論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 暮らしのわざに生かされ、生々と生きる――中塚智彦さんの例会レポート | main | 不思議さの中を生きる――石原潔さんの11月例会へ、ようこそ、ようこそ(その1) >>
連載コラム「いまここを味わう」(第19回)男性の中にも女神がいる

 小田まゆみさんについて、再び書く。
 「その絵は歌」(連載コラムの2019年10月10日)の続きである。
 『ガイアの園』(現代思潮社)以外の次の3冊を20日間に読んだので。
 『女神たちGoddesses』(現代思潮社、Aとする)。
 『げんきなやさいたち』(こぐま社、Bとする)。
 『きままに やさしく いみなく うつくしく いきる』(文がA・ハーバムとM・P・パヴェル、訳が谷川俊太郎、絵が小田まゆみ、現代思潮社、Cとする)。
 Aは画集。BとCは絵本。AとBは図書館で借り、Cは縁のあるひとにいただいた。
 AもBもCも、それぞれがゆかい。おもしろい。
 私にとっては、とっても未来性に満ちる。
 具体的に書こう。
 まず、Aにおいて、小田さんの家族について、知らなかったことを初めて知る。
 祖母は日蓮宗の教えを人生の中心に置いたひと、かつ、社会主義者。衆生平等を説く。でも、逮捕者まで出し、夫や家族に累が及ぶのを恐れ、なんと30歳で自死。慈悲の心溢れる姿が、みんなから敬愛されていた。
 その子の父にも平等、対等への思いが同じく人生の中心に置かれていく。日本史の教師だけども、仏教修行に心が引かれていた。禅が好きな父で、「いまここに集中し、他のことは考えるな」と言っていた。
 この2人の影響がきわめて大きいので、小田さんは書き残しているのだろう。
 Aでおもしろいのは、「女性だけでなく男性たちにも、自分の中にある女神を見つけ始めています」(AのP.8)。
 女性の中にも男性性があり、男性の中にも女性性がある。私は男性だけど、自分に「女性性がある」のを知っている。
 気づいていないと、子どもにも向かうことができない。男はいのちを生むことはできないけど、自らの女神に気づいていれば、いのちをやさしく育むことができると思っている。
 「女神は女性の中だけではなく、男性の中に、全ての人の中に住む、強く優しい、いのちそのものです」(AのP.9)。
欧米の文明は男の神が何千年も支配してきた。無機質で勝負好き自我感情だらけの、排他的支配欲の、女神にジェラシーを持つ男の神。
 そんな神が欧州を支配してきたんだ。日本はその男の神に150年前に出会って、恐怖しながら、輸入。
 ブッダだって、老子だって、荘子(そうじ)だって、女神たちがゆたかに生々と生息していたころに生まれている。当時、いかに霊性が深かったことか。なんという深さだ。
 そうしてCだ。
 「新しい船に乗って、宝の大地をつくりにいきましょう。/命を大切に『きままに やさしく いみなく うつくしく いきる』ことの豊かさを求めて」(Cのあとがき)。
 いま、「おれたちはいるんだ がけっぷち」(CのP.2)。
 「いまふみだす いっぽが これからのちきゅうをきめていく」(CのP.29〜30)。
 戦争、戦争経済、核兵器、原発。すさまじい収奪の結果の、環境汚染の地球高温化。
 いま必要なのは、すべてのひとびとのめざめ、気づきである。
 気難しい理論が必要なわけではない。男も女も老いも若きもみんながみんなに必要で十分な言葉だ。
 それがCのタイトルだ。原文は、Random kindness and senseless acts of beauty。
 強制された何かではない。ふつうに湧きあがる、他者のジャマをしない知恵と慈悲の絵本としてCを私は読んだ。
 これが、女神の力だ。いのちの大地に乗る力である。よろこびの力だ。
(11月7日)

| 虫賀宗博 | いまここを味わう | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879089
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ