論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 不思議さの中を生きる――石原潔さんの11月例会へ、ようこそ、ようこそ(その1) | main | 不思議さの中を生きる――石原潔さんの11月例会へ、ようこそ、ようこそ(その2) >>
連載コラム「いまここを味わう」(第20回)造化(ぞうげ)

 昔ながらの便箋に7枚、綴られている手紙をいただきながら、2週間も返礼ができていません。
 時間をかけて綴っていく手紙は、書き手と読み手の双方の生きていく記憶がより深まっていきます。
 手紙の中心のテーマのネガティヴ・ケイパビリティ(negative capability)も、要するに言わんとし、伝えていきたいポイントは、放っていくことです。
 何重もの病いにおかされ、25歳の若さで亡くなっていくイギリスの詩人ジョン・キーツが綴った手紙の中に残した言葉です。
 「もうオレは死ぬんだ」という自覚が湧いていたころに思わず綴ったのだと思います。
 結核、梅毒におかされる生をキーツが自覚し、受忍していくことは辛いことです。でも、「辛いんだ」と受け入れ、かつ「しんどがっている」自我感情をエイッと放っていくことが、negative capabilityの本義だと思います。自我を放てば、自我を包み込む自己のいのちに気づきます。相対化が生まれます。仏法の本義でもあります。キーツが仏法には出会ってはいないと思います。けれども、自力で独力で自らの病いに向かい合って、自得したんだと思います。欧米人としてはきわめて珍しいですね。いのちが深いねえ。
 『荘子』の内篇の「大宗師篇」にこんな言葉があるじゃないですか。思い出してください。
 主語の「わし」とは造化(ぞうげ)者です。万物の生死(しょうじ)を無限に繰り返させている自然の働きの主(ぬし)です。その主の「わし」が、私たち人間ひとりひとりに向かって語っています。引用してみますね。

 

 「わしをのせるために身体を与え、わしをはたらかせるために生を与え、わしを楽しませるために老年を与え、わしを休息させるために死を与えてくれるのだ。もしわしの労役である生をよしとするならば、当然わしの休息である死をよしとしなければなるまい。(略)造化が偉大な鋳物師であるとするならば、その鋳るがままにまかせておけばよく、何にされようとかまわないではないか。もし死を与えられたら、安らかに眠りにつき、生を与えられたらふと目をさますまでのことだ」(森三樹三郎の訳)。

 

 「わし」はキリスト教、ユダヤ教のような人格神というよりも人格神をも包み込むいのちの動きなんでしょう。
 その「わし」を働かせ、楽しませるために私たちのいまここの生があるのです。これが生の目的です。生の必要です。
 だからこそ、「ようこそ、ようこそ」(源左)なんです。すべてが「お与(あた)え」「授かりもん」なんです。贈与です。
 手紙にあった白馬岳の大雪渓が「あまりにも小さく痩せ細っていたことに愕然とした」ことについて、心痛めます。北極の氷が消え、ヒマラヤの氷河が消えつつあるようないまの高温化です。アフガニスタンの干ばつと同じく、とっても厳しい。
 私たちは雪渓、氷河をつくることはできません。
 でも、やれることがいっぱいあります。経済成長政策をストップさせることです。経済をストップさせるのではありません。その成長のスピードをストップさせることです。スウェーデンの少女のように、声を出して言うことです。「『ゴミしかつくらない現代経済』(藤田省三)をやめろ、社会の発展が幸福をそこなうものであってはならん」と言っちゃうことです。
 それが造花の主への、せいいっぱいの返礼ですね。主(ぬし)をもっと喜ばせようではありませんか。
(11月14日)

| 虫賀宗博 | - | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879091
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ