論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 「もういいよ」と親に言いたい――黄光男さんの「講座」へ、ようこそようこそ(その2) | main |
連載コラム「いまここを生きる」(第316回)灯がともる

 『離島の本屋――22の島で「本屋」の灯りをともす人たち』(ころから、2013年、以下は本書とする)を書店で何気なく見つけた。
 本屋という存在に親近感を持っているひとならば、思わず手にする本。サブタイトルもいい。写真も盛りだくさん。旅気分の味わい。
 書き手は、朴(ぼく)順梨(じゅんり)さん。文中に「『元』在日韓国人」(本書P.26)なんてある以外は、わからない。その朴さんの離島への旅の記録。
 離島なんだから、お客さんも書店主もみんな顔見知り。
 どんな本を買ったか、わかってしまう。
 恥ずかしいし、イヤなこともある。
 それ以上に知っているひとがいるから安心安全の交換の場所に、小さな島の本屋がなっている。
 本には「生きのびる愛」が詰まっている。
 その本は書き手や編み手(編集者)に、渡し手(書店員や図書館員)に読み手(あなた、私のこと)がいないと、成り立たない。島まで届いた本を手渡すのは、きっと喜び。
 「『この本誰かもってる?』って聞かれることもあって」とノートをつけている店主(本書P.31の伊豆大島の冨士屋書店)。
 その誰かが友人だったら、見せてもらうんだ。シェアするんだ。おもしろい。
 書店は商売なんだけど、商売だけではないんだ。
 他の仕事も島ではそんなんだろう。
 貨幣も重要だけども、ともに生きていくということのほうが島では最重要であるルールなんだ。
 日本だって大きな島、地球だって大きな船――と考えれば、全く同じなのに、そういう現実を忘れてしまって生きていると言える。
 イメージ・トレーニング。「島で生きること」を心の中に置くというイメージを持つと、おもしろい。「いかにムダなことをしているか」がよくわかってくる。本書は「もうひとつの旅」へ誘う。「成功ではなく、幸福を求める」ことを改めて気づかせてくれる。
 私はまだ縁がなくて、宮本常一さん(1901〜81)をほんの少ししか読めていない。いかん。
 本書で、その宮本さんが登場してくる。
 山口県の周防大島の鶴田書店主が、こう言う。
 宮本さんは周防大島出身。「まさに小さな島の、大きな誇りなのだ」(本書P.56)。そうなんだ。
 「先生の本は自分の趣味で集めてるんだけど(レジの横に積んでいる、虫賀)、その中で一番読んでほしいのは『忘れられた日本人』(岩波文庫)と、『私の日本地図』(その後、未来社から復刊)です。特に『私の日本地図』のあとがきには、『島で生きるためにはどうしたらいいか』について書かれているんだけど、それを読むと、自分もグッとくるんですよ」(同P.56)。
これを見て、「あ、宮本常一に出会ったんだ」と思う。忘れずに『私の日本地図』を図書館にリクエストしよう。きっと何かが生まれる。
 離島の本屋。現実には雑誌に文房具、駄菓子をいっしょにした商店が半分か。それも潰れていっているのが現実(潰れた後は、図書館の分室をつくっていってほしいな)。
 しかし、その本屋の灯りがともっていることによって、心がほっこりできたら、凄い価値があるんだ。小笠原諸島、隠岐島、礼文島、与那国島に灯りがいまともっている。
 私は離島じゃないけど、岐阜の羽島の片田舎で、「親問題」(鶴見俊輔)に気づいてから、自転車に乗って25分、武藤書店と田中書店(この2つしか、羽島にはなかった)へよく通ったのを思い出す。当時買って何度も読み返した『ガンジー』(旺文社文庫!)はいまも座右の書だ。
 離島というのは、山小屋と同じように、ひとにとって何が大切で、何が大切でないのか」の原点を思い出させてくる。長崎の対馬の睦書房で反原発の本が売れているというのもおもしろい(本書P.133)。「対馬の財布は自然しかない」(同)。これもひとつの原点を示現してくれている。
(7月12日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 06:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878977
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ