論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを味わう」(第5回)掬いとられる欲念 | main | 連載コラム「いまここを味わう」(第6回)残り少ない時間 >>
あるがままに――しん平ワールドへ、ようこそ、ようこそ(その2)

 8月3日(土曜日)、とりいしん平さん(ミュージシャン)の「あるがままに—絵本・詩・歌そして対話」
 しん平さんに会えるね。ようこそ、ようこそ。
 論楽社、クーラーがないので、汗ふきタオルを忘れないで。
 また、土曜日なので、ふだんの日曜日には来れないひと、ようこそ、ようこそ。
 しん平さんの小学校教師時代、若い教師たちに向けての「秘伝書」を編んだ。「さまざまな体験を伝え、若いひとの経験にしてほしい」との願いだったと思う。
 私家版で手作りされ、そんなに多くない部数が郵送された。
 その最終号が届けられた。
 その号に、あるひとりの同僚教師の自殺のことが書かれている。
 学校中がパニックになった事件である。
 しん平さんは早朝の学校、放課後の夜、誰もいない学校の中、まだ異様な空気感の漂う中、主の祈りを行(ぎょう)じたのである。

 

天にまします我らの父よ
ねがわくは御名(みな)をあがめさせたまえ
御国(みくに)を来らせたまえ
(すみませんが、以下略)

 

 主の祈りを行ずるとは、きっと主の祈りを生きるということ。
 礼拝の儀礼として主の祈りを単に唱えるだけでなく、きゅうりを刻みながら、歩きながら、休みながら、声を出しつづけ、主の祈りとともに生きていくこと。
 宗教は思想哲学と何が違うか、この行があるか、ないか、である。頭だけ思考するだけでなく、全身で実践してこそが宗教。
 しん平さんは、主の祈りの行の中で、自殺してしまったひとと私たちのいのちのつながりの意味に光を得て、平安が心に満ちはじめ、生きのびることができた——と書いている。
 人生を生きていくと、いろんな苦に出会う。
 いろんな苦をあるがままに受け入れ、天の窓を開き、苦以外の楽(らく)を大きく大きく伸ばす。
 苦と楽があるがままに、ほどけあって(つまり、ほとけになって)、煮込みあって、スープになる。
 苦が結局いい出(だ)しになっているんだ。
 しん平さんの歌と語りは、そんなスープのような味だ。
 8月3日(土)、しん平さんに出会ってほしい。
 もういちど、ようこそ、ようこそ。

   2019年8月例会
8月3日(土曜日)午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
とりいしん平さん(ミュージシャン)の「あるがままに—絵本・詩・歌そして対話」。
参加費1000円。要申し込み(私宅なのでね)。
交流会5時〜7時。自由カンパ制。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879070
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ