論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第308回)あるがままに | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第310回)あるがままに(その3、完) >>
連載コラム「いまここを生きる」(第309回)あるがままに(その2)

 先週の「あるがままに」の続きをもう少し。
 あるがままに、いまここを生きることは、できない。
 でも、できないがゆえに、求めて生きてゆく。
 その矛盾を、あるがままに背負って生きたい――。
 そんな呟きのメモ――。

 

  4月―日
 古い映画『デッドマン・ウォーキング』を見た(龍谷大学アバンティ・ホール)。受付でもらったチラシを捨ててしまったので、出演者名も監督名も知らないので、書けない。
 凌辱殺人事件を犯した主人公が薬(毒)物注入による死刑執行にあって死んでいく。そんな史実に基づいた劇映画。
 主人公は2人の弟や母さんには心を寄せていくのに、社会全体には「居場所はない」「こんちくしょう」と思ってる。白人至上主義者で黒人のことをこてんぱんに言って差別している。そんな執着男。
 この矛盾が私には興味深い。
 矛盾をユーモアをもって表出してもらえれば、おもしろかった。
 そうしないことで、凌辱や死刑のシーンのリアルさを求めてしまい、死刑廃止運動の映画にしてしまった。残念だ。
  5月―日
 近所の「無料の貸本屋」の岩倉図書館へ、2〜3日おきに最近行っている。散歩のコースに入ったね。数分間でも立寄っている。
 「毎日新聞」の京都版を読んでいる。塩田敏夫さんの丹後版の記事を探すけど、週に1回ぐらいしか京都版には出ない。「応援したい。そのためには、まずは読まなきゃ」と思ったのである。
 ついでに青木理、望月衣塑子、朴裕河(パク・ユハ)、W・ライヒなど。いままで読んで来なかった本をリクエストしている。最近はまるで親友のように2日に1回のペースで「入荷しました」と電話がかかってくる。
  5月13日
 安楽寺へ雨の中行く。伊藤あずみさんの、5か月たってのお別れ会。
 法然の弟子の安楽。後鳥羽上皇の怒りを買って、五条河原で処刑。平安時代ずっと死刑がなかったのに。
 その安楽の寺院だ。法然院の南にある。
 昨年12月の初めに思い切って、訪ねてみた。そうしたら、「一般公開はしていない」とのこと。でも、そうは言いながらも、「せっかく来られたんですから」と庭に入れてもらった。
 その2週間後の昨年末、なんと安楽寺から出火。伊藤さん(住職夫人、57歳と新聞にあり)、焼死。
  5月20日
 43年ぶりに広島へ行く。平和記念資料館へ思い立って行く(本館が改修中だったので、東館だけだったけど)。ヒロシマはとてつもない聖地。
 明子の里の東城の大奥寺へ行ったので、ふと思って、東城から高速バスで日帰りで行ったのである。
 爆心地あたりの地面温度が6000度、7000度に達していた、と東館の説明パネルにあった。
 なんていう生体実験。「ベスト・アンド・ブライテスト」(選良)と言われるひとたちが「クレイジー・ドッグ」(狂犬、日本人のこと)を7000度の熱線放射能で殺す。こんなことまでして、ひとはひとを支配し、潰し、食う。しかもいまも続く状況。米国が示した力に膝を屈する日本の支配層。怒ることすら忘れてしまった民衆。
(5月24日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 06:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878965
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ