論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第301回)絵本アート伝染力 | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第302回)桜 >>
わがごと――永井葵さんの3月例会レポート

 3月25日の3月例会の永井葵さん(大学生)の「ひとりひとりの憲法」、よかった。
 気がつくと、その日、休憩なしで、3時間ずうっと語り合った。
 永井さん自身が醸(かも)す「何か」がいい感じを生んでいったんだと思う。
 永井さんは寡黙。大切なことだけを言葉にする。
 「話し合い(略)の際には情報の公開をためらわない誠実さ(略)が必要不可欠である」。
 このことを現在(いま)もなお言わねばならない。
 ということは、現在も「情報の公開」は全くなく、「言わば正に」内実なしの虚言を為政者からワシらは聞かされつづけているからである。
 情けないね。でも、これが日本の現実。
 3月25日参加したひとは、私もふくめて旧世代である。20歳の永井さんにいまなお「次の世代に生まれてくる子どもたちが笑って暮らせる社会を作るようにしなければならない」と言われるということは、旧世代の努力不足であったということ。旧世代にとってはつらいね。つらいけど、もっと希求していこう。
 永井さん、「学校システム」に違和感を感じ、そのことを体に保った。だから、3月25日に発表した憲法草案の原石も、「ひとごと」では決してない。すべてが「わがごと」。
 「わがごと」として紡がれる言葉は。言葉以上の何かを醸し出す。人柄とか態度とか言い表す「何か」である。
 その「何か」は、ひとの心を動かす。
 「あなたの後には何人もの仲間がいますよ」という励ましの言葉が永井さんにかけれらていた。
 「水俣病を自分のこととして考えたとき、真実が見えてくる」(杉本栄子さん)。
 この杉本さん(もうなくなって10年たつね)の言葉が思い出される。
 「わがこと」として捉え直したとき、ほんとうのことが見えはじめるのだ。
 永井さんの憲法草案の原石の提示は、そのことを教えてくれる。
 永井さん、ありがとうございました。ありがと――。塩田敏夫さんも司会していただき、れしかったな。「封建時代だって、酷い殿(君主)を閉じ込め(幽閉)したということ、やったと言うじゃないですか。あきらめないで、やればやれること、いっぱいあるんですよ」とも言っていただいたね。心熱き塩田さん、ありがと――。
 次は4月22日に斉藤貞三郎さんのハンセン病家族訴訟。また、お会いしましょう。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878954
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

このページの先頭へ