論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第345回)むのたけじ――あちこちで発芽 | main | 大きな蕪――鈴木君代さんの1月例会レポート >>
2019年分の会費

 2019年分の会費を募ります。ひとくち1000円です。エールを送ってください。
   論楽社 郵便振込口座 01060-0-33737
 「講座・言葉を紡ぐ」の99回目が中村哲さん、100回目が森崎和江さん、117回目が本田哲郎さん、そうして昨年12月の121回目の中嶌哲演さん。
 月例会やワークショップが315回。
 毎月毎月運営できています。
 参加者が減っていますけど、長きに渡ってひきつづき、参加していたただいているひともいて、ありがたいです。感謝しています。
 これらの「講座」や月例会・ワークショップの運営は、参加費といまここの会費によって、為されています。どこからかの補助金があるわけでありません。内発的な支えが頼りです。
 楢木祐司さんによって13年半も制作されている「ほっとニュース」を見ていただければ、論楽社の動きは摑めます。
 十分なんですけど、会費によって、直接に支援することも考えてみてくださいませんか。
 特典や割引があるわけではありません。
 ただ直接に手紙が、不定期にたまに届くだけです。
 いまどき(いまだに)手書きの、読みにくい丸字でつづられたプリント、チラシが入った通信が送られるだけです。
 「生(なま)の現場の話を直接に聞きたい」という願いのみで運営されています。インターネット、本、TVではない、生きてる人間全身が醸す力、生の情報、現場の判断も得られるかと思っています。
 よろしかったら、2019年分も引きつづき、支えてください——。
 論楽社も仕上げのときを迎えています。
 論楽社もいよいよ終盤ですね。
 もちろん希望を掟として。前へ前へ、新しい時を求め、歩いてゆきます。
 会費というエネルギー。その願いです。恥ずかしながら。

| 虫賀宗博 | 会費の呼びかけ | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879023
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ