論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第303回)あたりまえのこと | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第304回)裸のいのち >>
ハンセン病家族訴訟――斉藤貞三郎さんの4月例会へ、ようこそようこそ(その2)

 長島愛生園の宇佐美治さんが4月10日に91歳で亡くなった(連載コラム「いまここを生きる」第303回「裸のいのち」)。
 その宇佐美さんのことを一例に書かせていただく。
 宇佐美さんが大好きで「姉ちゃん、姉ちゃん」と呼んで、慕っていた叔母さんのことだ。
 その叔母の長女(宇佐美さんのいとこ)の結婚が決まり、結納がすんだ後になって、宇佐美さんの存在が知られ、急に破談になった。
 それを苦にして、叔母がなんと自死。古井戸に着物に石三つ入れて、飛び込んだ――。
 なんということ。
 このことがどれだけ宇佐美さんを苦しめたことか。
 28年前に出会った宇佐美さんは頑(かたく)なに家族のことを話さなかった。
 宇佐美さんもつらいけど、家族もつらいんだ。
 その後、宇佐美さん、2009年に奇跡的に家族関係が回復。甥(父の息子)が動く。「家の墓に入ってもよい」と言ってくれた。
 宇佐美さんはどれだけうれしかったことか。
 よかった、よかった。
 けれども、そういうひと(甥御さんのようなキーパーソン)がいないひとが圧倒的。故郷のことはタブーのまま、みんながみんな、死んでいっている。
 ハンセン病の問題は根が深い。
 4月22日(日)、学びあおう。
 ようこそ、ようこそ。

     2018年4月例会
4月22日(日)の午後2時〜4時半。
論楽社(京都市左京区岩倉中在地町148、TEL075-711-0334)
斉藤貞三郎さん(毎日新聞編集局次長)の「ハンセン病家族訴訟――歴史の伝承」。
参加費1000円。要申し込み(論楽社といえども私宅なので事前にTELを)。
交流会5時〜7時。自由カンパ制(自由参加)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878958
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ