論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第333回)ウラヤマ(その5) | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第334回)ウラヤマ(その6) >>
戦争の現実を改めて見つめ直す――三室勇さんの11月例会へ、ようこそ、ようこそ(その2)

 戦争が終わった、とする。
 とてつもない異常な行為行動の結果を前にして、「どう考えていいのか」「どう生きていけばよいか」がにわかにはわからない。これが自然な反応ではなかったか。
 古典の誰かの、何かに呼応し、反応に生の指針となれば、それは幸いなこと。そうでない多くのひとびとは、自らの内部で自ら言葉を紡ぐこと以外に生の荒野を生きることはできなかったと、思う。戦後精神とはコレであったし、私は私でその精神のパスを受けとってきたつもりの人間である、もう次の戦争はない、と思っている。
 ところが、そうでは全くなく、「戦争が終わったとたん、次の戦争に備える」というひとがまた多い。第2次大戦中の調査をし、姿の見える敵に向かって、発砲した兵士がわずか15〜20パーセントなので、訓練していこうという考え方のひとがいて、着々とやってきている。発砲率が朝鮮戦争で50〜55パーセントへ、ベトナム戦争で95パーセント。着々、ちゃくちゃく、チャクチャクと音が聞こえてくる準備がすすんでいる。これが戦争のもういっぽうの現実だ。
 だからこそ、いろんなところで、いろんなひとが、あきらめずにへこたれずに、何やかやゴチャゴチャと「戦争って、こうでっせ」と言いつづける必要がある。
 まけちゃあ、いかん。
 それだからこその11月例会。
 ようこそ、ようこそ。
 来月は12月16日(日)の中嶌哲演さん(明通寺住職、福井から原発を止める裁判の会・代表)の「仏教以前のことから」。
こっちも、ようこそ、ようこそ。

   2018年11月例会
11月18日(日)の午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
三室 勇さん(エディター兼ライター)の「戦争の現実を改めて見つめ直す」。
参加費1000円。要申し込み(私宅なので、事前に必ず)。
交流会5時〜7時(自由カンパ制、参加は自由)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879004
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ