論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 静けさ――ホームスクールへ、ようこそ、ようこそ(第14回) | main | 連載コラム「いまここを味わう」(第4回)背中が痛い >>
連載コラム「いまここを味わう」(第3回)痛みあるひとを世の光に

 友人からいただいた2冊の新書について、書く。
 6年前に神奈川の友人から『見えない汚染 「電磁波」から身を守る』(講談社プラスアルファ新書、2010年、以下本書をAとする)がその1冊。
 もう1冊は3か月前に京都市内の友人から『マイクロカプセル香害 柔軟剤・消臭剤による痛みと哀しみ』(ジャパンマシニスト社、2019年、以下同じくBとする)。
 なぜか2冊とも同じ書き手で古庄弘枝さん。後で気づいた。おもしろいね。
 まず、A。電磁波のこと。
 長野に古い友人がいる。その友人が「たいへんな山奥の家へ引越す」と言って、五右衛門風呂のある家へ移っていった。12、3年前のことだ。
 なぜか。
 その友人の実家のすぐ近くに携帯電話の基地局が建てられたんだ。すさまじい高周波が出されつづけ、全身に異変が発生。頭痛、吐き気。食欲は不振。視覚も睡眠も運動も困難に。
 声をまず出し、署名運動し、基地局の撤回を求めた。でも、埒(らち)が明かない。何よりも体が動かない。
 そのとき、初めて電磁波汚染のことを知った。
 30年前の第一次湾岸戦争のとき、米兵たちが広辞苑サイズの携帯電話を持って互いに連絡をとっているのを私はTVで見ていた。よくよく覚えている。ああ、軍需産業の民間転用。悪利用。
 30年たって、いまやひとりに2台のケータイの時代。
 ところが、こういう厳しい障害が発生しているのである。
 その後、名古屋や大阪の友人の体に同じ症状が現れている。大阪の友人はなんと1年以上の入院生活を余儀なくされた。
 電磁波によって人生がまるごと否定され、変革が迫られるわけだ。
 Aによると、電子レンジもIH(電磁誘導加熱)調理器もハンドミキサーも炊飯器も掃除機も、多かれ少なかれ、電磁波が出ている。
 目に見えないだけのこと。社会の全員が浴びている。
 障害が発生するか。しないか。それはひとそれぞれ。発生するひとは「トータルボディロード(総身体負荷量)を超えて溢れ出したからだ」(AのP.177)。いまはしていなくても、明日発症するかもしれない。
 発症した友人たちは「道先案内人」(AのP.172)ということ。「日本社会のこれからをどうすればよいのか」を示現している。
 たとえ発生しても内面化しないで、自分自身を責めないで、とにかく毒出し(デトックス)に努める。それ以外にない。
 まだ発生していないひともケータイはイヤホンで使い、電車では電源を切り、1メートル以上離れて使う。必要以上には決して使用しない。
 なるべくケータイ電話がなかった時代(わずか15年、20年前の時代だ)の暮らしに従い、少しでも免疫力の高いからだをつくっていく。生きることの基本をどう取り戻すか、コレにかかっているのではないか。
 Bも全く同じ。「爽やかな香りももてなし」「リラクゼーション効果」と称して、消臭剤や柔軟剤がどんどん販売されているけど、その中にイソシアネートが入っているんだ(BのP.122以降)。びっくり。
 1984年にインドのボパールの化学工場で起きた大事故。(おそらく)史上最大の暴発事故。2週間のうちに8000名が死亡。その後の死者も8000名以上。原因は毒ガスが事故によって周辺に滞留したことによる。その毒ガスの原材料がなんとイソシアネート。記憶力のあんまりよくない私だって忘れられない毒物名。
 そのボパール事件のこと、当時刊行されていた『技術と人間』で偶然読んでいたので、知っていた。いい雑誌だった。
 その毒物を、マイクロカプセルに入れたんだ。香料にでっちあげていたんだ。ナノサイズの技術(ナノは10億分の1のサイズ)。超微細のイソシアネート化合物質が直接肺へじゃんじゃん入る。どんどん溜まる。すさまじい身体反応が出てしまうのである。
 Bを「読んでくれ」と言って手渡してくれた友人は食堂を営んでいる。鼻や口を覆う大きめの黒マスク(要するに毒マスク)を付け、調理している。配膳してくれるバイトの女の子その他からの、体に漂う柔軟剤・消臭剤に耐えがたい痛みが発生するからだ。
 人工合成洗剤だって、毒の塊。軍需産業の、これも転用。悪利用。純石鹸に食用酢で十分なので、すさまじいシャンプーにリンスをみんな使う。おまけに消臭剤に柔軟剤。体臭、汗の臭いをなんで消さなきゃならないの?
 フクシマ、ミナマタを生む構造と同じものが蠢(うごめ)いている。
(7月18日)

| 虫賀宗博 | いまここを味わう | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879067
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ