論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 中村哲さんを悼む――1月例会へ、ようこそようこそ | main | 連載コラム「いまここを味わう」(第30回)命水――哲さん(その7) >>
連載コラム「いまここを味わう」(第29回)光へ――哲さん(その6)

 2001年9月の時点において、中村哲さんに次の3つのことが同時進行で湧き上がっていた。
 1つめ。何度も繰り返していることだけども、2〜3年前からアフガニスタンに大干ばつが襲ってきていること。井戸を1600本掘っても、地下15メートルまで掘り下げても、水がない。高山の雪線も標高をどんどん上げていく(つまり、積雪がない)。カレーズ(横堀り井戸)も「『枯れーず』ではなく『枯れてしまう』」(哲さんが当時よく言っていたダジャレ)。水が消えているのである。
 哲さん、ついに水路を設計し、建設することを始めていく。
 2つめ。これも何度も繰り返すんだけれども、米国が復讐戦争を仕掛け始め、無差別の空爆を始めること。米国内のラスベガスの基地において、電波操縦し、のっぺりした無人機で空爆しつづけているのである。それも、いまなお。
 無辜(むこ)の子どもの足、女性の頭が飛ばされている。まるでツインタワーで殺された米国人の100倍の数のアフガニスタン人をぶっ殺して、落とし前をつけたいかのように。
 しかも、アイデンティティの根幹のコーラン、モスク、マドラッサ、タリバーン(神学生)をバカにし、狙って攻撃。
 日本だったら、寺社仏閣をじゃんじゃん無人機で破壊されていると思えばいい。どうだろうか。どう感じるだろうか。
 なのに、なぜ米国に日本は追従していくのか。ドレイのように。
 日本の現首相は米大統領と仲良くゴルフをしている。その映像がアルジャジーラでよく流れている(そうだ、伝聞だけど)。どういう効果を生むのか。現首相は考えたことがあるだろうか。そういう映像が「日本人全体がこんなヤツら」という妄想(現実事実とは違うことを想うこと、「日本人には現首相・副首相とは違うひとがいっぱいいまっせ」という反論したいけど)を狙撃者集団の連中に抱かせたかもしれないんだ。間接的に殺害に加担していると考えてほしい。
 自己が分からないひとはとにかく他人を責める。自国の内部に発生する諸問題を他国のせいにする。
 3つめ。哲さんの次男の剛くんの病気(脳ヘルニア)と近づく死だ。結局、2002年12月になんと10歳で剛くんは死んでいく。「バカたれが。親より先に逝く不孝者があるか。見とれ、おまえの弔いはわしが命がけでやる。あの世で待っとれ」(『医者、用水路を拓く』石風社)。
 哲さんは3つめの剛くんのことを抱え、他言はせず、ひたすら1つめと2つめのために戦った。
 ある日はいち日に3か所の講演をこなした。アフガニスタンと日本を行き来しながら、国会で自衛隊のインド洋派遣は「有害無益」と言い切り、2001年冬にカブールで「餓死凍死者が出ない」ように訴えていた。「『正義の味方・米国対悪の権化・タリバーン』なんて大嘘。プロパガンダにすぎない」と訴えつづけた。
 浄財が集まった。それが水路建設の推進力になっていくのである。
 2002年の論楽社の「講座」で哲さんは言った。
 「復讐する――といえば語弊(ごへい)がありますけども、何の罪もない、無辜(こ)のひとたちを米軍が殺りつづけているんです。復讐したいと思う。ただし、緑ゆたかな大地を再び取り戻すという方法をもって」。
 静かな気迫をびしびしと感じた。
 平和をつくりあげるには平和な方法をもってしかない。
 その平和の方法をもって、厳しい荒野に水を通し、緑を再びゆたかに育てあげるのである。
 それが1つめ、2つめ、そうして3つめの問いかけに応答することになるのである。平和をつくる、希望をつくる戦いなのである。
 水路の長さは、哲さんの当時の絶望の深さだ。
 その深さゆえに20キロ、30キロと水路は長くなっていった。
 哲さんの光。エネルギー。自己の分からないひとたちをも包み込んでいく。もう戦いでもない。復讐ですらない。じゃあ、何だ。言葉でも言い表せられない、何かだ。
 スゴイひとの、スゴイ光へ。
(1月16日)

| 虫賀宗博 | いまここを味わう | 05:56 | comments(0) | - | - | -









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ