論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを味わう」(第39回)三題噺 | main | 歌をうたう――永井葵さんの卒業パーティーのレポート、コロナウイルスのこと >>
連載コラム「いまここを味わう」(第40回)ひとつの風とひとつの土

 今は昔。アバンティ・ブックセンターという書店が京都の八条口にあった。過去形なのは残念。とっても良い本屋だったから(現在は屋号がそのままで奇怪なゲームブック店になっている)。
 宗教の仏教書コーナー、テーラワーダ仏教書にまで気を使って仕入れてくれていた。そんは書店は他になかった。誰か書店員によほど見識があるに違いない。
 詩集のコーナーもしっかりして、なるべく古い詩集も返本せず、充実。新刊詩集もよく置いてくれていた。
 そのコーナーに『千の風になって』(講談社)という詩集写真集があった。
 ときは2003年11月。当時の私は再独立し、ひとりで論楽社を再建しようとしていた。
 当時『あけぼの』(女子パウロ会)という月刊誌を読んでいて(これも廃刊になった)、『千の風になって』の新井満さんのインタヴュー記事を味読したばかり。1冊求め、ついでにもう1冊求め、大阪の友人に送ったのを覚えている。後にCDも発売されTVにも登場し、有名になっていく以前の話である。
 17年たって、『千の風になって』の返歌(アンサーソング)が生まれている。「王様」(誰やそれ!?)という名のミュージシャンの作詞作曲の、「万の土になった――お墓参りに行こう」である。

 

ときどき 私のお墓にお参りしてください
私はお墓の中で静かに眠ってる
鳥や星や風になって あなたに会いました
今は翼を休めて 土に帰りました
万の土になった 万の土になった
私はおだやかに大地に抱かれて眠る

最近お花が枯れてきています
お墓参りにときどき来てください
それが日本の大切な習慣
             以下略す

 

 どうであろうか。
 「千の風」にあるような、宗教以前の、どこかアニミズム(昔の日本、アイヌ、琉球、ケルト、アイヌ、マオリ、アボリジニの、精霊を中心に置くもの)の、いのちの肯定感が薄くないか。
 「万の土」はいまの既成の仏教(日本仏教)の立場からの返歌なのではないか。おもしろいといえば、まあ、おもしろいんだけど。
 ひとそれぞれの死生観があるのだから、それはそれでいい。どんなパロディ歌をやってもいい。
 でも「それが日本の大切な習慣」と来ると、「うーん」となる。「日本伝統の風習」なんていう観念で考えると、事実とズレる。だって法然親鸞のころも室町戦国のころも、お墓なんてほとんどのひとには、なかった。江戸に入り、寺請制度が始まり、檀家をつくりあげ、○○家や土地にしばりつけるようになった。その葬式仏教が大きい。明治になり、廃仏が猛威をふるい、仏法そのものが消え始めた。国家神道がつくられ、これまた猛威をふるった。しかも、その天皇教は「宗教ではない」と言われつづけた。その結果、現在でも「私は無宗教だ」と言うひとがきわめて多い。なのに○○家の墓だけが生きのびている。
 「あの世」はあるのか。ないのか。それはわからない。わからないのに、「あの世はない」「死んだら消えるのみ」と言い切るひとがいまけっこういる。「金だけ、オレだけ、いまだけ」なんだ。
 六道輪廻流転や供養回向も、言葉として残っているだけで内実については話題にもならない。
 「この世」を消費させるだけの現在(いま)ではないのか。
 「あの世」の存在希薄感が天国と極楽を間違えさせたり、神道の「死後のご冥福をお祈りします」(死はそんなに冥いのか)と言ってみたりさせている。死者に生者が「見守っていてくれ」と声かけをすることだって、多いね。
 死の中の生。生の中の死。いま、死も生もともに希薄になっている。もっと死を考えるならば、もっと生が深まるのではないか。
 死って、ちょうどいいときに、魂が体という服を脱いで、旅立つこと。本来のところに帰ること。ひとつの風に、ひとつの土に帰ること。
 私はそう思っている。
(4月2日)

| 虫賀宗博 | - | 16:04 | comments(0) | - | - | -









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ