論楽社ほっとニュース

京都・岩倉の論楽社からお届けします
ポジティヴ・ニュースの行方――塩田敏夫さんの6月例会へ、ようこそ、ようこそ(その2)

 ポジティヴ・ニュースって、どういう造語なのか。何なんだろうか。
 世の中、森羅万象、さまざまな「耳に新しい知らせ」がいっぱいある。
 その中でグッド・ニュースを150年前に福音(ふくいん)と訳したセンスもまたスゴイ。私の言うポジティヴ・ニュースはグッド・ニュースに近いけど、何か特別の宗派や宗門なんかに執着することではない。もっと一般的なこと。
 「生きていくと、イヤなこと、信じられないこと、いっぱいあるけど、その気持ちを洗い流し、それでもすこやかに、ともに生き切っていこうよ」と思い、思わせる知らせに接していきたいと願っているから、ポジティヴ・ニュースという言葉が浮かんだと思う。
 逆に言えば現行のニュース産業の多くが、ネガティヴ・ニュース。警察役所官邸の発表ものに満ち、ひとびとの意識を治安維持、社会防衛の方へ、支配コントロールの方へと持っていく。
 殺人ひとつでも、現行のネガティヴ・ニュースだと犯行の異常性を強調し、「そんなヤツは社会から叩き出せ」となる。
 ポジティヴ・ニュースだと「なんでそこまで追い詰めたのか」「追い詰められたのか」と日常性がもっと強調され、人間の実存(自我感情が暴発しそうな思い、いつも妄想が爆発するかという日々)に気づき、「これからワシらはどうやって生きていくか」と内省しはじめる気がしている。こんなポジティヴ・ニュース、読みたい。
 ついでにちょっと言うね。ニュース産業の職場の日常でしっかりと「表現の自由」をもっともっと生み育てていかないといけない。「表現の自由」を消費してばかりしていてはいけない。もっともっと自由を生産しなきゃ。
 以上のことは、塩田敏夫さんに出会って、私が思ったこと。
 6月30日(日)は、塩田さんも参加者ももっと自在に語ってほしい。
 ようこそ、ようこそ。
 次の次は、とりいしん平さん。8月3日(土曜)だ。
 暑いけど、会いたいね。ちょうど1か月後だよ。

    2019年6月例会
6月30日(日)の午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
塩田敏夫さん(毎日新聞記者、京丹後駐在)の「ポジティヴ・ニュースの行方——丹後半島の現場の豊かさ」。
参加費1000円。
要申し込み(私宅なもんで)。
交流会5時〜7時(自由カンパ制)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ポジティヴ・ニュースの行方――塩田敏夫さんの6月例会へ、ようこそ、ようこそ(その1)

 6月30日(日)、塩田敏夫さんの6月例会。
 ようこそ、ようこそ。
 塩田さんとは16年前に滋賀の能登川図書館で出会った。才津原哲弘さんのおかげと思っている。
 それまで毎日新聞の大阪本社(略して大毎)の社会部にいて、調査報道をやっていた塩田さん。当時は大津支局長。
 塩田さんは塩田さんで、才津原さんと出会い、滋賀県版に「支局長からの手紙」を連載中。よく才津原さんのことを書いていた。
 私は私で、才津原さんを知り、深夜に長いFAXをよくいただき、「支局長からの手紙」を送っていただいていた。
 その「手紙」にこんな言葉がある。それぞれ引用なんだけど、ドキンとする。

 「両手はね、好きな人を抱くためにあるんだよ。本当に好きな人の体だけでなく、心を抱くためにね」(柳田邦男さんの言葉、2004年11月29日付)。
 「存在を存在たらしめよ」「アイヌの人が一人でも存在しているかぎり、アイヌ民族は存在している」(姫田忠義さんの言葉、2005年10月10日付)。

 こんな言葉を新聞の日常に見つけたら、光を感じる。風を感じる。
 ポジティヴ・ニュースという言葉(私の造語だけど)。そんな言葉が浮かび上がってきた記憶がある。
 その後、塩田さん、総合事業局企画開発部長へ。
 そうして、志願し、いち記者に戻り、京丹後へ行った。
 その土地の里山、里海(さとうみ)において生きてあるひとびとに出会い、ポジティヴ・ニュースを生みつづけていたところに、なんと米軍レーダー基地がやってきたんだ。
 米軍基地なんていうものが、丹後半島のひとたちのふつうの暮らし——この暮らしが何よりもゆたかなもの——と、相容れるわけがない。
 乗り越えられるのか。厳しい現実を乗り越えようとしているひとたちも含め、いまここの現場の話を聞きたい。
 繰り返すけど、ようこそ、ようこそ。

        2019年6月例会
6月30日(日)の午後2時〜4時半。
論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
塩田敏夫さん(毎日新聞記者、京丹後駐在)の「ポジティヴ・ニュースの行方——丹後半島の現場の豊かさ」。
参加費1000円。
要申し込み(私宅なもんで)。
交流会5時〜7時(自由カンパ制)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
再出発――馬子さんが海子さんへ

 馬子さん(杉野真紀子さん)について、ひとつだけ書く。書き残している大切なことがある。
 馬子さん、4月末に馬と別れ、海子(船子)さんになったんだ。
 大好きな馬2頭をそれぞれ信頼できるひとに譲り、こんどはなんと海へ出る。
 ヨット航海術をマスターし、免許をとり、いずれ近いうちに世界一周の旅に出るんだ、ということだ。
 土地所有者が馬子さんをゴチャゴチャ言って追い出してしまうことが、どうも原因のひとつのようだ。
 心に余裕がないのか。地代を払うという発想すらないひとを異端として追放してしまうのか。
 まるで「海へ亡命する」かのようだとして、聞いていた。
 「変人を大切にしておもしろがる」という気風が消えていったのかもしれない(馬子さんを変人と言ってゴメン、でも「10人の変人を大切にしたら、その1人はとてつもない新発明品をつくるかも」——という気風が消えてしまったんだ)。
 馬子さん。馬子さんならば、ヨットで世界一周はひょいひょいとやってしまうでしょう。でも、船底の下はチャッポンチャッポンの海ですよ。水ですよ。落ちたら、大変でっせ。
 とにかく気をつけて。再出発、ガンバレ。
 また、会いましょう。
 互いに生きぬいて、再び会いましょう。
 お元気で。大切に。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
辺野古新基地なんてできっこない――5月例会レポート

 5月例会(5月26日)の矢ケ崎響さん。
 前半は琉球新報や沖縄タイムスを使って、(前回からの)この2年間を振り返った。記憶を耕し直す作業だった。私は翁長雄志さん(当時沖縄県知事)との死別がいちばん心に沁みているかな。
 これはこれでよかったけど、私がおもしろかったのは後半だ。
 出産したことによって、前のように辺野古の現場へ行けなくなってしまったと、響さんは言う。「100人余りの高江の村に1000人もの機動隊が来た」ときのショックがあったことと「授かった子どもに、(警察によって)ごぼう抜きされていく(暴力的な)姿を見せられない」と体が思ったからだ。
 何も問題ない。自然なこと。ゆったりと休んだらいいと思う。
 (子どもが通っている)保育園で『標的の村』(三上知恵監督)の上映会したり、写真展を企画している、と響さん、言っていた。
 それでいいんだと思う。いままでとは違う方向に深められているんじゃないかと思う。
 私だって辺野古へは行けていない。行けないなら、行けないで何も問題ない。引け目を感じることはない。
 現首相、防衛大臣あてにハガキ出すこと、地元の地方議員に「沖縄県民投票の結果を守れという決議を出してほしい」と言うとか、地元新聞社に投書するとか……いっぱいある。
 辺野古のことを家族友人たちとワイワイとしゃべるだけでもいい。
 とにかく関心をもつひとをひとりでも増やしていくことだ。「これは日本全体の問題なんだ」という共通認識を広めていけばいいんだ。そう思っている。
 それでも辺野古は負けないんだから。
 響さんも言っていたように、そもそも「マヨネーズ」のような軟土を埋め立てることは不可能である。
 人間の尊厳に対して政府は土砂を投入して潰したではないか。人間の尊厳を甘く見てはいけない。絶対に何年かけても何十年かけても「新基地はつくらせない」というウミンチューのの思いゆえに建設は不可能である。
 私は工事を中止し、軍縮にとりかかることが必要であると思っている。米軍への妄想幻想を捨て、経費のすべてを洗い直し、削減すればいい。出直しだ——。
 響さん、ありがとう。4回目も、ありがとう(またね)。
 「ジュゴンの死体が辺野古の浜に上がった」なんて、よく伝えてくれました。ありがと——。

 

 参加者は久しぶりに7人だった。59通手紙出したけど。「行けない」という電話や返事が多かったけどね。15人〜29人と参加者数が伸びていたけど、いまの実力を改めて知ったと思っている。まだまだだ。再びコツコツと精進していくつもり。また、終盤の論楽社を、よろしくお願いします。
 6月例会。6月30日(日)に、塩田敏夫さん(毎日新聞記者)。
 「ポジティヴ・ニュースの行方——丹後半島の現場のゆたかさ」について、語ってもらおう。宇川の米軍基地のことも、農や漁のひとびとのことも話してもたらいたい。
 人生の現場はゆたかなんだ。
 軍事基地はふつうの暮らしとは全く相いれない。そのことがわからないひとに、生活の言葉で立ち向かっていく。それが、ひとのポジティヴ・ニュースの姿だと思うから。
 6月30日(日)の午後2時に、ようこそ、ようこそ。
 また、次で詳しく。では、また。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
それでも辺野古は負けてはいない――響さんの5月例会へ、ようこそ、ようこそ(その2)

 5月26日(日)、矢ケ崎響さんの「それでも辺野古は負けていない」。
 申し込み者がまだ少ない。「行こう」と思っているかた、はやめにご連絡を。
 「おーい、おおーいっ」と声をかけたいな——。
 沖縄のこと、昭和天皇のニヒリズムから現首相の冷笑いじめ主義まで、何層もの危機が覆いかぶさっている感がある。
 ワシらの内部の「あきらめ根性」を刺激させ、ニヒリズムや冷笑すら生んでしまって。
 まだまだ「ひとごと」でしかないんだ。うーん。
 しかも本土(ヤマト)のひとたちは「日本は攻撃される蓋(がい)然性が高い」と思っている。だから「米軍にいてほしい」と願っているんだ。残念ながら、そういう状況なんじゃないか。
 当の米軍のほうはというと、「攻撃される蓋然性が低い」と判断している。だから、在日米軍を日本の外へ自由に動かせている。自由に沖縄から出ていっている。
 経費(思いやり予算)がもらえ、制約が少なく、米国の思い通りに使えるので、米国にとって便利だから、沖縄にいるんだ。地政学的とか、中国を封じ込むためとか、すべてが後付けの理屈でしかない。
 たしかに在日米軍は難問。難しい問題だからこそ、先送りせず、いま取り組んでほしい。米軍予算こそ、構造改革し、バランス・シート(貸借対照表)をとってほしい。ほんとうに必要な支出なのかどうか。調査していってほしい。
 辺野古の問題は、70年間先送りし、向かい合って来なかったことのすべてを示現している。
 沖縄のひとびとがもう先送りさせないと不服従の抵抗をしているのは、ひとという存在の尊厳のためだ。
 ひとのいのちは、つながっている。沖縄地上戦で死んでいった先人先輩たちのいのちも、これから生まれてくるいのちたちとも、みんなつながっている。いまここで、新しい米軍基地を辺野古につくってしまっては、先祖のいのちにも、未来のいのちにも申し訳が立たない。
 それがひとの尊厳だ。誇りだ。
 原発が次に続く世代の尊厳を奪ってしまうのだから(ぼう大な放射性廃棄物)、もう止めていくのと同じ思いだ。
 響さんの現場の香り、汗の話に耳を傾けて。
 ようこそ、ようこそ。

    2019年5月例会
 5月26日(日)の午後2時〜4時半。
 論楽社(左京区岩倉中在地町148、TEL 075-711-0334)。
 矢ケ崎響さん(算数教師)の「それでも辺野古は負けていない」。
 参加費1000円。要申し込み(私宅なので)。
 交流会5時〜7時(酒量に応じて自由カンパ制)。

| 虫賀宗博 | ほっとニュース | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ