夢――。朝4時に起きる。

 

  シロカニペ ランラン ピシュカン
  コンカニペ ランラン ピシュカン

 

 にわかに何語か、わからない。
 しだいに目覚めてくる。
 あの本だ、と気づく。
 これは明らかに、昔、下京の下宿で読んだ『アイヌ神謡集』(知里幸恵編訳、岩波文庫)。急いで本箱から探し出してくる。
 何でそれが夢で出てくるのか。何の暗示か。何の示唆か。
 アイヌ民族が神としたシマフクロウ。
 その神が、自ら歌う歌だ。神が動き出すとき、自ら歌うのである。
 Shirokanipe ranran piskan(銀の滴降る降るまわりに)、konkanipe ranran piskan(金の滴降る降るまわりに)。
 神によって守られ、恵みを与えられて生かされていく人間(アイヌ)の話。
 こんな話――。
 運悪く貧乏人になったひとが、昔貧乏人でいま金持ちになったひとによって、いじめられている。不憫に思い、恵みを神から与える。ひとは神に泣きながら感謝する。
 「何の悪い考えも私ども持っていませんので、この様にお恵みをいただきましたのですから、今から村中、私共は一族の者なんですから、仲善くして互いに往来をしたいという事を皆様に望む次第であります」(同書P.29、31)と語るひと。
 「何時でも何時でも、酒を造った時は酒宴のはじめに、御幣やお酒を私に送ってよこします。私も人間たちの後に坐して何時でも人間の国を守護(まも)っています」と語るシマフクロウ。
 ひと(アイヌ)と神(シマフクロウ)とが相思相愛の時代。
 神に愛され、守られているひとが感じる、自らを律し、光満ちて働いて動く、という時代。
 何か欲しいとも何か足りないとも思わないで、いっしょうけんめいに暮らしてしまうという時代。
 言うまでもなく、そういう時代は殺された。消された。破壊された。
 絶滅寸前の神。生き残った少数のシマフクロウは「囚われた池」の中の鮭をとっていま食いつないでいる――。
 文字となって失うものなんだろうか。
 文字となって、文庫になり、読むことができるんだけども、囲炉裏端の語りの何かは失われてしまっているだろう。そういう何かが殺されてしまっていることを前提にせざるを得ないんだけれども、「シロカニペ ランラン ピシュカン」の歌は私に何を示現しているのか。
 わからない。
 でも、何か削(そ)ぎ落としていく暮らしを強く思わせるのである。
 いまを乗り越える何かを求めたいと思わせるのである。
 変わろう。本を少しずつ削ぎ落としていこう。食器も少しずつ削ぎ落としていこう。
 もういちど心の火種を確かめよう。「やる」ことと「やらない」ことを確かめ、「やる」ことをやっていこう。
 そう思い、早朝の茶を飲む。
 外は雪風が吹いている。雪は京都の大地にはまだ降っていない。
(12月14日)

 

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878926
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

このページの先頭へ