論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第312回)一本道 | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第313回)消えない火 >>
宗教以前――松本剛一さん、高倉和子さんとの6月例会へ、ようこそ、ようこそ

 時間はないけど、6月24日(日)に6月例会。
 松本剛一さん、高倉和子さんに来てもらい、たとえば「宗教以前」――政治以前、経済以前、あるいは言葉以前でもいいんだけど、何かに成り上がってしまい、権力権威を自らが持つ以前の姿、素のいのちの姿を想い起こしてもらうこと――というテーマで、ともにおしゃべりしてみたいと思う。
 いま、各地でさまざまな問題が次々に発生生成している。
 たとえ縁あるひとつの問題にコミットできたとしても限りがある。まじめにまじめに燃えつきるまでもやってしまいがちだけど、それではやっぱりあまりにも無念。残念。
 平和、民主主義なんて究極の境地。永久的に為しつづけなければ、実現は永久的に不可能。永久的って、いまここの連続の結果の積み重なり。いまここ、いまここで、自らのいのちが生々と平和でなければ、なんの未来性もない。
 まずひとりひとりのいのちがいま生きてある場所、現場で生々と生ききること。これが一番。
 すべてのすべてが相互依存的連係生起(dependent co-arising)。すべてがつながりあって、支えあってある。
 私の家の庭先の向こうは、沖縄の辺野古の青い海なんだ(まだ行ってないけどね)。
 もちろん、「ともに生きる」とは「ともに戦う」こと。縁が生じた学校のこと、図書館のこと、食や農のこと、原発のこと、ハンセン病をはじめとした差別のことを表現し、声を出し、そうしてわがいのちを受認して生きることにも同時に、取り組んでいくことだと思う。
 生々と生きることだけが、人生の目的。
 宗教も政治も経済も、市民運動も、その目的達成の手段。手立て。方便。
 ところが、たとえば宗教なら宗教においても、何教であろうが何宗であろうが、どうしようもなく集団エゴイズムがその組織の内部で発生しているので、苦労がつきない。手段を目的としてしまうことは、ふつうに起きる。やせたものになってしまうかもしれない。裸だと不便なことがあるかもしれないので、宗教があってもいいけど、別になくてもさみしくなければ、それでもいいと思う。くりかえすけど、宗教は手段なんだから。
 それよりも大切なのは、宗教以前の、言葉以前の、素のいのち感覚なんじゃないのか。
 風。水。土。花。鳥。虫。星。月。
 それらと交流交感するいのち感覚。
 青空に向こうに見えていく星たちが在るという感覚(実際には昼間の星は見えないんだけどね)。
 雲をつかむような、頼りない話に思えても、幾日も幾日もいのち感覚を育てていくと、いちまいの葉の向こうに、大きな雲ひとつが感じられていく、楽しい感覚がきっと生まれてくるんだ。
 実のところ、以上のような話が友人たちと交わしたかったのかもしれない。そうして考えてみれば、論楽社、ずうっと、このテーマで動いてきたと思う。
 急な話ですけど、6月24日、ようこそ、ようこそ。

   2018年6月例会
6月24日(日)の午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL075-711-0334。
松本剛一さん(門真市の北巣本保育園理事長)と高倉和子さん(中学校教員)と私(論楽社)の論楽会(参加者とともにおしゃべり)「宗教以前」。
参加費1000縁(要申込、私宅なので事前に必ず連絡を)。
交流会(リフレッシュ・ミーティング)5時〜7時(自由カンパ制)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878970
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ