論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第347回)乗り越える課題――続・地頭(じあたま)の思考力 | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第348回)授業・足下の言葉を掘る(その1) >>
空の青さが音楽だ――中村徳子さんの2月例会へ、ようこそ、ようこそ(その2)

 さまざまなことがあった人生。
 出会い、もつれ、別れていく記憶。
 そのひとつ、ひとつを天空に向かって。放り投げていく。
 苦しかった10代はあの星。
 つらかった20代はこの星。
 ふんばった30代はその星。
 それらの星で、自分だけの星座をつくってみる。
 有限なんだけど、無限でもあるいのち。
 天の星座が、いま輝いている。
 そのひとだけの星座物語。
 その物語の無限の集合。この世界。全体が響きあっている。
 空の青さが心にしみる、青さの向こう側に星座があり、音楽がある——。

 

 2月17日(日)、徳子(とっこ)さん。インド音楽、タンブーラの調べだ。
 ようこそ、ようこそ。

   2019年2月例会
2月17日(日)の午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL075-711-0334)。
中村徳子さん(音楽家、タンブーラ奏者)の「空の青さが音楽——続・インド音楽入門」。
・対談おしゃべり
・ワークショップ「インド音階を体感」(希望者のみ)
・即興の祈りの音楽の演奏(あえて名づければ)「いまここを生きる」
参加費1000円。要・申し込み(私宅なので)。
交流会5時〜7時(自由カンパ制)。なお、駐車場はない。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879028
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

このページの先頭へ