論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 戦争の現実を改めて見つめ直す――三室勇さんの11月例会へ、ようこそ、ようこそ(その2) | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第335回)明日が見える >>
連載コラム「いまここを生きる」(第334回)ウラヤマ(その6)

 ウラヤマへの紀行。その6回目。
 11月の初めの休日に、再び比良山系の白滝山(1022メートル)と白滝谷へ行った。
 2018年のいまここの紅葉に出会いたかったからである。
 ブナ、ミズナラの紅黄葉にスバリ出会えることができた。ありがたい。
 気品のある姿でそれぞれの木々は最期を鮮やかに染め、散っていた。
 落葉は死では全くない。死も生もない「大いなるいのち」に続く。来春の芽吹きに備えているのである。
 白滝谷の紅黄葉は見事。下山するとき、まだ昼の1時半なのに、すでに谷は日陰が始まり、木枯らしが吹き始めた。
 カエデもブナ、サワグルミも、すべての紅黄葉が巻き上がり、吹き上がっていった。
 昔々のこと。火山活動で比良山系が生まれた。その後に凄まじい断層が生まれ、琵琶湖側が陥没(その結果、川が塞き止められ、いまの琵琶湖が生まれる)。同じような断層(花折断層といって、いまも活断層、若狭の原発のほうに連なっている)によって、安曇(あど)川側も陥没滑落しているのが、たとえばいまここの白滝谷。傾斜20度を超える急斜面の谷。
 花崗岩に覆われているから、白っぽい。白い滝が次々と現れ、紅黄葉がしきりに回り、飛んで、舞っている。
 言葉を失う。ただ見ていた。美しい――。
 山行コースの説明、忘れていたね。朝8時に岩倉の花園橋から京都バスに乗る。花折峠を越え、坊村に1時間後に着く。
 バスを下りるほとんどの人は主峰の武奈ヶ岳(1214メートル)へ向かう。私ひとりは明王谷を登り歩く。
 伊藤新道から直登。30分でワサビ大滝(落差20メートル)、いくつかに流れが枝岐れし、流れている。
 トチノキの大木がどかーんと立っている。見事だ。
 そこからがきつい。体力的にヒーヒー。スギの植林地を傾斜20度〜25度の急山道を登ることになる。
 大滝から1時間で白滝山の頂上に立てたから良かったけど、「あれがもう30分、40分も続いたら……」と思った。63歳のいまの体力の限界かもしれない。いままでは「路傍の小さな花を傷つける」と思っていた杖(トレッキング・ポール)の使用を考えようか、と思ったほどだった。
 白滝山も頂上らしい展望はない。冬木立のブナが立っているだけ。それはそれで美しい。音羽池などに下り、夫婦(めおと)滝へ、急斜面を下りていく。
 ここで「武奈ヶ岳はこの道でいいのですか」と実に奇妙なことを聞くおじさんに会った。びっくりぎょうてん。これって、八坂神社で「上賀茂神社はもうすぐか」と聞くようなもの。「決定的な間違いを4回はしている」「どうして大橋小屋からココに来てるんだ」と思ったけど。もちろん、そんなことは言わない。言えない。「ココから白滝山へすぐ登ることができますから、そこから下山し、坊村へ下りることを、心から勧めます」と言ってみた。あのおじさん、ちゃんと家に帰っただろうか。
 そういえば、伊藤新道で大津市消防局のお兄さんに会った。新人の隊員の訓練を兼ねた見回りをしている、と言う。地図も持たないで(もちろん磁石なんてない)、比良山系にやってきて、「私はいまどこにいるのでしょうか」と109番電話していくひとが年間20人はいる、と言う。109番のヘリコプターはタクシーじゃないのに、ね。うーん。
 夫婦滝(落差25メートル)の清楚な、立派な姿を眺め、白滝谷を下っていった。橋のない丸岩だらけの“流れ橋”が3か所もあり、なんとか渡り、3時半に坊村に戻った。
 忘れられない白滝山、白滝谷。ブナの紅黄葉の別天地。
(11月15日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879005
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ