論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第331回)1987年革命 | main | 運動以前が運動自体を育てる――スワロウカフェの10月例会レポート >>
連載コラム「いまここを生きる」(第332回)青い空

 論楽社には「紙リサイクル」というハンコがある。私あてに送られてきた封書の住所のところに白い紙を張り、再利用。30年近くやっている「ひとり市民運動」。どうも面倒と思われるようで、1〜2人にしか広がっていない。私、こういう手作業が好きなんだ。
 新しい小型ハンコが加わった。小さなブッダ。右手を上げている。ブッダが「やあ、調子いいね」と言っているようだ。そう思って、奈良の国立博物館で求めた。
 そのリトル・ブッダのハンコを手紙、ハガキにポコンと打って、「いまここを生きる」「いまここをほほえむ」と書き添えている。でも、少し押し付けの感じも湧く。いろいろと考えた結果、結局のところ「ともにいまここを生きる」へ辿り着く。
 これだ。心の底から思える。これがいい、と。ともに生き、ともにほほえんでいくようになってゆきたい。
いまここしか、主体として生きることができないのだから、明日のためにも、少しでも、生々と在りたい。いまここを生きる。ともに。
 そんな10月の日録の抄録——。

 

   10月10日
 石川真澄というジャーナリストがいた。私は好きで読んでいた。思い込みのイデオロギーの時代に、誰もが目にしている表やグラフのデータを中心に政治を論じていた。どんな現実主義者の論よりも現実を捕らえていた。
その石川さんに『ある社会主義者——羽生三七の歩いた道』(朝日新聞社、1982年)がある。35年たって、再読。名著と思う。文庫版、出してほしい。
 羽生(はにゅう)三七(さんしち)。父親が37歳の子だから、付けた。後に「なんでこんな変な名を付けたのか」と父に聞いたら、「選挙のとき連呼してもみんなの心に届くだろうが」と言われた。なんと捌(さば)けたひと。そういう現実を見る目が父にも子にもあった。長野の伊那谷の米穀商の日々で培われたもの。現実が理想を鍛え、理想が現実を育てていくことが体に染みていたんだ。小学校卒で「ともに生きる」活動を志し、戦後に参議院議員のとき、日本で最初に非武装中立を提唱していったことも同じ現実感ゆえであった。ちょうど石橋湛山が持っていたのと同じような現実感ゆえだった。

 

   10月—日
 明子の里へ行く、実家の寺のウラヤマに登る。「登山道が整備された」と聞いたゆえ。
 そのウラヤマの名は大飯(おおい)ヶ辻山(1040メートル)。別名は井河内(いごうち)大山。
 明子と往復3時間のハイキング。全山が黄葉紅葉。腐葉土のあったかい香りに満ちる。杉の植林がゼロ。大山(だいせん)信仰の山だからだろう。
 頂上からはその大山、船通(せんつう)山、道後山が見渡せるか、と思ったけど、あいにくの雨。水墨画のような色合いの山々があった。
 忘れえぬ山。

 

   10月26日
 映画『モリのいる場所』(2017年)をやっと見た。
 熊谷守一(もりかず)の伝記映画。『へたも絵のうち』(平凡社ライブラリー)の絵かき。大好き。
 仙人というイメージを展開しているんだけど、どこかちょっと空転しているのを感じた。音楽の奇怪な感じが少し示現していた。それぞれの表現があっていいし、それはそれでおもしろいけど。
 仙人じゃなきゃなんだ。私は意識を包み込む青空を見つけ出したひとと思っている。透明で深い生命の泉が溢れ出してきたのだと思う。子どもを餓死させたころから、ふしぎに意識の底の青空を見つけた。あまりもの悲が導いたと思っている。
 「さあ、学校へ行ってらっしゃい」と妻が言う。夕食が終わってから「そうや、学校へ行ってくる」と立つ守一。学校とはアトリエ。絵を画くという修業するところ。
 守一は97歳まで修業し、青空を深めた。いい映画。

 

   10月—日
 本田哲郎さんの自主的な聖書(ローマの人々への手紙)の研究会が伏見の教会で開かれている。3回目の参加。
 仏教で最も大切なことをひとことで言えば、慈悲だ。
 本田さんのキリスト教において、その慈悲はもっと深められている。「小さくされた、低くされたひとびと」をまっ先に神が見つけ出しているのだから、気づくこと。そういうひとびとを大切にしていくことがすべてのひとびとを救済することに至るということ。無教会派の仏教徒の私にも、その気づきは大切であるということ。
 「これだ!」と思い、参加。
 私の青空発見。
(11月1日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879000
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ