論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 辺野古新基地なんてできっこない――5月例会レポート | main | 連載コラム「いまここを生きる」(第363回)前へ前へ――『March』によって >>
再出発――馬子さんが海子さんへ

 馬子さん(杉野真紀子さん)について、ひとつだけ書く。書き残している大切なことがある。
 馬子さん、4月末に馬と別れ、海子(船子)さんになったんだ。
 大好きな馬2頭をそれぞれ信頼できるひとに譲り、こんどはなんと海へ出る。
 ヨット航海術をマスターし、免許をとり、いずれ近いうちに世界一周の旅に出るんだ、ということだ。
 土地所有者が馬子さんをゴチャゴチャ言って追い出してしまうことが、どうも原因のひとつのようだ。
 心に余裕がないのか。地代を払うという発想すらないひとを異端として追放してしまうのか。
 まるで「海へ亡命する」かのようだとして、聞いていた。
 「変人を大切にしておもしろがる」という気風が消えていったのかもしれない(馬子さんを変人と言ってゴメン、でも「10人の変人を大切にしたら、その1人はとてつもない新発明品をつくるかも」——という気風が消えてしまったんだ)。
 馬子さん。馬子さんならば、ヨットで世界一周はひょいひょいとやってしまうでしょう。でも、船底の下はチャッポンチャッポンの海ですよ。水ですよ。落ちたら、大変でっせ。
 とにかく気をつけて。再出発、ガンバレ。
 また、会いましょう。
 互いに生きぬいて、再び会いましょう。
 お元気で。大切に。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879055
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ