論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< ハンセン病家族訴訟――斉藤貞三郎さんの4月例会へ、ようこそようこそ(その2) | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第305回)ニセモノの神 >>
連載コラム「いまここを生きる」(第304回)裸のいのち

 長島愛生園の宇佐美治さんが4月10日(火)の夕方6時に亡くなった。
 老衰(自然死)の91歳だった。
 何年か前から認知症を患い、ゆっくり、ゆっくりと大地へ帰(還)っていたんだと思っている。
 宇佐美さん、28年間、ありがとうございました。
 お会いできて、よかった。
 ハンセン病者への視線はいまだに厳しい。良くはなっているとはいえ、まだまだ厳しい。ひとびとの侮蔑軽蔑の目線は、具体的に実際に内臓の機能の低下を導くのではないのか。数量化しにくいけど、もしも非ハンセン病者のたとえば1.3倍の消耗度があるとするならば、宇佐美さん、118歳まで生きたことになるんだ、と思っている。
 生ききったんだと思う。
 「ありがとう」と言いに、4月12日(木)に葬儀に愛生園へ行った。
 斉藤貞三郎さん(毎日新聞)の運転の車に乗っけてもらい、行った。陽子さん(妻)、林昌さん(息子)といっしょであった。
 斉藤さんは家族ぐるみで宇佐美さんと付き合った。林昌さんのことを「義理の孫」と呼び、うれしそうに「こづかい、やらないかんな」と宇佐美さん、ほほえんで言っていた。
 その林昌さん、身長178センチの大学生になっているよ、宇佐美さん――。
 愛生園には子どもがいない。たとえ結婚したとしても不妊手術されているので、子どもはゼロ。だから、赤ちゃんだった林昌さんの訪問をどれだけ宇佐美さんたちは喜んだことか。
 振り返ってみよう。
 鳥取の徳永進さん(野の花診療所)によって島田等さんに出会ったのが、最初の最初。28年前のこと。島田さんに会いに長島愛生園へ行った。そこで島田さんの友人の宇佐美さんに出会った。
 宇佐美さん、両目が少し白濁し、前に少し出ていた。左目は視力ゼロ。右目は直前の手の平の指の数を数えられるぐらいの視力。
 その視力で猛勉強をしていた。生きのびるための独学をやっていた。その真剣さには敬意を持つ。
 ところが学歴というものへの拘(こだわ)りが宇佐美さんにはあった。それも強くあった。愛生園にいっしょに行った友人たちに必ず「出身大学は?」と聞くのである。
 これは学歴主義。
 学歴はあっていい。しかし、学歴主義は不要。そのひとのいのちを学歴という色眼鏡だけで見て、「ああ、このひと、この程度の偏差値か」と。そのひと自身を優生主義(思想)で把握してしまうんだ。ひとを優生(優秀ないのち)と劣勢(劣ったいのち)に区別していく思想で、現代企業社会の本道(中心を流れていく道)である。「どうやって区別するんだ?」とツッコミを入れても、誰もわからないはず。答えられないはず。だって、根拠がないもの。そんな優生思想によって、大企業が経営され、ひとびとは分断され、バラバラにされ、そうしてナショナリズムも加味されて長島愛生園も生成されたんだ――。
 宇佐美さん自身にも、きっとその拘りはどうにもならないものだったにちがない。わかっちゃいるけど、やめられないんだ。
 宇佐美さん、裸のような魂のまま、生きぬいた。学歴主義のような奇怪なものもの、矛盾したままにたもっていたしね。金泰九(キム・テグさん、近所に在住していた病友)が女性にもてているのを見て、「ワシ、妬けるんじゃ」とも言っていたし。「好きだ」とは言わず、わざと下向いて「あんたのこと、好きじゃない」と言うようなコミュニケーションをとるような所もあったね。離れがたい親しみがあった。
 いずれにせよ、ハンセン病違憲裁判の瀬戸内原告団長に宇佐美さんがなり、2001年の小泉首相(当時)の控訴断念の談判の場にも宇佐美さんがいた。
 4月12日、宇佐美さんの遺体、なぜか、口が空いたまま。大きく開いたままだった。
 空也の口から「ナムアミダブツ」という仏が出てきたように、宇佐美さんの口から「ワシハハダカ」という仏(ぶつ)が出ていたよ。
 宇佐美さん、ありがとー。
(4月19日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 06:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878959
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ