論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第329回)性、いのちの根 | main | 連載コラム「いまここを生きる」」(第330回)水のかすかな音(ね) >>
おむすびを食べながら――スワロウ カフェとの共催の例会へ、ようこそ、ようこそ(その2)

 何よりもまずひとりひとりが静かに気づいていくこと。
 それが何よりも大切ではないか。
 すれば、日米安保なんて、「米軍の駐留権と基地貸与を認めただけ」の条約だ、とすぐにわかる。
 この2つだって、スゴイことだけど。
 ならば、「米国が日本を守ってくれている」「だから(お世話になっているから)思いやり予算を米軍に届ける」なんて、妄想とわかる。思いやり予算なんて不要ともなる。スッキリする。
 だから、日本に必要なのは、気づいたときにブレーキを踏むこと、それだけである。
 そのブレーキが壊れてしまっているから、いま問題なんだけど、壊れたものは直し、とにかく気づいて前へ歩むことだ。
 米国とはケンカせずに軍事条約から離れ、友好平和条約を結びなおすイメージを持って、努力することだ。
 ひとりひとりが気づいて、言葉にすることだ。声に出すことだ。
 どうだろうか。ちがうだろうか。
 ブレーキが壊れたままだったら、いずれ必ず破滅してしまうじゃないか。
 10月14日(日)、ようこそ、ようこそ。

   2018年10月例会(スワロウ カフェとの共催)
10月14日(日)の午後1時(おそいランチ)〜4時。
論楽社(左京区岩倉中在地町148:TEL 075-711-0334)。
「宇川の米のおむすびを食べながら——塩田敏夫さん(毎日新聞記者)とスワロウ カフェのひとたちと ともに語ろう」。
参加費無料(ただしスワロウ カフェと論楽社からカンパ布施のお願いがあり)。
要申し込み(私宅なので、人数の確認もしたいので、事前に必ず)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878997
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ