論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
<< 連載コラム「いまここを味わう」(第64回)小さく低く弱く遠いところから | main | ゆっくりと動きます――論楽社のこれから >>
連載コラム「いまここを味わう」(第65回)河野義行さん――野(や)であって野(の)のひと

 もう45年も経つか。当時、統一教会(原理教会)の被害に遭ったひとを、縁あって、知っていた。勧誘洗脳の方法の一端を知ることになった。それ以来、カルト宗教のえぐさをつらく思ってきた。
 なのにオウム真理教については、どこか避けてきたところがある。オウムの教祖の名の音(おん)が、私の知っているひとの名の音と同じだったことがその理由なのかもしれない。そんなどうでもいいことを、ふと思ったりする。
 森達也さんのを読んだりしてきただけで、何かピンとくることがなかった。きっとひとごとだったんだろう。しだいに忘れていった。
 オウム関係者の死刑執行が一斉にされ、「あったことをなかったことにはできない」とも思っているところに、あるインタヴュー記事を読んだ(2019年8月3日の朝日新聞、聞き手は塩倉裕記者)。松本サリン事件被害者の河野義行さんへのインタヴューが載ったのである。
 河野さんはオウムなるものにぶつかった。衝突した。ひとごとにできるはずがなかった。
 オウムなるものとはオウム真理教というカルト宗教であり、どこか同じ仕組みを持つ国家権力である。両者とも生身の人間を神格化させている。
 両者とも「私は正しい」と言い切る。「(信じていない)あなたは間違っている」と、これまた言い切る。
 しだいにアナタはヤツになり、「ヤツは敵、敵は殺せ」。問答無用で、言い切られる。
 オウム真理教は非合法の殺人を伴い、国家は合法の死刑と戦争を行って、ヤツを消す。
 死者8人・重軽傷者600人を出した松本サリン事件。河野さん自らも被害者、妻の澄子さんも14年後に亡くしている。
 なのに、長野県警からは「犯人はお前だ」「亡くなったひとに申し訳ないと思わないか」「罪を早く認めろ」と自白を強要された。県警からのリーク(漏れる)によって、TV新聞は犯人と決めつける報道を垂れ流す。河野さんが保持していたほんの少しの薬品や農薬をいくら使っても100パーセントサリンはできないのに、つまり物的証拠が全くないので、自白供述書を権力はほしいのである。あくまでもオカミの「私は正しい」。「ヤツは間違っている」。
 ちなみに国家(自衛隊)はサリン製造しており、「そんなちっぽけな薬でサリンはつくれん」と言ってくれれば、カンタンなのに、国家特定機密情報なので口外しないなんて、恐ろしい(河野義行『命あるかぎり――松本サリン事件を超えて』第三文明社)。
 全く同じようにオウムも「私は正しい、殺人を正当化する教義も完備」「文句言ってくるヤツは敵、敵は殺せ!」も構造として一つ。不二である。
 その二つに立ち向かう河野さん。
 当時の中学生高校生だった3人の子どもに河野さん、「ひとは間違うものだ。間違えているのはあなたのほうだから許してあげる。そういう位置に自分の心を置こう」と言い聞かせていたという(同記事)。
 「悪いことはしていないのだから、卑屈にならず平然と生活しようという思いでした」(同)。
 「どれだけ誰かを恨んでも憎んでも過去は変えられません。ならば人生の時計をちゃんと動かして前に歩いていった方がいい、と私は思いました」(同)。
 「恨んだり憎んだりするという行為は現実には、夜も眠れなくなるほどの途方もない精神的エネルギーが要るものです。しかも何もいいことがない。不幸のうえに不幸を重ねていく行為なのです」(同)。
 河野さん、二つものオウムなるものにぶつかっても内面化せずに乗り越えていった稀有なひと。
 河野さん、引用一切ない。イエスもブッダも縁がない。ただただ少しやんちゃな野(や)の生命力を深め、「約束はきちんと守る」「原理原則をはずさない」という一点で乗り越えた。こんなひとが、この日本の野(の)にいたんだ。
(9月24日)

| 虫賀宗博 | いまここを味わう | 10:28 | comments(0) | - | - | -









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

このページの先頭へ