論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< ひとりひとりの憲法――永井葵さん、塩田敏夫さんの3月例会へ、ようこそようこそ(その2) | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第301回)絵本アート伝染力 >>
連載コラム「いまここを生きる」(第300回)ウラヤマ(その3)

 「私の登山、それはウラヤマだったんだ」という気づき――。
 それは再発見であり、自己受容の再気づきでもある。
 ヒマラヤ逍遥はしなかった(できなかった)けど、ウラヤマ徘徊はやっているではないか――。
という、ウラヤマ徘徊。その3回目。
 3月半ばの休日、貴船山(699.8メートル)へ向った。再び落葉の山道をふみしめたくなったからだ。
 「叡山電車」の二ノ瀬(にのせ)駅で下り、朝6時40分から登り始める。その日、晴れ、ときどき曇。
 植林スギのまん中を登る。ジグザグの巻道(ユリ道とも言われる)を登る。
 妙に汗ばむ。3月の山はまだ冬。なのに、汗をかく。雪は全くない。
 植林が荒れている。昨年10月の台風(京都は風速30メートルの風が吹き荒れた)によって、密植しすぎているスギが一見するだけでも何百本と倒れている。
 いま、どの山でも同じに倒れているんだろう。敗戦後ゼニのためにスギを植えた。木材自由化によって、値が崩れ、30年育てたスギだって、1000円にしかならない。放置されている。日本の森は荒れてしまっている。
 どうしても登りながら、想像してしまう。「もしも凄まじい豪雨が来たら、倒木スギが谷を下って、下流へ、次々に流れ出る。何千、万本もの倒木が凶器となるのは簡単。流域の家屋や橋に次々にガンガン体当りし……」と。
 実際に各地で発生している水害。
 どこにおいてでも可能性がある水害である。
 「橋にガンガンと体当たりする音」まで想像してしまうのは、体の芯が疲れているからか。
 いまここに戻りにくい。すぐに木の上の猿のように、気がどこかへ散ってしまう。
 「こういう日もあるよ」と思って、自分の心には非暴力に接する。
 8時20分、やっと植林スギという人為がとにかく消える。
 ユリ道から分岐し、樋ノ水(ひのみず)峠へ出る。
 この山道がいい。この峠道がいいな。
 モミの大木が2本ある。樹齢何百年だ。
 リョウブ、クヌギ、コナラの落葉樹がいい。青空が広い。
 まだまだ冬木。でも何パーセントか、春を迎えている気がする。その動きを鳥が察し、集まっている。
 コゲラ(キツツキ)が多い。8羽も見た(8羽って多いね)。頭や首が疲れないか(こういうことを思うって、やっぱ、オレ、疲れている)、と思うほどに、ドラミング(太鼓をたたくように口元でつっついて、木の中の虫を捕る)。
 樋ノ水峠はいいね。北山の峠や低山がゆったりと見渡せる。風通しのいい峠だ。
 「月天心貧しき町をとおりけり」(蕪村)という句、あるよね。闇を生きる人間の町――という一方にあって、もう一方に、雲ひとつない虚空に月がある。両者を同時に絵画として示現。忘れられない句。
 闇を生きざるを得ない、凡夫の私自身に、「月天心」の視点をほんの少し与えてくれるのが、私にとっての登山なんだ。
 改めて、そう思った。
 12時に滝谷峠から貴船神社へ下山。
 半日で終了するのが「ウラヤマ徘徊」の妙味。
 貴船神社で御神水をガブガブ飲む。うまいね。
 酒のようにうまい水を飲んで、帰宅へ。

 

 付記。300回目。日常を淡々と見つめ、綴っている。製作者、管理者の楢木祐司さん、感謝。おかげだ。
(3月22日)

 

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878952
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ