論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを味わう」(第20回)造化(ぞうげ) | main | 連載コラム「いまここを味わう」(第21回)母が残した料理ノート >>
不思議さの中を生きる――石原潔さんの11月例会へ、ようこそ、ようこそ(その2)

 豚コレラは野生のイノシシが感染したことによって、農場の豚たちへ伝染してくる。
 ゴーバルも避けることができなかった。
 ゴーバルのハム・ソーセージの原料豚を飼っていた石原弦さん(潔さんの息子)は『ゴーバルだより』101号で、こう書いている。
 「千七頭の豚の埋められた地面には草が生え、白い消石灰の匂いも消えた。フェンスに絡まるつる草に秋の実がぶら下がり、静かだ。」
 「豚よ、すまなかったという気持ちは、ずっとついて回るんだろうけど、新しいスタートを感謝の気持ちで踏み出せるなんて幸せだと思っています。」
 こうして、ゴーバルは新しいスタートを切っている。乗り越えようとしている。
 石原潔さんも書いている。
 「目が覚めて朝の光を浴びると、『感謝して、生きよ。』との声が聞こえます。」(同号)。
 そうか。ゴーバルのひとたちの心に真柱(しんばしら)が入っている。
 きっと、大丈夫だ。
 11月23日(土、祝)は運転手として桝本(ますもと)尚子さんもまた来てくれる。ありがたい。
 石原潔さん、桝本尚子さんを場の中心にして、感じ合い、語り合おう。
 ようこそ、ようこそ。

   2019年11月例会
11月23日(土曜日、勤労感謝の日)の午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
石原潔さん(岐阜のハム工房「ゴーバル」代表)の「不思議さの中で生きる」。
参加費1000円(要申し込み、私宅なので、人数確認のため)。
交流会5時〜7時(自由カンパ制)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.rongakusha.com/trackback/879092
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ