論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< おむすびを食べながら――スワロウ カフェとの共催の例会へ、ようこそ、ようこそ(その2) | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第331回)1987年革命 >>
連載コラム「いまここを生きる」」(第330回)水のかすかな音(ね)

 大阪の門真の友人から小さい本が届いた。
 『いのちの水』(トム・ハーパー、訳・中村吉基、絵・望月麻生、新教出版社、2017年、以下本書とするね)。
 ちょうど1か月前に岩倉図書館へリクエストを出した本だったので、図書館から連絡が入る前に、友人から届いて、少しびっくりした。
 「キリスト教が舞台ですが、仏教でもイスラム教でも同じ問題を抱えていると思います。もし、もう入手済みで読まれていたら、またどなたかにおまわしください」と手紙が添えられながら。
 ありがたい。ありがとう。
 短いので、すぐに読了。でも、もういちど、さらにもういちどと読み返す。何回読み返せばよいのか。きっと本書を必要としないときまで、読みつづけなければならないだろう。そういう本書だ——。
 本書は寓話。「むかしあるところに、岩だらけの広い荒野があった」と始まる(ページが打ってないので、明記できない)。
 その荒野に巡礼道があり、「岩から水が湧き出ている場所があった」。
 この泉は誰が発見したのか、わからない。
 そうして、これがきわめて大切なのだが、誰のものでもない。水というものは、もともと誰のものでもなく、生きとし生けるものたちのすべてのものである。
 「ただ単にのどの満たされることを体感して驚き、喜んだ」。
 「その水を飲むと体も心もいやされ、希望と勇気がふたたび強められたのだ。人々は生きることに新鮮な意味と豊かさを発見した。それぞれの重荷をふたたび担い、新たな思いで歩きだすことができるようになった」。
 この泉は「生きる水が溢れる場所」と名づけられ。「いのちの水」と呼ばれるようになった。
 時を経て、ひとびとはこの泉に感謝し、記念碑を建てるようになった。
 その碑はしだいに大きくなり、聖堂になり、周囲はなんと高い壁で包囲されてしまう。
 儀式が生まれ、規則が定められる。水を飲めるひとも限定される。
 その限定政策をめぐって、争いが生まれた。戦争は最悪最低最大のいのちへの犯罪。いのちの水をめぐって、戦争がはじまるのである。
 勝ったひとたちは、いっそう大きな記念碑と壁を造り、泉も覆われ見えなくなり、ついに忘れられてしまった。
 「神殿のかたわらを通り過ぎるとき、むかし聞いた隠された泉の物語を思い起こし、言葉にできぬほど強い懐かしさと憧れに捉えられた」。
 泉を管理するひとに「誰もがふたたびその水を飲んで力を得られるよう」と迫るひと(預言者)が現れたけど、殺される。
 「ごくわずかな巡礼者たちの耳に、ときおり奇跡のような音が聞こえていた。(略)はるか深い底から聞こえてくる、流水のかすかなこだまだった。そのとき、決まって人々の眼は涙で覆われるのだった」で本書は終わる。
 いろんな解説や説明は可能。でも、あえて止める。
 このラストの「はるか深い底から聞こえてくる、流れのかすかなこだま」の音を、いまここでも味わいたいと思う。
 どのひとにもある「いのちの水」だ。その音は。
 そんな音がすっかり聞こえなくなっているひともいるし、その音の存在自体を疑っているひともいる。
 もともとみんなにある音。宗教以前の、中村哲さんの湧き水のような音。聞こえてほしい。
 「かすかなこだま」の音がいまここにある。
 その音によって、地上の権勢を相対化させる精神の運動が生み出される。そのささやかな精神の運動を、ただ宗教と呼んだだけ。もともと何もない。相対化できなければ、宗教に存在価値はない。地上の価値を絶対化し、その価値を体現しないひとを差別するようなものは宗教ではない。そんなことを本書は示現している。
(10月18日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/878998
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ