論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第325回)角栄とキッシンジャー | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第326回)原生命(いのち) >>
弱さという恵み――とりいしん平さんのホームコンサート

 9月1日(土)にとりいしん平さんを迎えたね。
 しん平さん、登る道は違うけど、同じ方向に向かって歩んでいると思っている。
 うれしいひととき。
 しん平さん、最初に「神学生ブルース」を歌う。
 50年前の「受験生ブルース」の替え歌(半世紀前の元歌、知ってる?! 知ってないと替え歌にならないけど、まあ、いいか)。
 軽妙な歌声が響く。

♪1.おいで みなさん聞いとくれ 僕は還暦大学生 定年退職した後は 同志社大学神学部
 2.うれしはずかし入学式 18、19の子にまざり 新入生席に座ったら 「お前は保護者席」と非難の目
 3.40年ぶりのキャンパスは 見るもの聞くもの新しく 便利できれいでスマートで 立て看・ヘルメットよどこ行った?
 4.耐震補強に身をかため 文科省助成金に支えられ 優秀な学生に囲まれて 浦島太郎の老学生
 5.授業の合間に通うのは 失業手当のハローワーク ローンと学費で消えていく 汗の結晶退職金
 6.楽しいサークルなんのその アルバイトにも目をくれず 必死で授業についていく ギリシャ語コンピューター身につかぬ
 7.朝は4時から起きだして 始発で京都今出川 満員ラッシュをさけていく 読書のつもりが二度寝して
 8.立派な牧師になるんだと 教会の皆さんに励まされ 後にひけない60歳 牧師の卵の60歳

 しん平さん、信頼している牧師から、「牧師にならんか」と言われたのが3年前。
 その牧師、被差別部落に生まれ落ち、それゆえに人権を希求し、世界各地も訪れた。その活動の最(さ)中、倒れる。
 後遺症が残り、身体はいまも不自由。腕も肩より上にはあがらない。
 その牧師から励ましを受ける。
 出会いの恵みを思う。
 しん平さん、ギターを持ってニコニコ顔で歌う牧師になっていくんだ。
 とってもいいねえ——。
 話が自然とひとの弱さになっていく。
 弱さ。強さが単に欠如しているというようなことではない。
 老病死や煩悩苦悩を抱えてある、荒波にさらされてあるひとというものの本質のこと。その本質を原生命(いのち)が支えている。いのちは透明な青空だ。
 私ももっともっと気づいていかなきゃならない。優生主義(思想)なんていうものの真逆にある恵みが弱さ。
 その弱さが神話的時間(鶴見俊輔)を生む。時間とは生そのもの。
 その生そのもののあったかく豊かな世界をしん平さんはいろんな本、絵本を使って、伝えてくれる。おもしろい。弱さの神学・人間学。
 しだいに「もったいないな、この恵みを知らない会社社会とは」と思うようになっていく。ほんとに日本は変わらなければならない。
 あるひとがしん平さんに質問。「介護を受ける母は自らの弱さを嘆いている。弱っていく自分自身が受け入れられない。いまこそ、イエスが傍らにいてくれていると思うときなのに。熱心な、強い母の信仰心がつらい」と。
 しん平さん、黙ってうんうんと頷きながら、次の歌を歌った。ちょっとびっくり。
 私が綴った「雨戸」。前にも記したけど、いまいちど、書いてみる。
 しん平さん、心に沁みる話、ありがとうございました。忘れられないひとときでした。

雨戸
    詩・虫賀宗博
    曲・とりいしん平
いまはもうすでに朝なのに
なんで雨戸が閉められたままなの
思い切って雨戸を引き開いてごらん
いちまいずつ いちまいずつ ちょっとずつ
朝の光が差し込んでくるだろう
ぬくもりの光が縁側のほうへ 座敷へ 台所へ
入ってくるだろう
ぬくもりの光が

 

失うものがない心には 喜びしか流れ込まない
新しい私を見つけ出すことによって 私は私自身を越えていく
失うものがない心には 喜びしか流れ込まない
新しい私を見つけだすことによって 私は夜を越えていく
ラ ラ ラ ラ ラ ラ
ラ ラ ラ ラ ラ ラ
雨戸

 次回の10月例会は、新しい試み。10月14日(日)の午後1時〜4時、スワローカフェのひとびとが育てた丹後半島の米のおむすびを、ともにいただく。2018年の新米だ。遅い昼食をともにいただく。
 詳しくは、また。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878990
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ