論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 歴史って、何?――ホームスクールへ、ようこそ、ようこそ(その11) | main | ときどき連載コラム「いのち――その断章」(第51回)雪が降る里 >>
2018年分の会費

 2018年分の会費、募ります。ひとくち1000円です。
 「潰れるなよ」と送ってくださると、うれしいな。

 

  論楽社 郵便振込口座 01060-0-33737

 

 「講座・言葉を紡ぐ」の99回目が中村哲さん、100回目が森崎和江さん、、117回目が本田哲郎さん、118回目が豊田勇造さん、119回目が才津原哲弘さん。月例会やワークショップも、307回。毎月毎月、運営できています。
 しかし、参加者がしだいに減ってきています。
 「講座」や月例会、ワークショップの運営が、みなさんの参加費と、いまこの会費の助けによって支えられています。
 補助金がどこからか出るわけではありません。みなさんの内発的な支えが頼りです。
 「ほっとニュース」を見ていただければ、論楽社の動きは掴めます。十分なんですけど、会費によって、直接に支援することも考えてみてください。
 特典や割引があるわけでもありません。ただ直接に手紙が、たまに、不定期に届くだけです。いまどき手書きの、読みにくい字でつづられたプリント、チラシの入った通信が送られるだけ。
 厳しい時代ですけども、希望をもって、ともに歩み、ともに生きていく道を見つけ、つくっていきたいと願っています。「希望が掟」なんですから。
 2018年も引きつづき、よろしかったら支えてください。
 70歳までは、ときどき冬眠しながら、休息もとりながらも、やってみます。走る体力続かないなと思ったら、歩くつもり――。
よろしくね――。

 

| 虫賀宗博 | 会費の呼びかけ | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878943
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ