論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 人生の意味――鈴木君代さんのホームコンサートへ、ようこそ、ようこそ(その1) | main | 人生の意味――鈴木君代さんのホームコンサートへ、ようこそ、ようこそ(その2) >>
連載コラム「いまここを生きる」(第343回)夕映えの山

 小寒の夕刻だ。ほんの少しの雪を戴く比叡山が夕映えに染まっている。
 いまここの一瞬、まっ赤になる。
 時間にしたら、わずか30秒とか40秒だ。
 茜色の濃い輝きが何かを語っている気がする。
 以下、何かのメモ書きのような言葉が浮かぶ。
 もちろん私の心に湧き上がってきた言葉なんだけど、私自身だけの言葉でもない気がするんだ。
 私自身へ、私につながる友人たちへ——。

 

待つこと
いのちの問いかけに
ただ待つこと
私から問い返してみたって
いのちの問いかけが湧く場所には
届かない
ただただ待って生きて往(い)きていこう
思いのほか人生は短い
いまここを故郷にし
希望を掟として
歩いていこう
歌っていこう
もともと私という存在は
向こうのいのちの世界から
必要があって
この世に放り込まれてやって来た
その必要、どのひとにとっても沈黙されている
ただ好きなことによって辿りゆく以外にない
好きな食べものは何?
好きはひとは誰?
好きな木は何?
それらによって手(た)繰り寄せる以外にない
自我で味わってしまえば
地上の欲望の炎にまみれてしまえば
その必要を見失い
思い通りにならないことに
満ちてしまう
ただ待つこと
自らの弱さの真下を意を決して耕していくと
もうひとつの道を辿って
その必要へ至ることもできる
ただ待ちながら
自らの生を太くしていくんだ
そうして太くなっていくんだ
たとえこの私が死んだとしても
ただ待つこと
待つこと

 

 以上だ。
 私の内的変革(心の、内側の世界の変革)と外的な変革(社会の、外側の世界の変革)とは別個のものではない。ひとつのつながりがあり、同時進行で働きかけなければならない。
 内的変革のほう、日常にいっぱい考えているのに、最近あまり書かなかったので、久しぶりに短く書いた。
 心が重いカゼをひいいてしまったとする。そういう病いの回復とは、どこか右肩上がりの高いところへ行くことではない(ひょっとして通常人のほうが病いかもしれない)。回復は自分自身の低いところ、小さいところ、真下にあることに気づく。回復がいのち世界へ戻ること。
 そうするとき、社会への働きかけ、かかわりかたが劇的に違ってくる。同時とは、変革されていくのだ。
 たとえ時間がかかっても、同時に変革する以外に未来は生まれない。
 夕映えの山から、そんな声が届いていた気がした。
(1月17日)

| 虫賀宗博 | いまここを生きる | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879019
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ