論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第353回)弱い者が集まったほうが真実に近い | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第354回)馬子さん――白蓮を咲かせる野生力 >>
風から教えてもらった、馬の話――杉野真紀子さんの3月例会へ、ようこそようこそ(その2)

 3月31日に出会うことができる杉野真紀子さん(以下、ニックネームの馬子さんとする)から、インタヴュー記事がその後送られてきた。活字の上で、少しずつ馬子さんの香りが伝わってくる。
 馬子さん、ずっとずうっと、馬になりたかったんだ。そうして、馬にはなれなかったけど、「ようやく馬と群れになれた」といま馬子さん、語っているね(ゴメンネ、何という冊子か、雑誌か、よくわからないんです)。
 馬たちのように、地面から離れない。
 馬たちのように、流れを滞らせることなく、動く。定住は、しない。
 馬たちのように、人生の意味を残さず、結果を残さず、時が来たら、この世から消えてゆく。
 馬たちのように、いまここを生きていく。きのうを生きずに、あしたを生きずに、いまを生きる。
 そう願い、そのように生きてゆきたいひとだということがわかってきた。
 まるで修行僧のように、生の実践をしている馬子さんであることがわかってきた。
 3月31日に出会えるんだ。うれしい。
 最後にもういちど、記事風にまとめる。
 「馬子さん、1972年滋賀県生まれ。29歳のときから、5年かけ、バイクで世界を一周。その後は、モンゴルを馬で旅し、現在は京丹後市で2頭の馬と1頭の犬と暮らしている。」
 ようこそ、ようこそ。

   2019年3月例会
3月31日(日)午後2時から4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
杉野真紀子さん(馬と暮らしているのが好きなひと)の「風から教えてもらった、馬の話」。
参加費1000円。要・申し込み(私宅なので)。
交流会5時〜7時半。自由カンパ制。

 付記。手違いがあって、遅れた。ゴメン。
 4月例会は、4月28日(日)、桝本進さん(岐阜のゴーバル)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879038
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

このページの先頭へ