論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 宗教以前――松本剛一さん、高倉和子さんとの6月例会へ、ようこそ、ようこそ | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第314回)直訴(その1) >>
連載コラム「いまここを生きる」(第313回)消えない火

 論楽社に「ぶなの森の会」があった。
 過去形であるとずうっと思ってきた。
 小冊子の『ぶな』も10号で休止している。20年間も休んでいるのだから、もう「終わった」「消えた」と思って、自然なこと。
 『ぶな』9、10号は各200冊もまだあり、6〜8号もそれぞれ何十冊がいまもあり、「ぶなの森の会」を支えていただいていて、名簿が残っているひとに、気まぐれのように、いま1冊ずつ送付している。ゆっくりと送りつつある。
 20年もたつと、身辺は変容する。「母は4年前に亡くなりました」と家族のひとから電話が入ったりする。自然なこと。
 「ずっと活動されている事、嬉しく思いました」「論楽社はボクの根っこの“肥やし“でした」という反応反答があったりする。ありがたいこと。
 しだいにはっきりと気づくようになってきた。何か。それを書く。
 20年前当時の私はなるべく私自身を隠していた。隠れていなかったかもしれないけど、主観的には隠れたつもりで、「論楽社編集部」(こんな実体はない)「論楽社ぶなの森の会」(事務係のつもり)とか、名告(の)って、ペンをとっていた。
 いろんなことがつらかった。「終わった」と自分自身で思いたかったんだろう。
 ところが、「ぶなの森の会」の名に託した私の願いは一切変わっていないことに、改めて気づいている。
 「ぶな」は橅と書く。「役に立たない、用無しの木」と書く。杉や桧ではないけども、建材にも東北や新潟、岐阜などではちゃんと使われていたし、保水力がきわめて豊かで(実際にぶなの森では水筒いらず)、葉っぱが薄い緑なので水を透かし、下草低木きのこなどの多様ないのちを多元的にいっぱい育てていて、見事なのだ。歩いてみたら、誰しもが「この森はいいね。ずっといたい」と思う森。
 きっと橅という漢字をつくったひとは、実際の「ぶなの森」を知らなかったのであろう。
 ぶなの自然林(原生林)を戦後に乱伐過伐し、杉の人工林にしていった。ぶなの価値に無自覚で、無計画な欲望のままに「ブナ退治」「ブナ征伐」なんていう言葉すら平然と使われていた。
 そうして、ほとんどの山が杉だらけになって、台風や大雨のたびに倒れ、下流に流出している。山が荒廃している。
 橅の種が年々山に蒔かれていって、荒廃した森が再生していくのを夢見ている。再生力を信じている。
 その橅の名を冠した「ぶなの森の会」も生きていると思っている。実感している。
 亡くなったひともいるし、心病んでしまったひともいる。
 表層がそうだとしても、何があったとしても、みんな、いのちいのちいのち。
 「ぶなの森のように多様に生きていこう」という願いは、いまも現実に私の体の中にある。
 私の思いはいまも再生され、更新されている。私の中に火が灯っていて、消えていないから。
 ホームスクールにしてもそうだ。このたびホームスクール(家庭学校)の参加者たちの膨大な作文を読み直した。そうして処分して、別れていったのだが、同じように改めて火が灯っているのに、気づく。ホームスクールにおいても表層はいろんなことがあった。しかし、「もうひとつのホーム」「もうひとつのスクール」であったし、これからもありつづける。私の体の中、その火が灯っているから。火が消えていないから。
 私のいのちがあるかぎり、火は消えない。
(6月21日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 06:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878971
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ