論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを生きる」(第355回)四位一体――ウラヤマ(その7) | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第356回)不屈――辺野古は負けていない >>
原点ネパールへの旅――桝本進さんの4月例会へ、ようこそ、ようこそ(その1)

 4月28日(日)に桝本(ますもと)進さん(岐阜のゴーバル)の「ネパールへの旅の話」。4月例会である。
 岐阜の恵那市のアジア生活農場共同体「ゴーバル」は1980年に生まれた。39年の歳月がゆっくりと流れる。
 ゴーバルはネパール語で牛糞のこと。ネパールでは牛糞で家屋の床をつくったり、燃料にしている。それが屋号である。おもしろいね。
 現在の「ゴーバル」は、ハムやソーセージの工房となっている(http://gobar.jp)。
 化学調味料や添加物、小麦粉その他を一切入れないで、手作りでつくっている。むかしむかしの作りかた(炭火で乾燥させ、桜の薪で燻して、大切な肉を保存してきたんだ)をいまに伝えている。
 ことしの正月明けに、桝本進さんはネパールを旅した。
 「原点のネパールで進さんは何を考え、何を想ったのだろうか」と思い、手紙を出した。
 「行くよ」という電話をもらい、4月28日に縁あるひとと車座になって、ネパールへの旅の話をいっしょに聞くことになった。
 対話をし、おしゃべりしたいね。楽しみ。
 ようこそ、ようこそ。

    2019年4月例会
4月28日(日)の午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
桝本進さん(岐阜のハム工房「ゴーバル」)の「ネパールへの旅の話」。
参加費1000円。要・申し込み(私宅なので)。
交流会5時〜7時。参加費自由カンパ制。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879042
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ