論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを味わう」(第28回)タリバーン――哲さん(その5) | main | 連載コラム「いまここを味わう」(第29回)光へ――哲さん(その6) >>
中村哲さんを悼む――1月例会へ、ようこそようこそ

 中村哲さんがアフガニスタンにおいて昨年12月4日に何者かによって狙撃され、亡くなりました。
 73歳でした。
 この40日間、いろんなことを考え、思い、想ってこられたことと思います。私も湧き上がっています。
 1月13日(成人の日)に、いちど縁のあるひとが集いたいと考えました。
 非在の哲さんを座の中心にし(非在なんですから、論楽社で話す哲さんの、当時の写真を置いて)、参加者が言葉を紡いで、あるいは沈黙を紡いで、哲さんに捧げたいと思います。

  哲さんを悼む(2020年1月例会)
1月13日(月曜日、成人の日)の午後2時〜4時。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
参加無料。
ただし、要申し込み(個人宅ですので、必ずTELを事前にしてください)。
「哲さんを悼む」とし、縁あって参加したひとたちによって、悲の井戸水を汲みながら、供養回向できたらいいね――。
以下は参加自由の交流会。午後4時半〜6時半(参加費は自由カンパ制)。

哲さんとの縁はハンセン病。

 23年前に島田等さん(長島愛生園)がつないでくれました。
 ハンセン病って、表層では差別拒絶を発生させます。ところが深層ではとてつもない暖かい出会いを生み育んでいくのです。そこがとってもおもしろい。
 哲さんに出会うということは、自らの深層のいのちに出会い、出会い直すことにつながっていきます。
 哲さん、絶望の深さが水路の長さになっていきました。比例して伸びてゆきました。
 誰にも見える形で、緑ゆたかな農村を荒野によみがえらせていったのです。
 平和は実在です。実在の平和を取り戻していったのでした。
 自らのいのちの井戸水をもっと、もっと掘ってゆきましょう。それが供養(くよう)であり、回向(えこう)です。残された私たち自身への。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 22:14 | comments(0) | - | - | -









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

このページの先頭へ