論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 世界の声を聴くこと――鈴木君代さんのホームコンサートのレポート | main | 連載コラム「いまここを味わう」(第59回)夏の湯――(「こんな銭湯へ行こう」その2) >>
連載コラム「いまここを味わう」(第58回)65歳からの登山――ウラヤマ(その11回目)

 憧れの仙丈ヶ岳への登山は断念して戻ってきた(ことは先週の連載コラムですでに書いたね)。
 中ぶらりんの感じが少し続いた。蹴り上げたボールがなかなか落ちて来ないと言えば、いいか。まあ、そんな心持ちである。
 そこで40年と数年、通いつづけている比良山系へ行くことにし、8月2日に向かった。ウラヤマ徘徊登山の歩みそのものの現場へ帰ってきた。
 懐かしい楊梅滝と大好きなオトシ湿原へ行った。ウラヤマ入門編の2か所。
 6時30分発の湖西線に乗る。久しぶりの比良山系は中腹に白雲が棚引いている。それも太くて、たっぷりとした白雲である。「きっと雨になる」と思う(午前10時半ごろから、透きとおった夏の雨がパラパラと断続し、実際に降ってきた)。
 8時には楊梅滝の雄滝40メートルに辿り着いた。
 50日間の梅雨の長雨は滝の膨らんだ姿に現れている。太い。大きい。迫力ある。時を忘れて、見入っている。
 涼(すずみ)峠からヤケ山(700メートル)へ至るあたりで「体がたいへん重い」と感じ始めた。
 A. いたる所に長雨の影響があり(崩落もある)、全体としてサウナ風呂のような湿気だ。汗が異様に流れる。
 B. ブヨがやたら多く、私はティーシャツと半ズボンで登っているんだけど、腕や膝の7〜8か所が刺される(8月3日のいまもまっ赤に腫れ、かゆい)。
 C. 体が重い。だるい。AやBがあっても乗り越えていける何かが湧かない。雨も降ってきた。10時半からの雨はいったん止んだ。でも、また降り始める――。
 10日前の仙丈ヶ岳のときと同じセリフを吐く。
 「撤退もひとつの登山」と。
 寒風(かんぷう)峠からオトシ湿原へ下っていく。オトシはいい。トンボが飛ぶ、小さな楽園である。この楽園の水が急転回し、雄滝で落下している(だからオトシと言うのかな)。これもおもしろい象徴だ。
以上のことでわかるとおり、体力不足に気づく。昔と比べるなんて、愚の骨頂。いまここの体力が私の体力のすべてだ。
 計画していた仙丈ヶ岳であっても、登頂できたら、もう一泊小屋でのんびりするなんていうプランを今後はつくったほうがいい。登山は安全に下山し、「ただいま!」と帰りつくまでのトータルを言うのだ。
 長雨で中断していた散歩も再開。調子がよかったら、走り込んでもいい。体力はまだまだ少しは新しく付くもの。できることならば、1本の樹木のように心も魂も少しずつ太くして、死んでゆきたい。無理はしない。のんびりと整えていこう。
 でないと、仙丈ヶ岳に登れないよ。
 もうすぐ65になる。65歳なりの、いや65歳からのウラヤマ徘徊登山をやってゆきたい。
(8月6日)

| 虫賀宗博 | いまここを味わう | 10:13 | comments(0) | - | - | -









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

このページの先頭へ