論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 戦争をやれば、ひとが壊れる――三室勇さんの11月例会レポート | main | スピリチュアル・アビュース――友人が教えてくれた本(その1) >>
仏教以前のことから――中嶌哲演さんの「講座」へ、ようこそ、ようこそ(その1)

 12月16日(日)は中嶌(なかじま)哲演さん。
 福井県小浜市の明通(みょうつう)寺の住職。空海の真言宗。1200年前に創建されている寺。
 「福井から原発を止める裁判の会」や「原発反対福井県民会議」の代表でもある。運動の中心に、哲演さんの姿がいつもある。
運動以前の哲演さんは「自閉的な灰色のニヒリズム」に取りつかれていた(いままで2回、論楽社に来ていただいているので)。ひょんなことかで、近所に原爆の被害者がいたことで、いろんなことに気づきはじめた(内部ヒバクのことなど)。55年前のことだ。
 そこから哲演さん、ヒバクシャ援護の托鉢を1968年から始める。26年間も続ける。
 そのころ関西電力は若狭(一帯)を狙い打ちにしはじめていた。さっそく「原発設置反対小浜市民の会」を哲演さんは立ち上げる。1971年のこと。
 「反原発」の声は出すけど、小浜以外に次々と原発が発生していった。
 哲演さん、反対運動に集中していく――。
 以上が、ここ2回の講座だ。
 3回目の講座だ。視点を少し変える。
 あえて「仏教以前」に光を当ててみよう。そう思って、哲演さんにお願いした。
 何かが形成されると、その何かの形にどうしてもこだわってしまう。執着してしまう。その何かの以前の姿にゆたかに気づくことで、その何かそのものに新しいエネルギーが加わっていく。
 運動以前に気づくことによって、運動そのものがより輝く。宗教以前に気づくことによって、宗教そのものがより光る。
 そういうことだ。
 みんながみんな知っているように、ブッダになる以前のゴータマ・シッダールタはシャカ族の王家の息子だった。人間存在の生老病死に苦悩した果てに出家した――と、言われている。
 それは間違いない。
 「王よ、あちらの雪山(ヒマーラヤ)の側に一つの正直な民族がいます。昔からコーサラ国の住民であり、富と勇気を具(そな)えています。」(422)
 「(略)《サーキャ族》(釈迦族)といいます。王よ、わたくしはその家から出家したのです。欲望をかなえるためではありません。」(423)
 「諸々の欲望には患(うれ)いのあることを見て、また出離こそ安穏(あんのん)であると見て、つとめはげむために進みましょう。わたくしの心はこれを楽しんでいるのです」(424――『ブッダのことば(スッタニパータ)』岩波文庫のP.74)。
たとえば、原テキストのこの部分だ。読んでほしい(もっともっと社会的・歴史的な内実を見きわめてゆきたいと願う)。
 何があったのか。
 戦(いくさ)だ。戦争だ。
 史実から言えば、シャカ族は滅亡するんだ。絶滅するんだ。
 これはスゴイ事実。
 戦争という、いまもなお私たちを苦しめているものに、ブッダは何を思い、何を考え、何を苦しみ、立ち向かっていったのか。それを、ともに考えたい。
 でなければ、次の言葉をどう読むのか。
 「生きものを(みずから)殺してはならぬ。また(他人をして)殺さしめてはならぬ。また他の人々が殺害するのを容認してはならぬ」(394、同書のP.69)。
 原発はすべてのいのちへ全体主義戦争をしかけているのではないか。いまを見つめよう。
 12月16日(日)、哲演さんの講座へ、ようこそ、ようこそ。
 心から、ようこそ、ようこそ。

  講座・言葉を紡ぐ(第121回)
2018年12月16日(日)の午後2時〜4時半。
論楽社(左京区中在地町148、TEL 075-711-0334)。
中嶌哲演さん(小浜の明通寺住職、福井から原発を止める裁判の会代表)の「仏教以前のことから」。
参加費1500円。要申し込み(私宅なので)。
交流会5時〜6時半(自由カンパ制)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879009
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ